レンジでチンして楽々ふんわり鶏むね肉の味噌煮込み

火加減をすこし間違えるとすぐに固くなってしまう鶏むね肉を、レンジで加熱することで楽々にふんわりと調理。豆板醤の効いたピリ辛な味噌煮込みにしました(*^^*) これはご飯がほしいやつっ!

昨日、親子丼をつくるために買った鶏むね肉がまだ余っていたのでそれをつかって。

鶏むね肉を柔らかくする方法

鶏むね肉は鶏もも肉に比べてぱさついてちょっと食べにくい。鶏もも肉に比べて100g単位で4~50円安い鶏むね肉。これを美味しく食べられたらそれだけで節約になるから、柔らかくする方法を調べてみた!

①塩麹に漬ける

②刻んだ舞茸に漬ける

③肉の繊維の流れを断つように切る。

⇢焼いたときに肉が収縮しないためしっとり柔らかに仕上がるそう。

④ブライン液に漬ける。

⇢水、砂糖、塩を合わせたもの。水100gに対して砂糖と水はそれぞれ5g.

*参考にしたサイト⇓

https://tokubai.co.jp/news/articles/2887

https://macaro-ni.jp/87318

https://oceans-nadia.com/user/236306/recipe/382329

鶏むね肉の味噌煮込み・つくり方

*材料 (2人前)

・鶏むね肉…200g

・ねぎ…適量

・A味噌…大さじ1/2

・A酒…大さじ1

・A豆板醤…小さじ1

・Aマヨネーズ…小さじ1

*つくり方

①ねぎはそぎ切り、鶏むね肉は3cm角にカット。Aの調味料は合わせておく。

②カットした鶏むね肉を耐熱ボウルに入れてAの調味料を足して混ぜる。

③長ネギを②に足して軽く混ぜたら、

ふんわりとラップをかけて500wで5分程度加熱し火を通す。

更に盛り付けたら完成っ(*^^*)/

最後に

疲労回復効果があって低脂質な鶏むね肉。

柔らかく調理する方法がわかったから、これからはこれからはもっとつかっていきたい。

⇓レシピブログ、日本ブログ村に参加しています。

Shiori's Diner~おなかを満たして_こころを満たす~ - にほんブログ村 にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【ぷりうま】とりまよ定食

消費期限1日切れの鶏むね肉を見つけたのは今朝。

「そうだ!鶏肉のマリネを作ろうと思って忘れていた…!」

1回で食べるには多すぎる量の鶏むね肉を前に、私は考えた。「半分はマリネにするけれど、もう半分は…」、その時なぜかふっと頭に浮かんだのが「エビマヨ」という言葉。ケチャップが隠し味のあの甘酸っぱいエビマヨが食べたい。

そこでエビマヨならぬ「とりまよ」を作ることにした。

◎材料(2人前)

・鶏むね肉…1枚

・Aマヨネーズ…大匙1

・A酒…大匙1/2

・A醤油…大匙1/2

・Aにんにくチューブ…小匙1/2

・A生姜チューブ…小匙1/2

・片栗粉…適量

・Bマヨネーズ…大匙2

・Bケチャップ…大匙1

・B砂糖…小匙2

・B酢…小匙1

・B塩コショウ…少々

◎作り方

(下準備:AとBをそれぞれおボウルに混ぜておく)

①ひと口大にカットした鶏むね肉をAのボウルに入れてよく揉み込み、15分〜20分置く。

②①に適当に片栗粉をまぶして、フライパンで焼く。

③②に焼き色がつき、火が通ったら、油を切ってからBのボウルに入れて和える。完成っ!

(Nadiaさんのレシピを参考にしています(^^))

めちゃめちゃ簡単で、外側はぷりっとして中はふんわり。ケチャップとマヨネーズの酸味ある甘いソースがまた美味しい。これはご飯片手に食べるやつです。

⇓温かみのある木のボウル⇓

割れにくいアカシア製のボウルです♪直径20センチでサラダにもスープにも(^^)

⇓明るい色味で朝から心が軽くなる⇓

明るいナチュラルカラーのボウルも(^^)モリモリとサラダを食べたくなっちゃうボウル

⇓ボウルが木製ならもちろんフォークとスプーンも⇓

天然木材の食器セットです(^^)接着剤不使用で安心♪