週末勤務に夏祭り弁当【毎日弁当】

社会人になって3ヶ月。仕事に慣れようと過ごしているうち、夏も終わりに差し掛かっている。

仕事柄、週末は要出勤。

夏が暮れるころになってようやく、夏をもっと楽しみたいという気持ちになって、今週末はちょっとスペシャル夏祭り弁当にすることに。

コロナのためにお喋りも厳禁な休憩室で、私の手元はひとり夏祭りなり。

夏祭り1日目:広島焼き_唐揚げ_きゅうりの1本漬け

*本日のメニュー

・きゅうりの1/2本漬け

・唐揚げ

・たっぷり紅生姜の広島焼き

①きゅうりの1本漬け

やっぱりこれがなくっちゃね。さすがにまるまる1本はお弁当袋に入らなそうだったので1/2本にして。

②唐揚げ

朝起きて鶏もも肉を塩麹に漬ける。しばらく漬け込んだあと片栗粉をまぶして揚げれば完成。170度くらいで4〜5分揚げて予熱で火を通すと冷めてもふっくらした唐揚げに。

③広島焼き

朝から鉄板を出してダイニングテーブルで焼く。生地をつくってキャベツを刻んで。

揚げ玉もたっぷ〜り!

鰹節が踊る

生地がけっこうすぐに固まる

ひっくり返して…

隣で焼きそばも焼く。お好みでおたふくソースをかけて

そこにさっと本体をのっける

そんでもって卵を割って…

火が消えていることに気が付かず、びよ〜んと白身がのびてクリオネのよう

最後にはどうにか卵の形を整えて、さっとすべて重ねて完成〜〜っ!

ーーー*

偶然駅で見かけた金魚の羊羹。どうも青森のお土産らしい。お祭りの定番「金魚すくい」をモチーフにしたお菓子。安っぽいピンク色の紐が懐かしさを掻き立てる。

よくお菓子をくれるメーカーのおじいちゃんと仲のいい社員さんにひとつずつお裾分け。

夏祭り2日目:塩焼きそばとお花畑弁当

*本日のメニュー

・塩焼きそば

・花畑

焼きそばってほんとうにかんたん。夏の美味しい風物詩。

ほんとうはたこさんウィンナーにしようと思ったのだけど、脚の一本一本が細くなりすぎたので花弁ということにしてお花畑に。

夏祭り3日目:たこ焼き弁当

*本日のメニュー

・たこ焼き

・味玉

・野菜炒め

中に入れるものはこんな感じ。ウィンナー、紅生姜、キャベツ、それからチーズ。

生地をつくって

朝からじわじわくるくる丸めます。

くるくるくるくる、くるっ

仕上げにソース、マヨネーズをかけたら完成っ!

朝に漬けた味玉と、夏野菜ときのこのソテーを添えて。

あったかいうちが1番美味しいけれど、冷めてもお祭りの香りは消えない。

お祭りの大定番たこ焼きで、今年の夏祭りはしめられましたとさ(*^^*)/

8月も終わって。

気がつけば8月も終わった。ちっとも夏らしいことをしていないからと敢行された1日1時間の夏祭り。

慣れない仕事をこなすうちに去りがかっていた夏をほんのすこしだけ口にふくめて、幸せな時間となりました。