お花見や雛まつりに!桜クッキー

今年もお花見というお花見はできなかった。

昨年の今頃、コロナが日本にも広まってきて、友人たちとちっとも会えないまま春は終わった。「来年こそいっしょにお花見しよう!そのために今年は我慢だ(TT)」と話していたのに、昨年我慢したからといって今年になって叶うわけでもなかった。

それでも桜の花は咲いてくれたし、散歩がてらちらちらと桜を見ることはできた。ご時世柄、マスクをつけたままだったけれど、やっぱり桜はかわいい。

ちいさくって、遠目に見るとあんなにも華やかなのに、近寄って見ると小さくて花びらは薄っぺらくて、所々くすんでいて、虫に食まれている。なんだかとても素朴な花という印象。

わたしは植物の名前を覚えることが苦手で、春以外の季節には桜の木が桜だとも気が付かない。だからこの時期になって桜が一斉に芽吹き出すと、わたしは驚く。

あぁこんなにも身近なところにずっといたんだ。

と。桜は春だけの、短命な花だと思っていたけれど、眠っている期間が長いだけらしい。いや眠っているのは花だけで、そのほっそりとした幹や枝や青々とした葉っぱは年中息づいているのだろう。

と、前置きが長くなったけれど、せっかくの桜の季節。 あぁ今年もお花見できなかった。と桜を諦めたくなどない。そこでクッキーをつくることにした。桜色の桜の形の、お花見クッキーを。

クッキー生地のつくり方

昔母がつかっていたお菓子作りの本を参考に。バターの量が多いけど、そのおかげか風味がさくっと濃厚で美味しい(*^^*)

*材料(プレーン)

・バター(有塩・無塩半々で)…75g

・砂糖…60g

・卵…中1/2個

・小麦粉…150g

・バニラオイル…少々

*つくり方

(下準備:バターと卵は室温にしておくこと)

①バターを木べらでなめらかになるまで練る。なめらかになったら泡立て器に持ち替えて、砂糖を2〜3回にわけて加えながら砂糖のざらつきが消えるまで泡立てる。

②室温に戻しておいた卵とバニラエッセンスを①に加える。

③②に小麦粉を加えて、よく混ぜる。粉が少し残っているくらいになったらラップにきっちりと包んで冷蔵庫で1時間寝かす。

④オーブンを170〜180度に予熱しておく。その間、好きな型に抜いて、クッキングシートを敷いた鉄板にのせ、予熱の完了したオーブンで13分〜15分ほど焼く。

アイシングクリームのつくり方

難しそうなイメージのあるアイシング。最初にやった時には当然のようにうまくできなかったけれど、コツを掴んでしまえば案外簡単っ(*^^*)!

もちろん凝ったことをやるにはもっと技術が必要だけどね。

アイシングのやり方

*材料

・粉糖…100g

・卵白…7g

・着色料(赤)…少々

*つくり方

①卵白をボウルに入れる。それを泡立て器でほぐす。

②①のボウルに3、4回にわけて粉糖を入れる。その都度泡立て器でよぅく混ぜる。

③全体がしっとりお好みの固さになるまで混ぜたら、お皿にうつして着色料を混ぜる。少量でしっかり色がつくので、ほんとうに少しずつ入れる(それこそ最初はひとつまみ程度)。

*アイシングのやり方

①クッキーにクリームを少量のせる。

②爪楊枝で①のクリームを丁寧にのばす。

お好みでアラザンをのせて(^^)/

【最後に】お花見クッキー♡

安心してお花見ができるまではあと数年かかるかもしれないけれど、春の大切な行事を忘れたくはない。家の中で美味しくお花見をしたいものです(*^^*)♡

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

Shiori's Diner~おなかを満たして_こころを満たす~ - にほんブログ村 にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【自分で描いたイラストを参考に!】あけおめクッキー♡

昨年初めてアイシングクッキーに挑戦した。最初のアイシングクッキーはしっかり失敗したけれど、2度目・クリスマスにチャレンジした時は最初の失敗を活かして使う道具を変えたりアイシングクリームを柔らかくしたりした結果、思いの外上手につくることができた。

自分の想ったように可愛くつくれるとなると、楽しくってしょうがなくなった。

そうして2020年の年末、3日に渡って「あけおめクッキー」をつくったのだけれど、せっかくだから、その工程と参考にしたレシピをUP!

〜〜〜

1日目

①まず、これが「こんなのつくりたいなぁ〜」のイラスト⇓

「お正月_イラスト」で比較的 単純なイラストを検索しました(^^)

②アイシングクッキー用の生地を作る

上にかけるアイシングクリームは砂糖をふんだんに使っているため、クッキー生地自体は甘さ控えめの専用の生地がおすすめです!私が参考にしたのはクックパッドのこちら⇛https://cookpad.com/recipe/4160782

このレシピには生地そのものにカラーをつける工程はないけれど、「寝かす」工程の前に混ぜちゃいます…!

着色には「食紅」や「ココアパウダー」などを使用します(^^)/ 食紅はほんとうに「え、これで大丈夫?」と思ってしまうほどの少量でもしっかりと色がつくので、少しずつ様子を見てお好みの色にしてください(*^^*)

ちゃん♪ これは亀の甲羅部分のイメージ🐢 水色のは富士山!

着色したら冷蔵庫で寝かします。私のクッキーづくり1日目はここで終了(^^)!

2日目

③成形

型があればもっときれいにできるのだろうけれど、我が家にはそんなものなかったので手先を使って成形しました。クッキーのひび割れが気になったので、卵黄でコーティングしたほうが良いかな?と少し思ったのですが、卵黄を塗ったら焼け上がりの色が変わってしまいそうだったのでやめました。

⇑これをオーブンに入れて…

こうだっ!⇓

ちゃら〜〜っ♪ 自分のお菓子作り能力に対して信用度があまりに低かったので、「わぁは〜っ!」と感動(*^^*)

そしてクッキー作り2日目はここまで。

3日目

クッキーづくり最終日は、

④細部の模様などを描きました!

ちなみにだるまさんは、焼いている間に(白い)顔のパーツと(赤い)胴体のパーツが剥がれてしまったので、アイシングクリームを作ってそれを糊にしてくっつけました。

顔のないだるまさんに…チョコペンでちょこちょこ〜っと⇓

あっぷっぷ!

チョコペンを上手に使えなくって、ほとんどのだるまさんはヘンテコになりました…。不揃いだけど、、ぜんぶ並べると可愛い。

他にも、おかめさんの髪の毛は2種類の味。1枚めはココアパウダーのアイシングクリーム。2枚めは黒ごまのアイジングクリーム。(この黒ごまクリームがすっごく美味しかったので、おすすめです!)

目、口、頬紅はすべてアイシングクリームで(^^) 私は絞り袋を上手に使えないので、爪楊枝を使って描きました♪

⇑ココアパウダーのおかめさんと、黒ごまクリームのおかめさん⇓

ちょっと手元が汚くってごめんなさい(T_T)⇑

⑤完成♪

最後にせっかくだからみんな揃って記念撮影。

富士山の雪はホワイトチョコレートを湯煎して溶かして使いました。

振り返って見てみると、やっぱりあまり綺麗に作れているとは言えないけれど、とても楽しい3日間でした(*^^*)/

季節ごとに色々なクッキーを作ってみたいなぁ。

サンタさんへ愉快なクッキープレゼント

サンタさんへプレゼントするのはもちろん1番上出来なクッキーマン。

※クッキーとアイシングのレシピ・情報は最後に♪

毎年クリスマスが近づくとクッキーを焼きたくなる。子どもの頃からだ。理由はきっと「絵本」の影響で、私は料理上手なおばあちゃんにつよい憧れがあった。なぜおばあちゃんなのかと言うと、きっと特に好きだった絵本「ばばばあちゃん」シリーズの影響。

今年はおとなになって初めてサンタさんにクッキーを焼いた。「昔となりのおしゃれなお姉さんが」から始まる松任谷由実の有名なクリスマスソングに秘められた幸せの描写をひたひたと想像しながら。

こちらが完成したクッキーの一部。

実はアイシングクッキーを作るのは2度めだった。1度目はコルネを上手に使えず、きれいな模様がちっとも描けなかった。その反省を活かして、今回コルネは使わなかった。

そっちかい、と思われた方もいるかもしれない。コルネのつくり方を変えるのではなく、使わないのかい、と。

私は自分があんまりに不器用なことを、反省した。

そして不器用でも使いやすい「チョコスプレー」「アラザン」などを利用。アイシングの平面を均したり、アラザンなどを望む位置まで動かしたりするのには爪楊枝を利用した。

本当は赤を作りたかったけれど、赤にならなかった。でもきれいなピンクができました(^^)

合計で3日間。1日目はクッキーを焼き、2日目3日目にアイシング。私は毎日、早朝のアルバイトから帰るとクッキーに向き合った。

とても楽しかった。

「24歳フリーター」として将来を憂いては就活のために資格の勉強や語学の勉強をしなくてはと焦ったり、様々な身近な人間関係に戸惑ったり傷ついたりして、あまり心に余裕がなかった。

けれどクッキーに向き合っている間、私はただ楽しかった。時間を気にせず、クリスマスソングに包まれて。

最初はアラザンをくっつけただけだった目も、最後はアイシングクリームとチョコスプレーを使って可愛くできるようになりました。

年末年始には「富士」や「初日の出」などをイメージしたおめでたいクッキーを焼きたい。

*クッキーのレシピはこれを参考にしました*

https://cookpad.com/recipe/4160782

*アイシングにチャレンジしたくなるおすすめ記事です*

phttps://mi-journey.jp/foodie/28940/