エッグベネディクト

ぷるぷるのポーチドエッグにとろりと濃厚なオランデソース。塩気のあるベーコンと卵黄をからめ、下のパンと一緒に口へ運ぶ。

ニューヨークで100年以上もまえに生まれたと言われているエッグベネディクト。

やすみの日の朝はゆったり調理。

と思ってずっと気になっていたエッグベネディクトをつくることにしたけれど、調べてみたら5分でできちゃうレシピがあったので、今回はそれを参考にしてつくってみます。

参考にしたレシピ⇓

https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1820014463/

【5分で簡単】エッグベネディクトのつくり方

*材料

・イングリッシュマフィン

・卵

・サーモン

・アボカド

・ブラックペッパー

ーオランデソース

・マヨネーズ…大さじ1/2程度

・卵黄…1個ぶん

・バター…20g

・レモン汁…2〜3滴

・コショウ…適量

*つくり方

①パンを焼きます。フライパンかトースターで。 フライパンの場合は弱火でじっくりが美味しいです。

その間にポーチドエッグとオランデソースをつくります。

②オランデソースをつくります。バターをレンジで20秒程度チンして、そこにソースの材料を加えて混ぜます。

③ポーチドエッグをつくります。鍋に湯を沸かして、そこに卵を落とします。白身が固まってきたら、スプーンで形を整えましょう。

④あとは盛り付け。焼いたマフィンにベーコン、ポーチドエッグをのせてオランデソースをかけたら完成です(*^^*)/

ポーチドエッグをのせやすいようにアボカドは寝かしておくと良いです。

ポーチドエッグは難しい。

横からみるとこんな感じ。もうサーモンで下のバンズが隠れてしまっている。

そこにオランデソースをかけてブラックペッパーをお好みでかけて。

おすすめ朝ごはん

卵がおしゃれな朝ごはんを食べたいなぁと思って色々考えていたのだけれど、以前つくった中でおすすめの朝ごはんはこちら。

①エッグスラット

マッシュポテトと卵を瓶に入れて湯煎にかけるNYで大流行した料理!

スティック状のトーストなどにつけていただきます(*^^*)

休日の「お洒落な心意気」モーニングプレート①エッグスラット、トマトガーリックトースト、ポテトと彩り野菜のオーロラマスタード炒め

②アボカドトースト

たまぁにすごく食べたくなるアボカドトースト。アボカドってマスタードと相性が抜群ですよね。

マスタードが癖になる!アボカドトースト

かんたんダルゴナコーヒーと一緒に

ちょっと手間だけど、カフェオレじゃなくて、

コーヒーと砂糖、水を1:1:1で合わせて泡立ててミルクにのっけて飲むダルゴナコーヒーをつくって飲む。

ダルゴナコーヒー…、一時期流行っただけあって美味しい(*^^*)

ただ、こういうちょっとだけ泡立て器を使いたいなぁってとき、コードレスの泡立て器がほしくなる。

あと泡をつくるの自体は簡単だけど、それをミルクにのせる作業がなにげ難しい。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です