ハタハタのレシピ3種〜煮付け・イタリアン風味・塩焼き〜

初めてハタハタを買ってみた。全長20cm程度の小柄な魚。骨もやわらかく、丸々食べられてしまう。今回はそんなハタハタを3つのレシピでつくってみました(*^^*)

【とぅるんと食感】ハタハタの煮付け

*材料 (1人前)

・ハタハタ…3匹

・水…50cc

・酒…50cc

・生姜…一欠片

・砂糖…大さじ1/2

・みりん…大さじ1と1/2

・醤油…大さじ1と1/2

※1〜5尾は同じ分量でつくれます!6〜10尾はこの倍の分量で(*^^*)

*つくり方

①ハタハタを鍋に並べて、調味料を注ぎます。

②アルミホイルかふきんで落し蓋をして煮込みます。酒が飛ぶまでは強めの中火で、その後は中火か弱めの中火で煮汁が約半分になるまで約10分火にかけたら…


器によそって、完成です(*^^*)

鱗がないので舌触りがとてもなめらか。なめらかを通り越して、舌に乗った瞬間はまるでこんにゃくのようなとぅるっと具合。

骨もやわらかいので問題なく食べられます。食感はなんとも不思議な感覚。とてもやわらかいけれど、魚独特のふわっとほどけるような口溶けとは程遠く、ぷるりとしていて、例えるならまるでフカヒレのような食感だろうか。

独特の食感なので、好みは別れるかもしれないな、と思った。

わたしは好き(*^^*)

【お酒のアテに】ハタハタのオリーブ油イタリアン風味炒め

写真撮るのが下手すぎて貧相に見える…(TT)

粉チーズとバジルの風味が美味しい、イタリアン風味のハタハタです(*^^*)

*材料

・ハタハタ

・オリーブ油…大さじ2

・塩…少々

・バジル…適量

・粉チーズ…適量

*つくり方

①ハタハタは頭を取って、包丁の先で内蔵を掻き出したら水でよく洗います。

(切り落とす場所は、顔の近くにあるエラの外側。) 洗ったあとはキッチンペーパーでしっかりと水気を拭いましょう。

②フライパンにオリーブオイルを敷き、熱します。ハタハタを入れたら、こんがりきつね色になるまで揚げ焼きにします。

③揚がったら、トレーに取り上げて塩をふりかけ、油を切ります。

④お皿に盛り付け、粉チーズと粉バジルをふりかけたら完成です(*^^*)

これは文句なしに美味しい…!頭を切り落としているので、1匹を丸々食べられちゃう。お酒のアテに最高…!

【定番】ハタハタの塩焼き

10分でできちゃう定番料理です(^^)/

*材料

・ハタハタ

・塩…適量

・酒…適量

*つくり方

①ハタハタをグリルにのせて、塩と酒をかけます。

②蓋をして、ハタハタに火が通りこんがりするまで数分焼きます。(私は10分やったのですが、ちょっと焦げてしまったので様子を見つつ焼いてください…(TT))

③完成したらお皿によそって、完成です(*^^*)

かなりほっそりしました。 焦げちゃったように見えるけれど、味は良かった(*^^*)

…とは言え今度はもうすこしきれいに焼きたいな。

最後に

今回は8尾のハタハタをgetしたので、3種類のレシピでつくってみました。味で美味しかった順は「塩焼き」「オリーブ油」「煮付け」かな。

煮付けはシンプルだからこそ難しい。ちょっとくさみがあったので、今度は生姜やネギといっしょに煮付けてみようと思います。(今回書いたレシピには生姜と書いたけれど、今日つくったのには入れなかったので(TT))

初めてのハタハタ、とても美味しかった!

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ふんわり太刀魚の竜田揚げと和風ポテトフライ

白身魚なのに脂身が多く、揚げてもふんわりしっとりと舌触りが良い太刀魚。冷めてもふんわりと美味しかったので、お弁当にもおすすめです!

竜田揚げとは?

そもそも竜田揚げとはなんなんでしょう…。衣は唐揚げと同じ材料(片栗粉)だし、肉を揚げるか魚を揚げるかの違いだと言うなら、鶏肉の竜田揚げというのもある。

そこで調べてみた。

ー「竜田揚げ」という名前の由来

そもそも名前の由来は紅葉で有名な、奈良県を流れる川「竜田川」だそう。なぜ、川の名前が由来になっているのかというと、醤油につけた肉の赤い色と厚めにつけた衣の白い色が混ざった様子を、竜田川の白い波に浮かぶ紅葉に見立てんだとか。

ー竜田揚げと唐揚げの違い

調べてみるとその違いは衣にあったそう。もともとは、小麦粉と片栗粉をブレンドして衣にしたものを唐揚げ

片栗粉のみで揚げたものを竜田揚げ、と言うそう。ただし、家庭によって片栗粉のみで揚げたものを唐揚げと呼ぶこともあるそう。

そして竜田揚げのときは基本的に削ぎ切りにするそう。

太刀魚の竜田揚げのつくりかた

*材料

・太刀魚…1尾

・片栗粉…大さじ2

〜以下つけダレ

・醤油…大さじ1

・料理酒…大さじ1

・みりん…大さじ1/2

・すりおろし生姜…小さじ1/2

・すりおろしにんにく…小さじ1/2

*つくりかた

①太刀魚を一口大に切ります。

骨は背中から包丁を差し込んで、骨に沿うようにして身をはがしていきます。

*参考にしたサイト⇢

②つけダレをつくり、①の太刀魚をつけダレに漬けます。

しっかり混ぜて、そのまま15分ほど放置します。

③片栗粉をまぶします。

④油を熱し、170度になったら③の太刀魚をそっと入れていき、ほどよいきつね色になるまで約3分揚げます。

トレーに取り上げたら油を切って、

(もし火が通っているか心配であれば、すこし放置し予熱で完全に火を通しましょう)

お皿に盛り付ければ、完成っ!

和風ポテトフライのつくりかた

竜田揚げの揚げ油が余ったので、新じゃがをつかってポテトフライをつくりました(^^)/

*材料

・じゃがいも…1個

・ほんだしの素…適量

・青のり…適量

*つくり方

①じゃがいもは皮ごとつかうので、よぅく洗いましょう。それから芽を取って、お好みの形にカット。

②じゃがいもは耐熱容器に入れてさっと水にさらしましょう。それから500wの電子レンジで3分ほど加熱して、やわらかくしましょう。

③じゃがいもの水気をキッチンペーパーで拭い、片栗粉をまぶします。 やわからかくなったじゃがいもを崩してしまわないように、スプーンでまぜると良いです(^^)/

④油を170度まで熱し、きつね色になるまで揚げます。

⑤いい色になったらトレーに取り上げ、油を切ります。

⑥ほんだしの素と青のりを約1:1で合わせて、

ポテトにまぶしたら完成です(*^^*)/

最後に

ふんわりふくふくで美味しかったので、今度はお弁当に入れたいなぁ。太刀魚の旬は6月〜10月だそうなので、また夏になったら食べたい。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【30分】はじめてでも簡単!カレイの煮つけ

カレイの煮つけ定食

昨年の冬、「魚料理へのチャレンジ」を目標にしてから以前よりも鮮魚コーナーをよく見るようになった。そうして気になっていた魚が「カレイ」。カレイと言えば「煮付け」。

今年の冬、春が来る前にカレイの煮つけにチャレンジしたい!

そう思いながら、なかなか手を出せないでいたのだけれど、ようやくチャレンジした。 つくってみると、想像していたよりずっとシンプルで簡単!

薄味でヘルシーなカレイの煮つけが出来ました(*^^*)♡

カレイの旬

カレイの旬は一般的に夏と言われているようだけど、調べてみたらカレイの種類によって春だったり夏だったり冬だったりするよう。

例えば北海道においてアカガレイの旬は冬、くろがれいの旬は春、と言われているそう。

また食べ方によっても旬が異なるそうで、例えば刺し身で食べるなら夏。煮付けにするなら子持ちガレイが美味しい冬、といったように。

(※参考にしたのはこちらのサイト⇢ https://www.olive-hitomawashi.com/column/2019/06/post-5130.html

ヒラメとカレイの見分け方

初めに魚の姿形の多様さを教えてくれたのは、昨年発売されてまたもブームを巻き起こした任天堂のゲーム「どうぶつの森」だった。

「どうぶつの森」のなかには「釣り」という遊びがあり、子どもの頃、どうぶつの森で釣りをしながら「ヒラメ」と「カレイ」の姿が似ていることにいつも惑わされた。

「あ、カレイだ!」と思ったら「ヒラメが釣れた!」と言われたり、「あ、ヒラメだ!」と思ったら「カレイが釣れた!」と言われたりして。

ゲームをするうち、左向きに平たければカレイ、右向きに平たければヒラメ、というように覚えたのだけれど実際この2種類にはどういう関係性があるのだろう。

そういうわけで調べてみました(*^^*)

⇓⇓⇓

ヒラメ(鮃)は獰猛で、カレイ(鰈)はおとなしい。

「左にカレイ、右にヒラメ」とは言うけれど、世界規模で見てみるとこの法則は通用しなくなるそう。例えば、日本近海のヌマガレイはたしかに左に目がついているのだそうだけど、東に行くにつれて右に目を持つ個体が増えていくそうで、カリフォルニア付近になると約半数のカレイが右に目を持つそう。

そこで何を基準に見分けるのかというと、性格が真逆なんだそう。それは食べる物にも現れるようで、ヒラメの口には鋭利な歯が並ぶのに対し、カレイは心なしかおちょぼ口なんだとか。

この違いから、ヒラメのことを「オオクチ」、カレイを「クチボソ」や「ホソクチ」と呼ぶ地方もあるそう。

魚にも容姿を左右するほどの性格の違いがあるって思うと面白い。性格というより、生態となってくるのかな。水族館に行ったらよぅく観察してみよう。

(※参考にしたのはこちらのサイト⇢ https://umito.maruha-nichiro.co.jp/article43/

カレイの煮つけ・参考にしたレシピ

今回参考にしたのは“Eレシピ”のこちらのレシピ!カロリーも記載されているのが良い(*^^*)

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/407c7e07a42abcf966d6d7e95b4e8e26.html

調理時間30分となっているけれど、ほとんどが煮込み時間だから実際に手を動かす時間は10分程度。意外とお手軽な印象でした(*^^*)

その他のメニューは「トマトとアボカドのサラダ」と「焼きおにぎり」。

トマトとアボカドのサラダには_オリーブオイル_はちみつ_レモン汁_胡椒_のドレッシング。これがとても美味しかった!はちみつが味をまとめてくれる。

焼きおにぎりのレシピは、味噌とみりんを2:1.75の割合で混ぜておにぎりに塗って焼くだけ。フライパンにクッキングシートを敷いてその上で焼くと焦げ付かなくって、剥がしやすい(*^^*)

初めてつくったカレイの煮つけは、ほろりと柔らかく甘い身にこんがり甘辛いタレが絡んで、たまらなくご飯を欲した。添えるのは味噌焼きおにぎりではなく、白米のほうが適切だったかもしれない。

また、カレイを煮付ける間にお吸い物をつくったりおかずをつくったり、合間あいまに色々できてしまうから効率も良くてとても良かった。

今年の冬、また子持ちカレイが美味しい季節になったら煮付けをつくろう。それが今から楽しみ(^^)/

ここまで読んでくださりありがとうございます!