ふんわりだし巻き卵と、炒め納豆しめじ和え!【その日ごはん】

やらなきゃいけないことはないけれど、やりたいことはある。そんな休日。はやく出掛けたいけど、ご飯を食べなきゃいけない。そこでさっとちゃっとつくれるご飯。

炒め納豆しめじ和え!作り方

ふんわり香ばしく、納豆の粘り気がやわらかく伸びる。納豆好きにはぜひ試してほしい…!そのままでも、ご飯にかけても、サラダにかけても、豆腐にかけても美味しい(*^^*)

*材料

・納豆…1パック

・しめじ…適量

・ネギ…適量

・ウスターソース…小さじ1

・バターまたはマーガリン…少々

*つくり方

①納豆を添付の醤油やからしと和える。しめじは適量を取って根本を切り落とす。ネギは粗目のみじん切りに。

②フライパンでネギとしめじを炒める。

③しめじがしんなりしてきたら、一度火を止めてそこにウスターソース、バター(またはマーガリン)を入れて和える。その後で納豆も加えて、強火でさっと炒める。

お皿に盛ったら完成(*^^*)

ふんわり薄味!だし巻き卵のつくり方

*材料

・卵…3個

・白だし…小さじ1/2

・砂糖…小さじ1/2

*つくり方

①ボウルに卵を割り入れて、箸でさっと溶く。この時ボウルの底から箸をはなさないようにすると”す”が入らない。また、混ぜすぎるとふんわり膨らまなくなるので適度でOK◎

②軽く溶いたら、そこに白だしと砂糖を入れて、軽く溶く。

③卵焼き器を強火で熱し、そこに油を敷く。卵焼き器が温まったら一度火を止め、余分な油はキッチンペーパーで拭う。

④ここからはふだんの卵焼きとつくり方は同じ!3回にわけて、くるくると卵焼きを焼いていく(^^)/

最後に

料理って案外時間を取られる。わたしはのろま(らしい)ので余計に。「出かけよう」と思ってから、料理をしてご飯を食べて…といろいろやっていたら、思っていたより数時間遅い出発になるなんてことはざら。

すこしでも時短できて満足もできるご飯でおなかを満たしたい。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ただ「旨いっ!」キム納豆トースト♡

キムチが好き。納豆が好き。朝、キッチンに立って「なにを食べよう」と辺りを見回したら、食べかけのパン1/2枚を見つけた。冷蔵庫のなかを見たら「納豆」が目に付き、それから「キムチ」を手にとった。

「よし、今日はひさしぶりに納豆トースト。キムチ入りのスペシャルなやつ!」

※納豆の効果について調べたので、それは最後に載せます(*^^*)

ーーーーーー

キム納豆トースト

〜〜Recipe

*材料

・パン

・納豆

・キムチ

・溶けるチーズ

・ケチャップ

・マヨネーズ

・海苔

・バター(またはマーガリン)

*つくり方

①具材をのっけるまえにパンは軽くトースト(我が家では約2分)。その間に納豆は混ぜておく。

②すこしカリッとしたパンバターをうすーく塗って、キムチをなるべく平らになるように載せたらそこに納豆をかける。そこにマヨネーズ&ケチャップを適当にかけて溶けるチーズを振りかける。

※ここでネギやシラスを加えても良いっ!

③ ②をトースターで焼く。チーズが溶けるまで。大体5分ほど。

④うまい具合にチーズが溶けたら、トースターから取り出して、そこに海苔をふりかけ・・・完成っ♪

デザートにはフレンチトースト♡ 海苔かけるの忘れている…。

これが旨くないわけがないっ!! とても美味しかった(*^^*)

そしてこのトーストを食べながら考えた。

「納豆って熱を入れると匂いがつよまってコクが増す気がするのだけれど、キムチのように加熱することで旨味成分がアップしているのかな?

気になったので早速調べたみたら、どうもそういうわけではないよう。また、納豆って食べる時間帯によって効果が違うそう。びっくり。(その情報は以下⇓)

ーーーーーーー

納豆の栄養と効果

古来より「健康食品」として日本人に頼られてきた食材・納豆。納豆には私達の身体の形成に必要な栄養素がバランスよく入っているそう。

例えば、細胞の成長や再生を促すビタミンB群、新陳代謝や老化防止の効果が期待できるポリアミン、腸内環境を整える食物繊維、骨の健康に不可欠なカルシウム。その他にも、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボン、肌荒れの改善に役立つ納豆に含まれる大豆レシチンなど女性に嬉しい栄養素も豊富に含まれている。

しかし納豆自体は熱に弱いそうで、加熱すると栄養素が多く失われてしまうのだそう。それなのでもし効率的に納豆の栄養素を摂取したければ常温で摂取するのが1番良いよう。

また納豆は一緒に摂取する食材によって効果が変わるようで、発酵食品と一緒に摂取すると相乗効果によって腸内環境を整えてくれる効果。血行促進効果が期待できるマグロ、ゴマ、シソなど血行促進に効果のある食材を一緒に摂取すれば、血行促進はもちろんのこと、コレステロールを下げることが期待できるそう。また生姜、梅干し、ニンニク、ネギ、玉ねぎなどを合わせれば、納豆のビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に効果があるそう。

また食べる時間帯によって効果も変わるそうで、朝食べればタンパク質が熱を体内で作り、代謝アップ、冷え性予防などが期待でき、夜食べるとタンパク質が寝ている時の成長ホルモンの材料となり、美肌を作るサポートをしてくれるそう。

食べる時間によって効果が変わるなんてすごい!そして面白い…!

栄養をしっかり摂取するためには常温で、とのことだったけれど、私は納豆のグラタンやトーストが大好き。これからもたまに「ご褒美」としてしっかり火を入れた納豆料理を食べる(*^^*)

火を入れなくても美味しい納豆料理も作ろう。

【塩気が美味しい】納豆茶漬け♡TKG

納豆レシピを調べた時に見つけた「納豆茶漬けTKG」。この間床下の食料を整理した時に偶然「お茶漬け」を見つけ、このレシピを思い出した。そこで今朝、ようやく作った。

○材料

・白米…茶碗1杯ぶん

・卵…1個

・お茶漬けのもと…1/2袋

・納豆…1パック

○レシピ

①どんぶりに卵を溶き、そこに白米を投入し和える。

②納豆を①にかけ、そこにお茶漬けのもとをふりかける。だけっ!

お茶漬けのもとの塩気がアクセントになっていて、美味しい(*^^*)

お茶漬けの味はなんでも大丈夫◎!寝ぼけても作れるくらい簡単(^^)

⇓【大・定番】永谷園のお茶漬け詰め合わせ♡⇓

【定番!】永谷園のお茶漬け卵かけご飯以外にも、チャーハン、うどんなどアレンジして♪

⇓【Amazon限定】永谷園のお茶漬け・だし茶漬け⇓

【amazon限定】永谷園の3種セットamazon限定の永谷園・3種セット♡

⇓ご飯がなくても◎お湯を注ぐだけで簡単カップ茶漬け⇓

【レンジでも◎】寝ぼけていても作れるカップ茶漬け【永谷園】寝ぼけてお米を炊き忘れても安心(^^)