チョコレートクリーム入りクッキーのつくり方♡

とろりと口溶けの良いチョコレートの入ったクッキー。突然そんなクッキーがつくりたくなって、今回はそんなクッキーをつくってみました(^^)

チョコレートクリーム入りクッキー

*材料

ークッキー生地の材料

・バター…50g

・グラニュー糖…40g

・塩…少々

・卵黄…M1個ぶん

・薄力粉…120g

ーチョコレートクリームの材料

・板チョコ…50g

・牛乳…20ml

・ミルクココアパウダー…10g

・バター…5g

*つくり方

(下準備:バターと卵は室温に戻しておきましょう。もしその余裕がなかったら、バターは500wのレンジで30秒程度加熱。卵は熱湯と水を半々程度で混ぜた湯に数分つけておくのでも◎)

①まずはクッキー生地をつくっていきます。ボウルにバターを入れて、泡立て器でなめらかになるまで混ぜます。

②1に砂糖と塩を一気に加え、ふんわり白くなるまで混ぜます。

③2に卵黄を加え、手早くさっと混ぜます。

まんべんなく混ざったら、漉し器でふるった薄力粉を加えて混ぜていきます。ここで泡立て器からゴムベラに持ち替えましょう。

④だいたい混ざってそぼろ状になったら、ひとまとめにしてラップでくるみます。それを冷蔵庫に入れて、30分以上冷やしましょう。

⑤冷やし終わったクッキー生地をめんぼうなどで平たく伸ばして、型抜きをしていきます。

その間にオーブンを180度に予熱しておきましょう。

型抜きが終わったら、その中心にチョコレートを流し込むための穴をあけます。最初の型より小さな型でくり抜くか、丸い穴は絞り袋ようの口金を使っても良いです。口金を使う場合は、絞り口と反対の丸い部分を使いましょう。

⑥180度に予熱が完了したオーブンでクッキーを10〜13分焼きます。

⑦焼き終わったらクッキーは冷ましましょう。


続いてチョコレートクリームをつくります。

耐熱容器にチョコレートを入れて600wの電子レンジで1分程度加熱します。

⑧バターと牛乳もそれぞれにあたためていきます。

バターは600wで10秒。 牛乳は600wで30秒加熱し、ミルクココアパウダーを溶かしてミルクココアをつくります。

⑨7のチョコレートに8のバターとミルクココアを足します。ツヤが出るまでゴムベラでよく混ぜて、その後それを冷蔵庫で1時間以上冷やします。

⑩9を冷めたクッキー生地に流し入れ、更に固まるまで冷やしたら完成です(*^^*)/

※溶けやすそうだから人へのプレゼントには向かないかもな…と思っていましたが、2時間程度持ち運ぶなら大丈夫そう。もちろん、保冷袋に保冷剤と一緒に入れて…!という完全装備ですが。

でも夏場はどうだろう…。また夏になったら試してみます(^^)

また、保管する時も冷蔵庫に入れておいたほうが良さそうです。思ったほどは溶けにくい、とは言えチョコレートクリームなので。

チョコレートクリームのアレンジレシピ

ビスケットに挟んで。

型抜きをした時に出たクッキーに挟んでも美味しいです(*^^*)

ホットミルクに溶かして。

最後に

クッキーって多少分量が適当でも美味しくつくれてしまうのが良いですよね。

焼き時間や生地を寝かす時間は長いけれど、実際の作業時間は短いから気軽に作れるのもまた。

たまに無性につくりたくなるクッキー、これからまたいろんなレシピを試してみたいなぁ。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です