【毎日弁当】そうめんを活かした秋弁当no.0001

節約のために水筒とを持ち歩くようになって1ヶ月。以前は毎日500mlの飲料を3本程度購入していたのが、今は一切買わなくなったので、毎日450円程度(150円×3本)節約できていることになる。

出勤日数がだいたい20日とすると、9,000円になるから結構な節約。水筒、侮るなかれ。

弁当は、以前から持参していたけれど、せっかくならもっとこだわってみよう、と思い立ち、今週からは毎週テーマを決めて弁当をつくってみる。

最初は「そうめん」。

夏に買い込んだのが余っているので、それを消費していく!

目次

そうめん弁当①ビビム冷麺風

❏本日のお弁当

  • ビビム冷麺風そうめん
  • ニッスイの冷凍ヤンニョムチキン
  • きゅうりの浅漬

ピリ辛が好きな人におすすめなのが「ビビム冷麺風そうめん」。油そば風のそうめんを食べたいなぁと思ってつくったのだけれど、コチュジャンが入っているので、ビビム冷麺のほうが近い味になりました。

❏材料

  • そうめん…1束
  • ねぎ…適量
  • 卵…1個
  • Aめんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1弱
  • A醤油、コチュジャン…大さじ1/2ずつ
  • A酢、オイスターソース…小さじ1/2ずつ
  • A砂糖…ひとつまみ
  • Aにんにくチューブ…お好み
  • Aごま油…大さじ1

❏つくり方

1.鍋にお湯を沸かし、ねぎはお好みでみじん切りか輪切りにします。

2.お湯が湧いたらそうめんを規定の分数茹でます。

3.そうめんを茹でている間に、Aの調味料を混ぜておきましょう。

4.そうめんが茹で上がったら、ザルにあげ、冷水で冷やします。

5.3のタレと4のそうめんを和えます。

6.弁当箱に詰めて、海苔、ねぎ、卵をのっけて完成です(^^)/

私はこの日家でご飯だったので、生卵にしましたが、弁当に持っていくには危険すぎるので、ゆで卵がおすすめです。コンビニのゆで卵でも良いですね(*^^*)

ちなみに、この弁当に入れたヤンニョムチキンは、ニッスイの冷凍ヤンニョムチキン。これが冷凍食品と思えないくらい美味しい。

ふだん冷凍食品は餃子以外食べないのだけれど、私が冷凍食品と距離をおいている間にめちゃ進化した…?

ジッパーつきなのも良き。小腹が空いた時に1個だけ温めて食べたりしている。

created by Rinker
¥6,466 (2022/12/07 13:53:59時点 楽天市場調べ-詳細)

そうめん弁当②たっぷり枝豆のクリームソース

❏本日の弁当

  • たっぷり枝豆のクリームソース
  • ピーマンのくたくた
  • ナスの揚げ浸し

前日、謎に枝豆を大量に解凍してしまった。解凍したは良かったけれど、けっきょく使う気にならなかったので、弁当に。

クリームソースと枝豆って意外と合う。

❏材料

  • そうめん…1束
  • 枝豆…好きなだけ
  • ツナ缶…1缶
  • 玉ねぎ…1/4個
  • にんにく…1かけ
  • バター…10g
  • 牛乳…200ml
  • ほんだし顆粒…小さじ1
  • 醤油…小さじ1
  • ウスターソース…小さじ1

❏つくり方

1.玉ねぎ、にんにくはスライスに。そうめんを茹でます。茹で時間は規定の時間-1分程度で。

2.フライパンにバターを溶かし、そこでにんにくを炒めます。にんにくのいい香りがしてきたら、玉ねぎも入れて炒め、玉ねぎにほとんど火が通ったら枝豆も入れて軽く炒ります。

3.2に牛乳、ほんだし顆粒、醤油、ウスターソース、ツナ缶を入れます。沸騰しないよう弱めの中火で温めましょう。

4.ソースが温まったらそこへそうめんを入れて、2分ほど温め、完成です(*^^*)/

お好みで黒胡椒をかけても美味しいです…!

実はこの日、ものすごい寝坊。前夜に飲酒をしたわけでもないのに、起きたら朝8時。家を出るまで20分。大慌てで身支度し、どうにか家を出られたものの、当然弁当はなし。

けれど解凍しすぎた枝豆はどうにかしなくちゃ。と思い、帰って夕ご飯に作りました。

ほんだし顆粒を入れているので、和風でとっても美味しかったです(*^^*)

そうめん弁当③イタリアン・トマトそうめん

この日は私の誕生日。そうめんレシピの中でも一番好きな「イタリアン・トマトのそうめん」を持っていきました。

このトマトは生なので、夏場に持っていくにはちょっと怖い。8月よりは涼しいとは言え、まだ9月末。保冷剤をこれでもかと詰めて持っていきました。

❏本日の弁当

  • 冷製トマトそうめん
  • オクラの卵焼き

❏材料

  • そうめん…1束
  • トマト…中1/2
  • バジル…8枚分くらい
  • にんにく…一欠片
  • 粉チーズ…大さじ2
  • オリーブオイル…大さじ2
  • ウスターソース…小さじ1
  • 塩コショウ…少々

❏つくり方

1.そうめんを茹で、トマトは細かくカットし、塩少々と一緒にボウルに入れておきましょう。

2.バジルソースを作ります。にんにくはみじん切り、バジルも細かく切りましょう。

3.フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、そこでにんにくを炒めます。

4.にんにくの香りがたってきたら、火を止めて予熱でバジルと和えます。

5.トマトの入っているボウルに4のバジルソースと粉チーズ、ウスターソースを入れてさっと和えます。味をなじませるため、10分程度おきましょう。

6.最後に盛り付けて完成です。

お弁当に入れる場合には、一口サイズに巻いて詰めると食べやすいです(*^^*)

このオクラの卵焼きをずっと作ってみたかった。オクラって星型で綺麗。

こんかいはそのまま詰めちゃったけれど、このそうめんなら、オリーブオイルと和えてから詰めたら、よりくっつきにくかったかな、と思った。

そして無事、26歳になりました。常連さんや、職場の人たちに「おめでとう」って言ってもらえて、誕生日だけど出勤してよかった〜〜!

今年は昨年よりもっと自立した一年にしたい。26歳、色々と着実に、前向きに頑張ろうっ。

【まとめ】そうめん弁当はくっつかないことが大事

弁当にそうめんを持っていっていると言うと「え、大丈夫なの、それ?」と言われる。

麺がくっつくんじゃないか、ということや、腐らないか、ということを心配されているらしい。

麺にはオイルでコーティングをしたり、一口サイズに巻いて入れたりすることで必要以上にくっつくのを予防できるし、保冷剤をたっぷり入れているのでこれまで腐ったことはない(一応)。

そうめんが好きなので、弁当で持っていくと仕事のモチベーションも上がって良い事づくし…!

来週はなにをテーマに弁当を持っていこうかなぁ。

created by Rinker
¥2,268 (2022/12/07 13:53:59時点 楽天市場調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

「お腹を満たして心を癒やす」をモットーに、毎日食べたいものをつくっている25歳。韓国料理を始めとした、アジアンフードが大好きです…!
ひたすら気ままに更新ちゅう。

目次