ホットプレートひとつで楽ちん・サムギョプサル

豚バラ肉を、辛味味噌やねぎ、にんにくと一緒にサンチュで巻いて食べる韓国の焼き肉「サムギョプサル」。

あれほど「頬張る」という表現が似つかわしい料理はなかなかない。

さっぱりとした瑞々しいサンチュと一緒に口の中でじゅんわりと溢れかえる肉汁。

私にとってサムギョプサルは元気になりたい時に食べるご飯。 今日はさいきんちょっと落ち込みがちな妹と一緒に韓国風焼き肉「サムギョプサル」を食べました(^^)

ホットプレートひとつで楽ちん・サムギョプサルのつくり方

*材料

・豚バラ肉ブロック(もちろんブロック肉じゃなくてもできますが、今回はブロック肉で)…適量

・サンチュ…適量

・にんにく…適量

・サムジャン(レシピは次項で!)

ー肉用タレ

・ごま油…適量

・塩コショウ…適量

*つくり方

①ホットプレートを加熱します。まずが強め。焼き肉を焼く時と同じ温度に温めます(280℃くらい)。 温まったら、豚バラ肉に焼き目をつけていきます。一面ずつ丁寧に、じっくりと。

②お肉に焼き目をつけている間に、その他の具材の準備をしていきます。まず、にんにくはスライスにします。

サンチュはさっと水で洗って、キッチンペーパーで水気を拭います。 肉用のタレの材料はあわせておきましょう。

この間にサムジャンもつくれそうであれば作ってしまいます。(レシピは次項。材料をすべて混ぜ合わせるだけです)

③豚バラ肉に戻ります。焼き色がすべての面にほどよくついたら、一度キッチンペーパーの上にあげて油分を軽く拭います。

脂を敷いていないのに、ものすごい量の油です。ホットプレートもびしょびしょになっていると思うので、その油もキッチンペーパーで拭ってしまいましょう。

④油をぬぐったら、豚バラ肉をカットしていきます。今回は厚めにカットしてしまいましたが、できたら5mm程度にすると食べやすいかと思います。

薄めにカットするのが難しい場合は、包丁ではなくキッチンバサミでカットしても良いです。

食べごたえの欲しい方はぜひ厚めで!

⑤あとはもう仕上げに焼いていくだけです。カットした豚バラ肉を、火が通るまで加熱します。

この時、お好みでにんにくも焼きましょう。

火が通ったら、あとはもうサンチュで巻いて食べるだけです。豚バラ肉はごま油のタレにくぐらせてから、サンチュにのせて。あとはご自身の裁量で、にんにく、サムジャン、今回は用意しませんでしたが辛味ネギをのせても良いです。

頬張るとじゅんわり口中に広がる肉と野菜の旨み。

もう手が止まらない。  300gなんてふたりでぺろり(*^^*)

お肉の味を引き立てるサムジャンのレシピ

サムギョプサルをするなら、これがなくっちゃ。KALDIなどでも手軽に購入できますが、家にある材料だけで簡単につくれちゃいます。

*材料

・味噌…大さじ2

・コチュジャン…大さじ1

・砂糖…大さじ1/2

・酒…大さじ1/2

・ごま油…大さじ1/2

・すりごま…小さじ1

・にんにく(すりおろし)…1カケ分

・長ネギ…5〜6cm

*つくり方

①材料をすべてボウルに入れます。混ぜます。完成です!!

サムギョプサルが食べたくなる!おすすめモッパン

❍韓国のレストランやカフェ、市場について知りたいなら…、「かおるtv」さん。

魅力的な部分だけを伝えるのではなく、微妙なところはとてもはっきりと教えてくれるので、韓国旅行初心者にもありがたいyoutuberさんです。

❍同じく「かおるtv」さんのサムギョプサル紹介動画なのですが、こちらは餅いり!

かおるtvさんは他にもたくさん(それこそ十数本…ひょっとしたらもっと)サムギョプサルの動画を出しているので、ぜひ一度youtubeで検索してみてください。

❍NADOちゃん/小柄な身体にぱくぱくどんどん食べ物たちが消えていきます。食べっぷりが気持ちいい、韓国のモッパンyoutuberさんです。日本語でもtwitterをやってくれています(*^^*)

最後に

なにかがあったりなかったりして、気持ちがとても落ち込んでしまった日。そこからすこし立ち直ってくると、なにか美味しいものを食べて活力を出そうとする。

そういう時に食べるものについて妹とすこし話をした。わたしは「サムギョプサル」、2年ほど前からそう。自分にとってショックな事があって、人と会うことを避けるようになった。そこから少し元気になって、「よしじゃあ最後の一息、美味しいものでも食べて一気に回復しよう」、そう思った時なぜか頭に浮かんだのが「サムギョプサル」で、それまで一度しか食べたことがなかったサムギョプサルに、その日すごく救われた。

それ以降、わたしは「元気になりたいとき」サムギョプサルを食べる。

妹の元気ご飯はなにかと尋ねると、妹はすこし考えたあとで言った。

「パン」

「どんなパン?」

「あまいパン」

わたしは甘いものがそこまで好きではないので、妹の返答に「あぁほんとうに趣味ってひとそれぞれだなぁ」としみじみ思った。

ちなみにデザートはスタバ。

宜しければ、みなさんの元気ごはんも教えてください(*^^*)

ここまで読んでくださりありがとうございます。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

⇓サムギョプサルと一緒に食べたくなる韓国のラーメン。「プルダックポックンミョン」もご紹介。初めての方はぜひ、一番食べやすいと人気の「カルボプルダック」から。クリーミーなのに、しっかり辛い。これがやみつき。ピンク色のパッケージが目印です。⇓

おうちで満足!フライパンで簡単サムギョプサル〜スープは簡単ユッケジャン♡

はじめてサムギョプサルを食べた日のことを覚えている。その前日、自分にとってショックなできごとがあった。人と約束をしていたが、笑って話せる自信がなくて約束をドタキャンした。

そのショックを克服できるのか兆しが見えず、だからといっていつまでも落ち込んでいられなかった私が向かったのが「ずっと気になっていた近所の韓国料理屋」だった。

子どもの頃からずっとある、黄色いのれんの韓国料理屋。気になりつつ、ちょっと寂れた雰囲気に気遅れして、ずっと入れていなかった。

だけれどその日、なぜかその店に行こうと思い立ち、私はひとりでその店に向かった。そしてはじめて食べたサムギョプサルの写真がこれ。

サンチュの葉っぱを2枚に千切って、ごま油をつけた肉やにんにく、キムチをのせて口へ運ぶ。肉の甘い油、香ばしいにんにく、酸味のあるキムチを瑞々しいサンチュ。口の中でそれらすべてが混ざり合って、ちょっと複雑な味わい。

その味の深さに思わず目を閉じ、大きく開かれた鼻の穴から息が漏れた。

「美味しいものって人を救うなぁ」

はじめてそう感じた瞬間だった。

サムギョプサルとは

サムギョプサルとは韓国の焼き肉のようなもの。とは言っても、なにが揃っていてどう調理されていれば「サムギョプサル」なのだろうか。

調べてみたら韓国でサムギョプサルは「삼겹쌀」と書き、サムは数字の「3」ギョプは「層」、サルは「肉」を指すのだそうで、

サムギョプサルとは「豚の三枚肉」つまり日本で言う「豚のバラ肉」を味付けせずに焼く料理のことだそう。

そして日本の焼き肉との違いは日本の焼き肉が様々な肉を使うのに対し、サムギョプサルは「豚の三枚肉」に特化していることとのこと。

味付けせずに焼き、焼いた後で岩塩やごま油をつけたり、青唐辛子のスライスなどと一緒にサンチュやエゴマの葉などで巻いて食べることが多い。

ただ現在は、人気に伴い様々なアレンジの加わったサムギョプサルが展開されているそうで、肉をワインやハーブに漬けてあったり、ハニーソースやバーベキューソースにつけて食べたりすることもあるそう!

韓国に行ったら、色々なサムギョプサルを食べてみたい(^^)/

サムギョプサルのタレと具材

色々なものを豚の三枚肉と一緒に巻いて食べるサムギョプサル。その中身には一体どのようなものを合わせるのか。

❍タレ

・ごま油×岩塩

ごま油と岩塩、塩コショウなどを混ぜたシンプルなタレ。

・サムジャン

コチュジャンや味噌を混ぜ合わせた旨辛いタレ。

・ねぎ塩ダレ

みじん切りのネギの食感が美味しいタレ。

・辛ネギダレ

ネギと唐辛子を和えたシンプルだけど、食感もアクセントになって美味しいタレ。

❍具材

・にんにく

・青唐辛子

・キムチ

・エゴマ

などが一般的だそう。

チーズやおかずラー油などを足しても美味しそう(*^^*)

参考にしたレシピ*

今回はレタスクラブ・外処佳絵さんのレシピを参考にしました(^^)♡

https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/19436/

サムジャンは「味噌」と「コチュジャン」をあわせてつくるのだけど、つくろうとしたとき、味噌が見当たらず(本当は目の前にあったのに気が付かず)甜麺醤で代用した。

こっくりと甘みが深く、とても美味しかった。この味噌で焼きおにぎりつくりたいなぁ。

お肉を食べて元気を蓄えていきましょう(*^^*)/

ユッケジャンスープのつくり方

コチュジャンベースでコクのある甘辛い韓国のスープ・ユッケジャン。

今回はサムギョプサルと一緒につくってみた(^^)

*参考にしたレシピは⇓Nadiaのこちら

https://oceans-nadia.com/user/10254/recipe/368309

牛肉の代わりに、余り物のラム肉をつかって。

*サムギョプサル関連グッズ

❍サムギョプサル専用の鉄板

バラ肉の油を落としながら焼けるようにおうとつがついています(^^)

❍サムギョプサルに欠かせない鉄板ダレ!サムジャン

❍手作りダレを作りたければ、コチュジャンも(*^^*)