塩辛チーズで大人の味!なポテトサラダ

ふんわりわさびの風味と塩辛の塩気が美味しいポテトサラダです(^^)

〜〜〜〜〜〜

以前に居酒屋で一度食べて衝撃を受けたポテトサラダがある。それはポテトサラダと塩辛をざっくり混ぜたもので、その相性と言ったら…。

なんとなく最近そのポテトサラダのことを思い出して、近所のスーパーで安い塩辛(約¥100)を買ってつくってみました。

今回はそこにチーズを入れて、クリーミーにしてみました(^^)

は〜また早く外で安心してお酒を飲めるようになったら良いなぁ。

塩辛チーズで大人の味!なポテトサラダの作り方

*材料

・じゃがいも…中1個

・マヨネーズ…大さじ1/2程度

・わさび…大さじ1/2程度

・塩辛…40〜45g

・クリームチーズ(カマンベールチーズでも良き!)…適量

*作り方

①じゃがいもは2cm角程度に切って、耐熱容器に入れます。ほんのすこし水を入れてふんわりとラップをしたら600wの電子レンジで2分程度温めます。火が通ったらOKです。

②じゃがいもを加熱している間に小さな容器のなかでわさびとマヨネーズを和えます。

③加熱し終えたじゃがいもの皮を剥き、フォークなどでお好みの感じに潰したらそこへ2のわさびマヨネーズを加え、さらに和えます。

④3に塩辛とチーズを加え、

ざっくりと混ぜたら完成です(*^^*)

アレンジレシピを考えてみた

①トーストに乗せて

②ハムや豚肉に巻いて

③春巻きにして

この場合にはさらにクリームチーズを足しても良い…!

近々試してみよう(*^^*)

さいごに

お酒のアテにもぴったりなポテトサラダ。いろんなアレンジをできるのが楽しいですよね(^^)

夏になったら枝豆を入れてつくってみたいなぁ。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【ビールに合う!】パリパリ春巻きソーセージ・春巻きの皮で簡単チーズスティック

いつまでも春が続いてほしいという想いを込めて、春節以降に食べる料理と言われる「春巻き」。

パリパリという小気味良い音に楽しい食感、香ばしい風味。子供から大人まで大好きな中華料理。

それを今回は「パリパリソーセージ風」と「チーズスティック」にしてみました。どちらもとてもビールに合う…!

ビールに合う!ぱりぱり・春巻きソーセージのつくり方

*材料

・春巻きの皮…3枚

・豚ひき肉…300g

・玉ねぎ…1/2個

・サラダ油…適量

・水溶き小麦粉…小さじ2杯(小麦粉1:水2)

・Aハーブソルト…大さじ1/2

・A黒胡椒…小さじ1/2

・A片栗粉…大さじ1

*つくり方

①ボウルに豚ひき肉、玉ねぎのみじん切り、調味料Aを入れてよく混ぜます。

②混ぜ終わったら、ポリ袋が絞り袋に入れます。

この時、先端を輪ゴムで結んでおくと、先端をカットするのが楽です。輪ゴムの下の部分をカットします。

③まな板の上に春巻の皮をダイヤ型に並べ、絞り袋の先端をカットしたら、ここからは春巻きをつくるのと同じ手順です。

春巻の皮の下部分にタネを絞り出し、

くるりと包んでいきます。

両端を折りたたみ、ここからまたくるくると上に向かって巻いていきます。

ちゃん。このような形になったら、次は揚げの工程です。

④油を160 度程度に熱します。そこに春巻きを入れ、じっくり4〜5分加熱します。その後一度トレーにあげて、最後にもう一度、今度は180度でさっとほどよいきつね色にします。

皿に盛り付けたら完成っ(*^^*)

パリッとジューシーな春巻きソーセージ。これはビールが一層美味しくなっちゃう!

簡単!チーズスティックの作り方

*材料 (4本分)

・春巻の皮…4枚

・さけるチーズ…2本

・水溶き小麦粉…(小麦粉と水、1:2)

*つくり方

①春巻きの皮を、角を下にして広げます。さけるチーズを二本に裂き、それを春巻きの下部に乗せます。

②春巻きと同じ手順で巻いていきます。

細長く巻いたら次は揚げの工程…!

③油を170度に熱し、揚げていきます。こんがりほどよいきつね色になったら、トレーにあげて油を切りましょう。そうしたら後は盛り付けてさくっといただきます。

とろぉりさくぅっ、チーズの風味と春巻きの食感が美味しい簡単チーズスティックの完成です(*^^*)

最後に

大人になるにつれて脂っこいものを食べると、胃もたれするようになってきてしまった。いつかは食べられなくなるのかと思うと切ない。

今度は、チーズはチーズでもモッツァレラチーズやチェダーチーズ、ゴーダチーズなどいろんなチーズを包んでみたい。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【ビールに合う!】春のおつまみ〜そら豆・春キャベツ

さやいんげん、スナップエンドウ、アスパラガスにそら豆。芽キャベツに春キャベツに新じゃが。春は美味しい野菜がたくさん!

そして夏野菜でもなく、秋野菜でもなく、冬野菜でもなく、、春野菜はなにしろ「つまみ」にしたくなる。

春野菜は、茹でてマヨネーズや味噌を添えただけでも美味しい。

今回はそんな春野菜たちをつまみに調理してみました(^^)/

春に美味しい野菜たち

最近は一年中食べられる野菜が多いけれど、やっぱり旬の時期に食べるとぜんぜん違う。

・たけのこ

・そら豆

・アスパラガス

・クレソン

・スナップエンドウ

・ルッコラ

・ニラ

・新玉ねぎ

・いろいろな山菜(ウド、イタドリ、タラの芽、のびる、こごみ、よもぎ、つくし)

春野菜のお菓子もつくってみたいなぁ(*^^*)

春キャベツのハムクリームチーズ巻き

*材料

・春キャベツ

・ハム

・クリームチーズ

・黒胡椒

*つくり方

(下準備:クリームチーズは常温にもどしておき、春キャベツは外側の大きな葉っぱをちぎれないよう丁寧にむいておきます)

①鍋に湯を沸かします。その間にクリームチーズと黒胡椒をしっかり混ぜておきます。

②お湯が沸いたら、春キャベツを30秒〜1分茹で、キッチンペーパーで水分はしっかりと拭います。

③②の春キャベツを広げて、そこにハムを敷き、①のクリームチーズをのせます。クリームチーズをのせる位置は、春キャベツの下1センチ程度開けてその上あたり。

④春キャベツを下(なにものせていない部分】からくるくると巻いていきます。

春キャベツの横の余っている部分は内側に折って。

⑤最後に適当なサイズにカットし、皿に盛り付けたら完成!お好みでオリーブオイルを回しかけて召し上がれ(*^^*)/

そら豆とベーコンのガーリック炒め

*材料

・そら豆

・厚切りベーコン

・にんにく

*つくり方

①鍋に湯を沸かします。その間に、材料の下準備。

そら豆を鞘から出し、黒い部分と反対のところにさっと切り込みを入れます(後で皮を剥きやすいように)。にんにくはみじんぎり、ベーコンは適当な大きさにカットします。

②湯が沸いたら下準備を済ませたそら豆を投入し、2分〜2分半茹でます。

③フライパンに油を敷き、にんにくを炒めます。いい香りがしてきたらベーコンも投入し、ベーコンに軽く焼き色をつけます。

④さっと全体がよく混ざるように炒めたら火を止めて完成です(*^^*)

最後に

冬のつんと鼻を刺すような冷たさが過ぎ去って、三寒四温が過ぎたころ、ようやく春は落ち着く。桜の美しさにほこほこと幸せな気持ちになっている間に、穏やかだった日差しは射るような強さを伴うようになって、気がついたころには夏の兆しがやってきている。

毎年思う、「春は短いなぁ」と。

春野菜がだいすきなわたしからしたら、ちょっと寂しい。

今年も一食一食を大切に、春野菜を大事にしよう。

⇓レシピブログに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【もんじゃ風】もやしチーズサンド♡

節約したい時の強い味方・もやしを昨日買ってきた。ほんとうは昨日の晩にスープでも作って入れよう思っていたのだけれど、結局違うものを食べたので使わなかった。モヤシは足が速い。昨日買ったばかりと言うのにもう消費期限は今日。

そういうわけで今日のランチには【もんじゃ風】もやしチーズサンドを作りました(*^^*)

これは絶〜〜っ対ビールに合う!!

*材料(※分量はすべて適量!)

・Aもやし…ひとつかみ

・A小麦粉…大さじ1

・A牛乳(または豆乳)…大さじ1

・Aチーズ…適量

・Aコーン…適量

・A黒胡椒

・バター

*つくり方

Aを混ぜる。

ホットサンドメーカーの内側にバター(なければオリーブオイル)を塗る。

②に①を入れて焼く。両面合わせて約5分。

カリッと香ばしく食感も美味しい一品になりました(*^^*)

外に飲みに行けないこのご時世は家飲みでサクッと楽しみたい(^^)

家にあるもの+もやしでちゃっと作れちゃうのでぜひ一度お試しあれっ!

【たまらん!】とろぉりあったかカプレーゼ♡

ある日テレビを見ていたら、画面にとろぉり溶け出す白い物体が大きくうつった。舌の根元からじんわりよだれが溢れ出す。画面がどんどん引きになり、その白い物体は箸によってトマトと一緒に持ち上げられた。

「モッツァレラチーズのとろけ具合、見てください」画面の中の女性が言う。

白を引き締めるブラックペッパーのきらめきもまた然り、私はそれを今すぐにでも口に含みたくて含みたくてたまらなくなった。

とは言え、その頃すでに夜9時を過ぎていた。それなので私はそれを一日我慢して、翌日の夜に早速作った。

☆材料

・モッツァレラチーズ

・トマト

・刻みにんにく

・オリーブオイル

・黒胡椒

☆つくり方

①トマトは一口サイズに。チーズも適当な大きさに。にんにくは細かく刻んで。オーブンは予熱しておく(私は170℃でやりました)。

②耐熱容器にトマトを並べ、トマトとトマトの間にチーズを並べたら、上から、にんにく→オリーブオイル→黒胡椒を適量ずつかけて。

③予熱しておいたオーブンに②を入れて、チーズが溶けるまでじっくり温める(私は10分ほど)。チーズが溶けたら完成っ!

パンに載せても美味しいだろうなぁ。もちろん、ワインにもぴったり(*^^*)

簡単ですぐに出来ちゃうけれど、イタリアンってどうしてこうお洒落なんでしょう。チーズに塩気があるから塩は必要なし。コクのある塩気が美味しい。

ちょっと特別な日にもおすすめです◎

⇓スープにしてお肉で巻いて…アレンジ自在なトマト缶⇓

【オールホール】ラ・プレッツィオーザのトマト缶6缶入りホールトマトそのまんまコンソメスープなんてのも美味しい(*^^*)

⇓量を調整しやすい紙パックトマト缶⇓

【キッコーマン】あらごしトマト388g×12個セット!量を調節しやすいのは強み♡

⇓贅沢な気持ちになれるモッツァレラを冷凍で(*^^*)⇓

【冷凍チーズ】1kgのモッツァレラなんて贅沢でしかない・・サラダにスープにグラタンにパスタに♡

【ぽかぽか!】胃腸にやさしい鯖・生姜粥

最近、胃腸が弱っているような気がしたので、今朝は負担の少ないお粥に。

冷え性なので生姜をたっぷり使って。

生姜の香りがふんわりと濃い、じんわり身体の温まるお粥ができました◎

○材料(1人前)

・生姜…適量

・鯖缶…1/2

・玉ねぎ…適量

・溶き卵…1個分

・白米…茶碗1杯分

・水…200ml

・A醤油…大匙1/2

・Aみりん…大匙1/2

・青のり

○作り方

①鍋に水を溜めて、そこに微塵切りにした生姜を入れ、温める。温まったらそこにお米と玉ねぎを入れて、ふつふつお好みの柔らかさになるまで煮詰める。

②煮詰まったら調味料Aを入れ、よく混ぜたあとで鯖を入れる。

③鯖が温まったら、溶き卵を入れる。

④溶き卵がふんわりしたら、火を止め、皿に盛り付ける。お好みで青のりや白ごまをふりかけて。

身体の冷えはメンタルにも影響します。特に女性は生理痛の原因になるので辛いですよね…。身体の内側からしっかり温めることで、この冬を快適に過ごしましょう♡

⇓チューブで手軽に代謝UP⇓

【使い勝手バツグン】ハウス食品生姜チューブ!冬はストックしちゃう料理には勿論のこと、炭酸水や紅茶など飲み物に入れても◎

⇓アレンジの利くサバ缶は保存食としても重宝♡⇓

【非常食にも!】サバ缶で健康を維持(^^)トマト煮込みでしょ、グラタンでしょ、鍋でしょ、うどんでしょ…

⇓フランス語「CAVA」にかけたお洒落なサヴァ缶(^^)♡⇓

【CAVAデビューにおすすめ】10缶セットで、好みの味を見つけてください♡レモンバジル、オリーブオイル、パプリカチリ、ブラックペッパー、アクアパッツァ風の5種入り!