弁当記録20週間目:

10月10日日曜日:サバロールキャベツ弁当

語呂が良いなぁと思って作ってみた「サバロールキャベツ」。シンプルに美味しかった。

煮詰めている間にお風呂に入っていたら、煮詰まって焦げてしまった。それでも美味しかったので、今度は目を離さずに丁寧につくってみようと思います。

10月11日月曜日:麻婆豆腐弁当

豆腐が余っていたので、今日は麻婆豆腐。

マーボー豆腐って簡単なのに美味しいから良い。

今日は新しいひとが店舗にやってきた。店舗の案内などもしたのだけれどちょっと疲れたなぁ。明日行ったら1日休み。仲のいい友達と今年初めて会えるのですっごく楽しみ!

あと1日頑張ろう。

10月12日火曜日:豆腐とキノコのあんかけ弁当

キノコが冷蔵庫に有り余っていたので、あんかけに。

簡単だけど、あんかけってなんだか気持ちが落ち着く。

家にある野菜を適当に入れても美味しい。

あとはもうキャベツとワカメのナムルが美味しい。

12月14日木曜日:チーズカツレツ弁当

ずっと作りたかったチーズカツレツ。ようやく弁当に。

未だ揚げ物用の鍋がないので卵焼き器に油を注いで揚げました。

業務用のチーズが安いので、それを買って使っていたのだけれど、今日使おうとしたらカビが生えていました。

一人暮らしで業務用のチーズはなかなか使い切れないものですね。次からはもうちょっと控えめのものにします。

ご飯はブロッコリーの炊き込みご飯。ビジュアルがインパクト大でツイッターで話題になっていたやつです。

10月15日金曜日:豚肉のオーロラソース炒め弁当

ご飯はきのうの残り。ご飯は一気に炊いちゃうと楽ですね。

マヨネーズとケチャップという悪魔のソースで和えただけ。簡単。

味が濃いのでご飯と一緒に食べました。

10月16日土曜日:サバキンパプ弁当

具材を切ってレンジでチンして、醤油とごま油で和えて巻いただけ。

具材のひとつサバには焼き肉のタレをさっとかけて。

ごま油と塩でかるく味付けしたご飯に巻いて。

サラダもこの日はチョレギサラダです。

いつものキャベツとワカメのナムルに海苔とごま油、醤油、金胡麻を入れて和えただけ。

10月17日日曜日:ピーマンのサバ詰め弁当

ピーマンにサバを詰めて焼いただけ。サラダはチョレギサラダ。

ブロッコリーの炊き込みご飯を今日はチャーハン風に。

サラダがたっぷり余っていたので、プラカップを2つつかって。

1週間お疲れ様でした(*^^*)

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

30分弁当19週間目

10月3日日曜日:梅サバしいたけと作り置きおかず弁当

鮮魚は高いので、魚は缶詰でとるのがらくちん。そう思って色々レシピを考えていたなかで思いついたもののひとつが「梅サバしいたけ」。材料を並べただけの名前だけど、これが美味しい。

梅とサバとマヨネーズを和えてしいたけにのっけて焼いただけ。

シンプルだけど美味しい。

10月4日月曜日:唐揚げの甘酢あん弁当

前日の夜、ふっと思い立って唐揚げをつくった。そのあまりがあったので、それを今日は甘酢あんにからめて弁当へ。

唐揚げっていつ食べても美味しい。

10月5日火曜日:あまりものとオムレツお急ぎ弁当

今日は洗濯物を干す日だったので、朝はちょこっとばたばた。料理をする余裕があまりなかったので、作り置きしておいたものと、朝にちゃちゃっとオムレツをつくって。

10月6日水曜日:サバ回鍋肉弁当

これがなかなか美味しかった!!

家にあった余り物野菜とざくざくカットして、コチュジャン、豆板醤で味付け。とっても簡単だけど、これはリピ。

この中華風の辛味が白飯にまた合うんです。

10月9日土曜日:サバライス弁当

サバって混ぜご飯にしても美味しい。入れたものは、さば、梅、マヨネーズ、ゴマ。大葉を入れても美味しい。

卵焼きには味噌ダレを挟んで。

作り置きのキャベツサラダと豆苗のにんにく炒め。梅の酸味が疲れた身体にもじんと美味しい。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

Shiori's Diner~おなかを満たして_こころを満たす~ - にほんブログ村

毎日30分弁当:18週間目

9月26日日曜日:鶏肉のさっぱり煮と大学芋弁当

子どもの頃、すごく好きだったご飯のひとつが鶏肉のさっぱり煮。今回は元気を出すために久しぶりに作ってみた。

デザートには大学芋も。

9月29日水曜日:鶏肉とごぼうの炊き込みご飯と作り置き弁当

すこしでも朝ゆっくり過ごしたいと思って始めた作り置き。主菜だけは作り置きができていないので、朝つくった。サバのトマト煮。明日の朝、これの残りをカレーにしようかなと思っている。

なにより、この鶏肉とごぼうの炊き込みご飯がとてつもなく美味しい。

まだ1合半ぶんくらい残っているので、ゆっくり食べよう。

9月30日木曜日:あまりものでちゃちゃ弁当

作り置きでつくったものの詰め合わせ。

あとは卵焼きを焼いただけ。

かんたんだけど、これで満足。

10月2日土曜日:鶏マヨ弁当

鶏マヨって忙しい朝でもさっとつくれて良い。

かんたんだけど、子どものようにわくわく食べられるのもまた。

きんぴらごぼう、本当に美味しい。

さてさて、日々色々な変化が起こる。親しくさせてもらっていたメーカーのひとが退職してしまったり、数ヶ月ぶりに友人と連絡をとったり。

10月はなにが起こるかな。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

季節感じる・4日分の作りおき【ごぼう、人参、小松菜・ピーマン・万願寺とうがらし】

朝はやくに起きて弁当をつくるようにしていたけれど、やはり前日までに作っておいたほうが朝はゆっくりできて良いと思うようになったここ最近。

そういう理由で今日は4日分の作りおきをしました。

かかった時間としては1時間半くらい。キッチンがちょっとまだ使い勝手が良くなくて、時間がかかってしまった。

レンジも活用することで洗い物を極力減らしてつくった。

レンジで!小松菜と人参のおひたし

そろそろ菜っ葉が食べたいと思っていたところ、スーパーで小松菜が安かったので。

*材料

・小松菜

・にんじん

・酒

・白だし

・醤油

・ごま油

*つくり方

①小松菜はざっくり、5cm幅に。人参は千切りにします。

②それらを併せて耐熱容器に入れます。

③野菜にお酒と白だしをひとまわしして、電子レンジで野菜がしんなりするまで温めます。

④火が通ったら醤油、ごま油を回しかけてさっと和えます。お好みで鰹節をかけてさらに和えたら完成です(^^)/

無限おかず・ピーマンのくたくた

大好きっ・・・!いくらでも無限に食べられちゃう。

*材料

・ピーマン

・砂糖

・醤油

・酒

*つくり方

①ピーマンは千切りにします。

②フライパンにごま油を敷いて、加熱します。油が温まったらピーマンを炒めます。

③ピーマンがくたくたになってきたら、調味料で和えて、その水分が飛ぶまでさらに加熱します。

万願寺とうがらしのおひたし

職場のひとが京都で毎年食べると自慢してきて以来ずっと気になっていた万願寺とうがらしをスーパーで見つけて購入。一気におひたしにしちゃいました。

*材料

・万願寺とうがらし

・白だし

・酒

・醤油

・鰹節

*つくり方

①万願寺とうがらしはヘタをとって半分にきります。

②これを半分に開いて中の種を取り除きます。その後でこれを千切りにしましょう。

③2を耐熱容器に入れて、そこに白だしと酒をまわしかけ加熱します。600wで2分くらい。

③加熱後、シンプルに醤油と鰹節をかけてさっと和えたら完成です(*^^*)

きんぴらごぼう

ごぼうと言えば…!

*材料

・ごぼう

・人参

・砂糖

・醤油

・酒

*つくり方

①ごぼうと人参を千切りにします。

ごぼうの方は、千切りにしたあとで水にさらしましょう。

②ごぼうのアク抜きができたら、水気を切って炒めていきます。

お好みの硬さになるまで、炒めましょう。 火が通ったら調味して完成です。

鶏とごぼうの炊き込みご飯

ごぼうの香りを最大限に生かした炊き込みご飯。これはたまらん…!

*材料

・ごぼう

・鶏むね肉

・お米

・酒

・醤油

*つくり方

①ごぼうはささがきに。鶏むね肉は一口大にカットします。

②研ぎ終えたお米に1をのせて、酒、醤油で味付けをします。

③あとは炊飯器で炊くだけ。完成したら、ごぼうのいい香りがふんわりと漂ってきます(*^^*)

ふんわりと混ぜてくださいね(*^^*)

作り置きのメリット①

作り置きをしてみて感じたことは、作り置きをしておくと弁当が豪華になるということ。毎朝何品もつくるのは大変だけれど、作り置きをしておけば弁当に複数のおかずを入れられる。

今度は和風だけじゃなくて、洋風のおかずも作り置こうかな。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

Shiori's Diner~おなかを満たして_こころを満たす~ - にほんブログ村

まいにち30分弁当:17週間目

9月19日日曜日:サーモンのクリームパスタ

寝起き20分と経たず、着替えだけ済ませて近所のコンビニへ。スパゲッティがなかったから。

きのうとは打って変わってきょうはいい天気。帰るともうお腹はペコペコ。

スパゲッティを茹で、ソースをつくって、弁当に詰めて、あまったぶんを朝ごはんにすこし味見した。

(味付けはコンソメ少々と醤油少々だけ)

サーモンにもともとついていた塩気が豆乳にほどよく溶けて自然なアクセント。ブラックペッパーをかけ忘れたけれど、それがなくても十分にしっかり味がついていて美味しい。

これは、幸せ。

9月20日月曜日:サンマの竜田揚げあさりの炊き込みご飯弁当

冷凍のあさりが安かったので炊き込みご飯に。また、秋といえば「サンマ」。頭としっぽを切り落として骨を削いで…。片栗粉をまぶして焼いただけ。竜田揚げってほんとう美味しい。

炊き込みご飯のあさり、けっこう入れたつもりだったけれど気持ちもっと入れてよかったかなぁと思った。

9月21日火曜日:もずくの豚肉炒め_人参の炊き込みご飯

夏になると食べたくなるおかずのひとつが「もずくと豚肉の炒めもの」。味付けはもずく酢と焼き肉のタレだけ。

にんじんの炊き込みご飯は微塵切りにしたにんじんをたっぷりとみりん、醤油だけ。今度はかつおだしで炊いてみようかな。

9月23日木曜日:たっぷりキノコの炊き込みご飯豚肉のマヨネーズ焼きピーマンのくたくた弁当

きのこがたっぷり余っていたので、そろそろ消費しないとまずいと思ってぜんぶ炊き込みご飯に。

炊きあがるとすんっとキノコたちが釜のなかで寝そべっていてあとはさっくり混ぜて完成。

食物繊維もたっぷり摂れてよい。

豚肉のマヨネーズ炒めは安定の旨さ。マヨネーズ、醤油、みりんでかんたんに味付け。

ピーマンはくたくたにすると2個3個ぺろっと食べられちゃう。

9月24日金曜日:生姜焼きと夏の名残野菜炒め弁当

夏野菜をたっぷり炒めて、生姜焼きと。

先週買った豚こまはまだのこっている。

9月25日土曜日:さつまいもの中華炒め弁当

昨年、恋人と紅葉を見に行くときに「行楽弁当」に入れようと思って考えた「さつまいもの中華炒め」。今年は自分の弁当のために。

「鶏肉カシューナッツ炒め」をアレンジしたこのレシピ。今回は鶏肉がなかったので豚肉で。じゅうぶんに美味しかった。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

30分で満腹弁当:16週間目

引越しも住み、一人暮らしが始まった。週の終わりには冷蔵庫もようやく届き、来週からは本格的に料理ができる。

この1週間は冷蔵庫がなかったのでお腹を壊さないかひやひやだった。

生モノはすぐに使わなくてはいけないから、仕事帰りに毎日スーパーへ立ち寄って買い物。

でもそんな不便な1週間もなかなか工夫のしがいがあって面白かったな。

9月14日火曜日:天津飯弁当

まだ冷蔵庫が届いていないので、あまり生モノは使わずの調理。

餡の味がちょっと薄かったけれど、ふんわりかに玉が美味しかった。

緑があったらもうちょっと良かったなぁ。

9月15日水曜日:トマトと豚肉のスタミナ炒めとミネストローネ

ごはんにサバ缶、大葉、マヨネーズ、醤油、白ごまを混ぜて。

炒めものは、にんにく、とまと、豚肉でちゃっと和えて。

トマトを使おうとしたら4つ残っていたうちの1つにカビが生えていたので全部使ってしまうことに。

そういうわけで写真にはうつっていないけれどミネストローネも。

9月16日木曜日:ゴージャスポテサラ、豚肉と長芋のさっぱりマスタード炒め

見かけるとついつい買ってしまう長芋ののこりがずっとあった。それをどうにか使ってしまおうというわけで、角切りにして豚こま、微塵切りにしたしいたけと炒めた。にんにくの香りのしみたオリーブオイルで。

ちゃっと炒めたあと、砂糖、みりん、醤油、粒マスタードで調味。ものすっごく私好みの美味しい炒めものでした。

また、同じようにずっとのこっていたじゃがいもに生ハム、ゆで卵、マヨネーズで混ぜ合わせてポテトサラダに。

夜にはこのポテサラと豚肉と長芋のマスタード炒めを混ぜ合わせて、片栗粉をつなぎして焼いたものをつくったのだけど、美味しかった。

こんな感じ。かりっとしていて。

9月18日土曜日:にんじんの炊き込みご飯と鮭の味噌焼き弁当

朝5時半に起きて人参を微塵切りにして白米と一緒に釜へ。野菜を炒め、鮭を焼き、味噌とマヨネーズを混ぜたソースを塗った。

さて私の特性として1番周囲に言われるのはなにか。それは「忘れんぼう」。

職場に着いて私は悲鳴を上げた。

「わすれたっ!!!」

靴を履こうとそばに置いたっきり、弁当を忘れて私は家を出ていた。

かくかくしかじかそういうわけで、私の昼ごはんはアーモンドミルクとカップスープのみになった。

立ち仕事の最後2時間は帰ってから弁当を食べるということだけで頭がいっぱい。

お腹ぺこぺこで食べた晩ごはんの美味しいこと。週に1回くらい、こんな日をわざとつくっても良いかもしれない、なんて思ったりした。

メインのつもりじゃなかったけれど、この野菜炒めがとっても美味しかった。にんにくの香りのしみたオリーブオイルでトマト、しいたけ、じゃがいもを炒めて、バター、ブラックペッパー、醤油で味付け。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

30分でまんぷく弁当:15週間目

引越しをしたりとばたばたな1週間のお弁当。

彩りを意識してつくると、気持ちがぱらりぱらりと晴れて良い。

9月7日火曜日:厚揚げと野菜のオイスターソース炒め弁当

見ての通り、手抜き。

こんな日があってもいいよね。

9月8日水曜日:とろぉりハムチーズオムレツ弁当

おしゃれな朝ごはんを食べたい、という軽率な理由で買ったサラミ。それを使いたくってオムレツのなかに仕込んでみた。チーズと一緒に。

そうしたらこれが想像以上の当たり。

とっても美味しかった。

9月10日金曜日:コーン混ぜご飯と人参の肉巻き弁当

なにかの動画で腰を丸めたおばあちゃんがコーンの混ぜごはんをつくっているのをみたのが数週間前。それ以来ずっと自分でもつくりたかったコーン混ぜご飯。ようやくつくってみた。

彩りがきれい。ランチョマットもこだわると気持ちも晴れやかで良いですね。

9月11日土曜日:秋鮭の炊き込みご飯と和風オムレツ弁当

まだそんなに料理をしなかった中学生のころ。どういう経緯だったのか、自分で炊き込みご飯を炊いた。その時の材料が「秋鮭・人参・こんぶ」だった。

秋になるといつも思い出す。そして食べたくなる。

またこの和風オムレツが絶品。大成功なり。

9月12日日曜日:鶏肉としめじの炊き込みごはんと肉じゃがのおばあちゃん弁当

1枚ぶんの鶏もも肉。半分を炊き込みごはん、もう半分を肉じゃがに。

職場の主婦の方にふわっと声をかけられた。「あら美味しそうなお弁当」それから「自分で作ってるの?」

サンドイッチマンのコントをyoutubeで見ていた私は片方のイヤフォンを外して答える。

「あはい」

30分で毎日弁当:第14週間目

夏祭り大作戦ののち、9月。今年の夏にも悔いが残らないようにと食べたズッキーニ。

今年に入ってから様々なことがあって、またこの8月にも様々な変化があった。

行動に制限がある日々のなかでも起こった変化のひとつひとつが私の夏を鮮やかに記憶に刻んでくれた。

8月29日(日)夏祭り弁当2:塩焼きそば

夏祭りらしく、紙のランチボックスをつかって。

「なつやすみおめでとう」

夏の風物詩のひとつはやっぱりこれ、塩焼きそばでしょう!

お花畑をイメージしたおかずも添えて。

8月30日(月)夏祭り弁当最終日:タコ焼き

8月最後の出勤日。夏祭りも最終日。

屋台飯の定番のひとつは「たこ焼き」に違いない。

たこ焼きだけでは寂しいので味玉と、夏野菜のソテーも添えて。

この夏祭り大作戦のことはこの記事にまとめてあります。よろしければ⇓

週末勤務に夏祭り弁当【毎日弁当】

9月3日(金)夏野菜のトマト煮込み弁当

夏も暮れてきたというのにまだズッキーニをあまり食べていない…。そういうわけで今日は夏野菜のトマト煮込み。

にんにくが利いていて、香ばしくってたまらない。

ズッキーニのみずみずしさには旨みがつまっている。

9月4日(土)ハヤシライス弁当

朝からぐつぐつ、ぐつぐつ

子どもの頃に好きだった食べ物ベスト5のひとつがハヤシライス。

大人になっても好きなものは好き。

9月5日(日)親子丼弁当

黄金色の原っぱ。

鶏もも肉があったので親子丼。

野菜がたらないなぁと思ったのできんぴらとトマトを添えて。

週末勤務に夏祭り弁当【毎日弁当】

社会人になって3ヶ月。仕事に慣れようと過ごしているうち、夏も終わりに差し掛かっている。

仕事柄、週末は要出勤。

夏が暮れるころになってようやく、夏をもっと楽しみたいという気持ちになって、今週末はちょっとスペシャル夏祭り弁当にすることに。

コロナのためにお喋りも厳禁な休憩室で、私の手元はひとり夏祭りなり。

夏祭り1日目:広島焼き_唐揚げ_きゅうりの1本漬け

*本日のメニュー

・きゅうりの1/2本漬け

・唐揚げ

・たっぷり紅生姜の広島焼き

①きゅうりの1本漬け

やっぱりこれがなくっちゃね。さすがにまるまる1本はお弁当袋に入らなそうだったので1/2本にして。

②唐揚げ

朝起きて鶏もも肉を塩麹に漬ける。しばらく漬け込んだあと片栗粉をまぶして揚げれば完成。170度くらいで4〜5分揚げて予熱で火を通すと冷めてもふっくらした唐揚げに。

③広島焼き

朝から鉄板を出してダイニングテーブルで焼く。生地をつくってキャベツを刻んで。

揚げ玉もたっぷ〜り!

鰹節が踊る

生地がけっこうすぐに固まる

ひっくり返して…

隣で焼きそばも焼く。お好みでおたふくソースをかけて

そこにさっと本体をのっける

そんでもって卵を割って…

火が消えていることに気が付かず、びよ〜んと白身がのびてクリオネのよう

最後にはどうにか卵の形を整えて、さっとすべて重ねて完成〜〜っ!

ーーー*

偶然駅で見かけた金魚の羊羹。どうも青森のお土産らしい。お祭りの定番「金魚すくい」をモチーフにしたお菓子。安っぽいピンク色の紐が懐かしさを掻き立てる。

よくお菓子をくれるメーカーのおじいちゃんと仲のいい社員さんにひとつずつお裾分け。

夏祭り2日目:塩焼きそばとお花畑弁当

*本日のメニュー

・塩焼きそば

・花畑

焼きそばってほんとうにかんたん。夏の美味しい風物詩。

ほんとうはたこさんウィンナーにしようと思ったのだけど、脚の一本一本が細くなりすぎたので花弁ということにしてお花畑に。

夏祭り3日目:たこ焼き弁当

*本日のメニュー

・たこ焼き

・味玉

・野菜炒め

中に入れるものはこんな感じ。ウィンナー、紅生姜、キャベツ、それからチーズ。

生地をつくって

朝からじわじわくるくる丸めます。

くるくるくるくる、くるっ

仕上げにソース、マヨネーズをかけたら完成っ!

朝に漬けた味玉と、夏野菜ときのこのソテーを添えて。

あったかいうちが1番美味しいけれど、冷めてもお祭りの香りは消えない。

お祭りの大定番たこ焼きで、今年の夏祭りはしめられましたとさ(*^^*)/

8月も終わって。

気がつけば8月も終わった。ちっとも夏らしいことをしていないからと敢行された1日1時間の夏祭り。

慣れない仕事をこなすうちに去りがかっていた夏をほんのすこしだけ口にふくめて、幸せな時間となりました。

社会人30分のお弁当記録:第13週間目

ささみのまよぽん、麻婆豆腐にのこりもの。

上から発破をかけられて、自分を鼓舞しまくった結果、自力で実績なども出せた1週間。

8月22日日曜日:ささみのまよぽん弁当

平日とは比べ物にならないほどみんなの気合の入る週末。

それでもその気合を向けられるお客様の少ないこと。

周りの焦りがひしひしと伝わってくる。

焦ったところでお客様がざーっと押し寄せてきてくれるわけでもないので、私はのんびりお弁当を食べた。一緒に稼働している3つ年下で社歴が1ヶ月先輩の男の子は午後2時になっても「ストレスでおなかが空かない」と言っていたけれど。

8月25日火曜日:麻婆豆腐弁当

青唐辛子を2本使ってつくった麻婆豆腐。ひとくち頬張って思わずむせそうになったひりひり感。

でもやっぱり青唐辛子の熱い辛さが美味しい。

絶対に今日こそ1件あげるぞ、と意気込んでの出勤。実績は出せなかったけれど有効案件を3件出せたので、よく頑張った日。

8月25日水曜日:のこりものでアジアン弁当

前日の昼ごはんにつくった麻婆豆腐に前日のよるにつくったチヂミを詰めた。

けっこうお腹いっぱいになった。

チヂミは薄味だったので、醤油と中濃ソースを持っていった。

喜怒哀楽を豊かに表したいちにち。思わず喜んでしまうこともあれば、怒りから涙が出そうになることもあり、哀しくってぼうっとしてしまうこともあり、でもけっきょく好きな人達に楽しい気持ちにしてもらった。

8月28日土曜日:お祭り弁当(広島焼き_唐揚げ_きゅうりの1本漬け)

ふっと思った。「もう八月も終わるなぁ」

今年の夏はちっとも夏らしいことをできなかったなぁと。そこで「夏祭り」をテーマにした弁当をつくることに。

3日間かけて行うことにした夏祭り弁当1日目は

・広島焼き

・唐揚げ

・きゅうりの1本漬け

つくっているときから、なんだか気持ちが浮足立ってしまう。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ぴりっとねば旨!オクラキムチスープのつくり方

今年の夏につくったものの中で8月下旬のいま一番美味しいと感じた料理。

キムチのぴりりとした辛味と酸味に、オクラのねばりが加わってなんとも絶妙な旨味に。

オクラが好きなひとにも、キムチが好きなひとにも、ダイエット中のひとにもおすすめなひとしなです。

オクラキムチスープのつくり方

*材料

・トマト…中1/2

・オクラ…2本

・キムチ…適量

・水…300ml

・鶏ガラスープの素…小さじ1

*つくり方

①トマトは乱切りに、オクラは幅1cmかそれ以下に切る。

②鍋で1を炒める。トマトの皮がむけてきたら火を止めてキムチを加えて更に炒める。トマトがまたとろりとしてきたら、水を入れる。

③ふつふつと沸騰してきたら鶏ガラスープを入れて10分ほどそのまま放っておく。味が馴染んだら完成です!

キムチのおすすめレシピ

食欲増進してくれるキムチのおすすめレシピをいくつかご紹介。

【ごま香る!】トマト豚キムチうどん♡

アスパラとキムチの炒めもの

ただ「旨いっ!」キム納豆トースト♡

キムチを焼くとなぜ旨い?

私達日本人が「キムチ」と呼ぶもののなかには、本来の「発酵させる」という手順を踏んでいないキムチも多くあるそう。

キムチ風の味付けをしただけの「キムチ風漬物」なのだけど、そういうものもみんなキムチとひとくくりにされてスーパーで売っている。

発酵させていないとなにが違うのかと言うと、発酵させているキムチには「乳酸菌」が入っているのだけど、発酵させていないキムチにはそれがない。

という点。

そのため乳酸菌入りか否か、気になる方はパッケージをようチェック。

乳酸菌が入っており、発酵されていると酸味のつよいキムチになります。

また、韓国料理屋などへ行くとキムチを焼くことがあるけれど、なぜかと思っていたら、キムチは焼くことによって「旨味が増す」のだそう。

代わりに栄養はいくらか失われてしまうので、そこは気をつけてください。

キムチスープのお供は豆腐チヂミ!

美味しく健康になっていきたいものですね。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

新社会人の毎日弁当:12週間目

就職してもうすぐ3ヶ月になる。年末までにまた色々ありそうな予感。

来月には実家を出て一人暮らしを始めることにした。

週半ばの連休には不動産屋へ行って、ある程度部屋の場所を決めた。

あとは次の休みの日に場所を決めて契約してくる。

実家のキッチンを使うのも、あと数週間となりそう。

8月15日日曜日:鱈とポテトのチーズ焼き

調理費用:

材料:鱈1尾(251円の30%オフの1/2)、じゃがいも1個、トマト2個

じゃがいもは薄切りにして、水にさっとさらします。ほんとうはベーコンを細かく切って一緒に炒めるのだけど、ベーコンがなかったのでウィンナーで代用。みじんぎりにしたウィンナーとじゃがいもを最初に炒めます。

じゃがいもがうっすらと透明になってきたら鱈を入れて火を通していきます。塩コショウで味付けをしたらグラサン皿へ盛り付けて、パン粉と粉チーズを適量ふりかけ、180度のオーブンレンジで10〜15分加熱します。

こいつを弁当に盛り付けていきます。

鱈の塩気がほどよくじゃがいもにうつって美味しい。

8月16日月曜日:手抜きのくまちゃん弁当

朝、早く起きたのだけれど、ほかに色々とやりたいことがあってあまり弁当に時間をかけられなかった。そこで冷凍のつくねを解凍して、おにぎりを握って。白いおにぎりの中には梅干しが入っています。

つくったって言えるのは卵焼きだけですね。

どこから食べようか思案しながらのランチタイムでした。そんなのもまた楽しい。

8月17日火曜日:エビと夏野菜のオイスターソース炒め弁当

なんとなく前日にこれが食べたくなって。えびと夏野菜のオイスターソース弁当。具材をすべて炒めて、味付けには塩少々とオイスターソース小さじ1。

シンプルだけど美味しい〜〜。

最近は弁当を食べながらyoutubeでコントをみている。イヤフォンをしているので、ちょっとだけ自分の咀嚼音が気になってしまう。

みているのは、主に「東京03」「ジャルジャル」「サンドウィッチマン」。

8月20日金曜日:牛肉のピリ辛味噌炒め弁当

夏野菜と牛肉をささっと炒めて辛味噌ダレで和えただけ。

タレの材料はコチュジャン、オイスターソース、みりんを大さじ1/2ずつ。醤油は少々。青唐辛子を1本、輪切りにして。

これがぴりりと辛くってご飯にも合うんだ。最高!

とっても夏らしいお弁当になりました(*^^*)/

8月21日土曜日:鶏もも肉の磯辺焼き_素麺弁当

磯辺焼きがずっと食べたかった。そういうわけでようやく作れた。

あとは夏野菜の炒めもの。味付けはオイスターソースと塩のみ。

夏はやっぱり素麺よねってことで、さっと茹でて持っていきました。

最近なぜかあまりご飯がおなかにたまらない。

仲の良い別のメーカーの人に、月餅をもらったのでそれをデザートに食べてもまだ満腹までいかない感じ。

前なら素麺ひと束で満腹だったのに。

理由はわからないけれど、そういうわけで最近はちょっと満腹感を意識して調理している。

さて、今週も1週間お疲れ様でした。と言っても明日もまた仕事なんだけど。

ともかく頑張ろう!

ひとくちカレーパイの作り方

週末はお店のなかがすこしぴりつくので苦手。がんばった今日は、帰ったらこれをつくると決めていた。 

「ひとくちカレーパイ」。

数日前の休みの日につくったジャワカレーの残りを使って。

ひとくちカレーパイのつくり方

*材料

・カレールー(私はジャワカレーのあまり)

・冷凍パイ生地

・溶けるチーズ

・パン粉

・粉チーズ

*つくり方

パイ生地でカップをつくります。まず丸いのを2つ。クッキーの型などで抜きます。次にパイ生地の長い辺を帯状に切って、丸い生地のふちを形どるように巻いていきます。

②1でつくったパイカップをアルミホイルのカップでくるみ、パイカップが崩れないように抑えます。

③2にカレールーを注ぎます。

そこへ溶けるチーズ⇢パン粉⇢お好みで粉チーズをふりかけます。

ビジュアルが最高。

④180度に予熱が完了したらそこに3を入れて加熱します。

20分〜30分くらい。こんがり良い焼色がついたら完成です(*^^*)/

スパイシージャワカレー

今回使ったジャワカレーはこちら。ジャワカレーのなかでも1番辛いというカレーです。

職場のひとにおすすめされて。

⇓ジャワカレーを作ったときの記事はこちら。カレーパイ以外のおすすめアレンジもございます⇓

喋りすぎてぴりりと注意・スパイシーブレンドジャワカレー

仕事おわりのパイ作り

くったくたになって帰宅。パジャマに着替えることなく、手洗いうがいだけしたらすぐにキッチンに立つ。

帰りながら考えていたレシピの通りに食材を準備する。

なんて時間が最近のしあわせ。

帰ってからしっかり食べるので、ダイエットはなかなかはかどらないけれど、次の日も朝からずっと立っているから結局消費されるよね、というふうに思っている。

今日はカレーパイをつくった。オーブンで温めている間にラーメンを食べたらおなかいっぱいになってしまったので、けっきょく明日の朝に食べる。

いまから朝ごはんが楽しみ。明日はきっともっと良い日になるよね。

そう思って布団に入る。

美味しかった♪

喋りすぎてぴりりと注意・スパイシーブレンドジャワカレー

職場のひとにすすめられた「ジャワカレー」。今日は2日ぶりの1日休み。これをつくるって決めていた。

暇な職場だからってその人と喋りすぎて昨日軽めに注意をされてしまった。これから当分はお互いに自粛しなくてはいけないよな、と思って寂しく感じているけれど、またあしたから気を引き締めて頑張ろう。

ジャワカレーの作り方

レトルトだし、「作り方」なんていうほどのことはしないのだけど、

カレーを作るときのこだわりとしてはトマトをいれること。

スパイス選びからカレーをつくった時に、トマトの偉大さを知った。

今回は4〜5人前をつくります。

ざくざくと適当な大きさに切って、まずは火の通りにくい炒めていきます。

大きめの野菜に火が通ってきたらトマトを加えてまたすこし炒めます。

野菜から汁が出始めたら肉を加えてまたすこし炒めます。すこし火が通ってきたところでパッケージに記載されている分量の水を入れてことこと。

ルーを入れてまた煮込むこと約30分。完成したルーをごはんにかけて。

ちゃんっ。カレーはもはや夏の季語。

おすすめしてもらった鬼滅の刃の映画を観ながら。

スプーン一口ですくってぱくっ。「んまっ」

顔がぽかぽかほてるけれど、思っていたほど辛くはない。美味しさを感じながら食べられる。これはジャワカレーのファンになる。

【一人暮らしでも】アレンジジャワカレー

おすすめしてくれた人は一人暮らしをしているのだけど、できあがったカレーは4人前。昼、夜、朝、昼、と何回にもわけて食べたそうだけど、せっかくならアレンジしたい。

①エントリナンバー1は「ラーメン」

家に中華麺が余っていたのでかけてみました。他には特になにも足していないけれど、満足まんぞく。

ほどよい感じにカレーが麺に絡んで美味しい。

②ひとくちカレーパイ

仕事のあと、くたくたになりながらもつくったカレーパイ。パイ生地とルー、チーズがあればできちゃう。簡単おいしい。

レシピはこちらから⇓

切り替え上手に頑張ろう

職場のひとと話すのは良いと思うし、職場の人たちのことを好きなのもいいと思う。ただ、今回悪かったのは、話しすぎた、ということと。確かにバックヤードで20分〜30分くらい、休憩でもないのにふたりでしゃがんで話し込んでいたから。

私は軽めの注意で済んだけれど、相手はそうじゃないかもしれない。一緒に言われたわけではないからなんとも言えないけれど、LINEの雰囲気からなんとなくそんな気がしている。

話すにしても話し過ぎちゃいけないよね。ということで、明日からはちょこちょこ話す程度に留めるとして、仕事をもっと頑張ることで認めてもらえるように努力しようと思います。