【ちょい飲み】食感が楽しい!キムマリ・タンスユク・ヘルシーチヂミ・おまけのチーズスティック【モッパンパーティ】

連休最終日。明日からまた仕事を頑張るために、今日は昼からちょい飲み。

メニューはこちら

・キムマリ

・タンスユク

・チーズスティック

・チャミスル

ASMRでずっと気になっていた揚げ物軍を一度に。

簡単にレシピもご紹介(*^^*)

キムマリのつくり方

モッパンを見る中で特に気になっていた料理のひとつ「キムマリ」。レシピを調べても「韓国春雨」が必要らしいのと、なかなか手間がかかりそうなのとでずっと食べられていなかった。

けれどスーパーに売っている「あれ」を使えば簡単にできるのでは?と思い、今回初挑戦してみることに。

「あれ」というのは、こちら。チャプチェの素。これならチャプチェがちゃちゃっと10分でできちゃう。

手前のがキムマリです。

*材料

・チャプチェ

・海苔

ー衣

・米粉パウダー…55g

・水…100ml

・卵…1/2個

*つくり方

①チャプチェをつくります。つくり方は袋に書いてある通りに。

②チャプチェが完成したら、それを海苔で巻いていきます。

③衣をつくります。衣の材料を混ぜるだけです。

④衣に2をくぐらせて、からっと揚げたら完成です!

タンスユクのつくり方

※この写真は今回のものではないです。ちょうど良い写真がなかったので以前つくったときのものを。

せっかく油をつかうなら、ということでタンスユク(豚肉の天ぷらのようなもの)も少量つくることに。

さくっさくもっちりでこれも美味しいンだ。今回はもっちりつくりたかったので「米粉」をつかってみた。

*材料

・豚肉

・塩コショウ

ー衣

・米粉…大さじ4

・水…120cc

ー餡

・玉ねぎ

・人参

A水…160cc

A砂糖…大さじ3

A醤油…大さじ1

A酢…大さじ2

A塩…ひとつまみ

*つくり方

①豚肉を広げて塩コショウします。それをくるくると棒状に巻いて形をつくりましょう。

↑こんな感じです

②衣をつくって、そこに1をくぐらせ、3〜4分揚げていきます。

③揚げている間にタレをつくります。鍋に水を入れ、人参ときゅうりを千切りにしてそこに加えます。調味料もすべて入れて火にかけましょう。人参に火が通って、くつくつしてきたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完成です。

④2が揚がったら器にもりつけて3のタレをかけて召し上がれ(*^^*)

韓国料理でちょい飲みパーティ♪

韓国のお酒と言えば、マッコリと…、これ、チャミスルでしょう。

今回は「すもも」味にしました。度数は13と決して低くはないのだけど、甘くってさらっとして飲みやすいことこの上ない。わたしはロックで飲んだのだけど、ちょうどその時冷房を掃除している最中だったから冷房がつかえなくって部屋ムシムシ暑かった。

ムシムシ暑い部屋のなかでひんやり冷えたチャミスルの美味しいこと。

これは夏に飲むお酒です。

もちより宅飲みにもおすすめです

特にキムマリは簡単にできちゃうので、おすすめです!市販のものを使っているから味も間違いない。

最近ひとと飲んでいない。少人数での控えめな宅飲みならありかしら、とすこし考える。ひとりで好きなものを食べて好きなペースで飲みながら映画を観たりするのがすごく楽しいのだけど、ひとと飲むのもやっぱり楽しいよなぁ、とすこし恋しくなりました。 

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【本格!】石焼きビビンバのつくり方

おこげがカリッと美味しいビビンバがどうして〜〜〜も食べたくて、ついに石焼き鍋を買ってしまった。Amazonで¥1,400程度。

今回は待ちに待った石焼ビビンバをつくってみました。

石焼ビビンバのつくり方

・炊いてあるご飯…1合程度

・もやしのナムル…レシピは下に

・にんじんナムル…レシピは下に

・ほうれん草のナムル…レシピは下に

・キムチ…適量

・ごま油…適量

・醤油…少々

・卵…1個

・牛肉…

〜肉用タレ

・コチュジャン…大さじ1

・豆板醤…小さじ1

・ごま油…小さじ1

・醤油…少々

・砂糖…少々

・すりおろしにんにく…少々

・すりおろしにんにく…少々

*つくり方

(下準備:ナムルは先につくっておきます)

①牛肉を炒めて味付けします。牛肉は食べやすい大きさに切っておきます。

ある程度火が通ってきたら、Aの材料をすべて混ぜたタレを回しかけましょう。お肉に火が通ったら完成です(^^)

②鍋にごま油を敷き、キッチンペーパーで鍋の内側全体にくるくると塗っていきます。 広げたらそこに固めに炊いたご飯を入れます。

③3種のナムル、キムチ、1の牛肉。

すべての具材をのっけたら最後に卵を割り入れて、

火にかけます。おこげが出来るまでしばらく(4〜5分)そのまま放っておきます。

④おこげが出来たら完成です(^^)/

熱いので、コンロから下ろす際には絶対にトング?を使いましょう!

ちゃんっ♫ 石焼き鍋ならではのおこげもきちんと出来ました(^^)

とろぉり卵を割るタイミングを見計らいながら食べるのがまた楽しい。

しっかり混ぜて召し上がれ(*^^*)/

ナムルのつくり方

3種のナムルそれぞれ、材料を和えるだけです(^^)/

【もやしナムル】

・豆もやし…一袋

・塩…適量

・鶏ガラスープの素…小さじ1

・ごま油…大さじ1

⇨つくり方:耐熱容器に入れ、軽くラップをかけたら電子レンジで1分半ほど加熱します。そのあと水気を軽く拭って、調味料で和えたら完成です。

【にんじんナムル】

・にんじん…1本

・塩…少々

・砂糖…小さじ1

・鶏ガラスープの素…小さじ1

・すりおろしにんにく…小さじ1/2

・ごま油…大さじ1

⇨つくり方:フライパンにごま油を敷き、千切りにしたにんじんを炒めて調味料を入れて更に炒めたら完成です。

【ほうれん草】

・ほうれん草…

・塩…少々

・醤油…少々

・鶏ガラスープの素…小さじ1

・ごま油…大さじ1

⇨つくり方:ほうれん草は軽く洗って耐熱容器に載せ、ふんわりとラップをします。600wの電子レンジで1分半ほど加熱します。その後水気を絞って3cm程度に切り、調味料で和えて完成です(^^)

最後に

酸味のあるキムチとスパイスの効いた牛肉。さっぱりナムルとまろやかな卵黄。すべてが合わさったビビンバはひとくちひとくちが幸せ。

ビビンバが食べた過ぎてついに石焼き鍋を買ってしまいました。amazonで¥1,400ほど。

意外といろんな料理に使えそうなので、これから活用していきたい。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

おうちで簡単・絶品ワンタンのアレンジレシピ3選

先日はじめて家でワンタンをつくったのだけれど、餃子やシュウマイに比べて、つかう材料が少なくて、つくる工程もすごくシンプル。想像したよりずっと簡単でした。

つくったあとはラップにくるんで冷凍しておくことも可能です。

おかずが一品足りない時にさっと茹でて使えるのでこれから重宝しそうです(^^)

ワンタンのつくり方

⇓こちらの記事に写真付きのレシピをあげています(^^)

とある1日の手抜きごはん。【ベーコンエッグバターご飯、らっきょキムチ冷うどん、ワンタンと温野菜のスープ】

*材料

・ワンタンの皮…30枚

・ひき肉…80g

・長ネギ…1/4本

・おろし生姜…小さじ1/2

・片栗粉…小さじ1

・塩コショウ…少々

*つくり方

①長ネギを微塵切りにして、片栗粉をまぶします。

②1にひき肉、生姜、塩コショウを加えて捏ねるように混ぜます。

③手のひらにワンタンを広げ、ティースプーン1杯弱ていどを載せて包んでいきます。

言葉で説明するのは難しいのですが、三角形になるように折っていきます。ただし、三角形にはせず対角の角同士をすこしずらし、それを更に半分に折って肉だねを包みます。

写真つきの包み方は、こちらのレシピを参考にしました!

https://oceans-nadia.com/user/27637/recipe/242541

④冷凍する場合はこの状態でラップなどに包み、そのまま冷凍庫へ。

スープに入れる場合は、沸騰したところへ入れて2〜3分、ワンタンが浮いてきたら火が通ったサインなので取り上げましょう。

刺し身ワンタン

所要時間:5分

とぅるっとした食感をシンプルに味わうならこれ!

*材料

・ワンタン

・醤油

お好みで⇓

・辛子

・酢

・おかずラー油

*つくり方

①お湯を沸かします。冷凍しておいたワンタンをそのままそこに入れて3分程度加熱します。

ワンタン同士がくっついていても大丈夫。茹でているときに菜箸で軽くかき混ぜればほどけます。 皮が破れないようにだけ注意しましょう!

②器に盛り付け、さっと醤油を回しかけます。 お好みで調味料をのせて召し上がれ(^^)/

わたしは麻辣おかずラー油をのせました(^^)

麻辣湯ワンタン

*材料 (2人前)

・ワンタン

・お好みの野菜…適量

・微塵切りの生姜…ひとかけぶん

・微塵切りのにんにく…ひとかけぶん

・A水…500ml

・A鶏ガラスープの素…小さじ1

・A豆板醤…小さじ1

・A酢…大さじ1/2

・A醤油…大さじ1/2

・A酒…大さじ1/2

・A花椒(ホアジャオ)…小さじ1/4

・ラー油…お好みで

・香草…お好みで

・粗挽き唐辛子…お好みで

今回肉はつかっていませんが、お好みでお肉を入れても美味しいです(*^^*)/

*つくり方

①鍋のなかでにんにく、生姜を炒めます。香りがたってきたら、野菜を炒めます。

ちなみに今日は、家にあったパプリカ、ナス、にんじんを入れました。しめじも入れようと思って表にだしておいたのにしっかり忘れた…(T_T)

②野菜がしんなりしてきたら、Aの調味料を入れて沸かします。

③最後にワンタンを入れて3分程度加熱します。ワンタンに火が通ったら完成です(^^)/

しっかり汗をかいてしまうスパイシーなスープですが、あっさりしているのでしっかり飲み干せます(^^)/

美味しい!野菜もたっぷり摂れるので、これからお世話になりそうです。

ワンタンと温野菜のスープ

*材料

・ワンタン

・コンソメ…1個

・水…300ml

・お好みの野菜

溶き卵を入れても美味しいです(^^)

*つくり方

①お湯を沸かします。その間に野菜をお好みの形にカットします。

②お湯が沸いたらそこへ野菜を入れて火を通します。

③火が通ったらコンソメを入れて、コンソメが溶けるまで煮込んで、そこへワンタンを加えます。2~3分、火が通るまで煮込んだら完成です(^^)

最後に

子どもの頃、ワンタンを初めて食べたのはたしかインスタントの「春雨スープ」。とぅるると舌触りの良いワンタンにすぐさま魅了されてしまった。

あの頃はまさかこんな手軽につくれてしまうものだとは思わなかったな。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(*^^*)

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【豆腐ライスでヘルシー!】バターチキンカレーライス

たまぁに食べたくなるバターチキンカレー。今日は豆腐ライスでヘルシーに作ってみました(*^^*)/

バターチキンカレーのつくり方

*材料 (1人前)

・鶏ひき肉…

・玉ねぎ…1/4玉

・バター…15g

・A鶏ガラスープの素…小さじ1/2

・Aカレー粉…大さじ1

・Aヨーグルト…50g

・Aカットトマト缶…1/2(200g)

・アスパラガス…お好みで

*つくり方

①フライパンにバターを熱します。

溶けてきたら、アスパラガスと玉ねぎを炒めます。

アスパラガスはフライパンの端っこにおいておきたまに返す程度で焼きいろを。玉ねぎはしんなりするまでしっかり炒めましょう。

②玉ねぎがしんなりしてきたら火を止めて、アスパラガスを皿に取り上げます。

③ひき肉とAの材料を入れて煮詰めていきます。

ぐつぐついってきたら弱火で蓋をして味が馴染むまで10分程度煮込みます。

④蓋を外して、水気が飛ぶまで数分間熱しましょう。

あとは盛り付けて完成です(*^^*)

豆腐ライスのつくり方

*材料

・絹豆腐…1丁

*つくり方

①豆腐の水気を軽く切ります。キッチンペーパーでくるみましょう。

②フライパンを熱し、油を敷きます。そこに豆腐を入れて炒めます。

水気がすっかりなくなってぽろぽろになるまで、中火〜強火で炒めていきます。

③ぽろぽろになってきたら火をとめて。これで豆腐ライスの完成です(*^^*)

最後に

数種類のスパイスを混ぜ合わせてつくるカレー。自分の好みでスパイスの具合を変えて作るのが楽しいけれど、たまにはカレー粉に頼って手軽につくるのもまた。

これからどんどんカレーの美味しい季節になりますね。今年はスープカレーにもチャレンジしてみたいなぁ。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

トマトが美味しい酸辣湯

ダイエット中、カロリーは抑えたいけれど満足感のあるものを食べたいときにおすすめな酸辣湯。

今回はトマトを入れてつくってみました(*^^*)/

トマトが美味しい酸辣湯のつくり方

*材料 (1〜2人前)

・豆腐…お好みの量

・トマト…1/2個

・お好みの野菜

・水…300ml

・鶏ガラスープの素…大さじ1弱

・A塩コショウ…適量

・A醤油…大さじ1弱

・A酒…大さじ1

・水溶き片栗粉…大さじ1程度

・酢…大さじ1

*つくり方

①鍋に水を沸かし、鶏ガラスープの素を溶きます。そこに適当なサイズにカットした野菜を入れて煮立たせます。

②煮立たせている間にトマトをさっと炒めます。フライパンにごま油を熱して強火でささっと。

さっと炒めたら、野菜の鍋に加えます。加えるときには一度火を止めてくださいね。

③味付けをしていきます。Aの調味料をすべて入れたらさっと回して火を弱めます。

④一度火を止めて、水溶き片栗粉を溶きます。とろみがついたら再度火を入れて、酢と溶き卵を加えます。

溶き卵を加えたら10秒ほどはそのまま放置して、その後でぐるぐるっと軽く回したら火を止めてあとは予熱で火を通します。

あとは盛り付けるだけっ!

…器の割に量が多すぎた。

酸辣湯のアレンジレシピ

簡単で美味しい酸辣湯。ここに以下のものを加えるだけで満足感もアップします(*^^*)

・ラーメン

酸辣湯麺っていうのもありますよね!

・そうめん

酸辣湯にゅうめんがけっこう美味しい。そうめんってほかの麺にはないとぅるとぅる感がありますよね

・春雨

歯ごたえがしっかりしているからお腹にもたまる!ダイエット中は重宝するひとも多いのではないでしょうか。

・ご飯

雑炊ふうにしてももちろん美味しい!

・トースト

試したことはないのですが、バゲットをひたひたに漬けてすくって食べても絶対に美味しい。

最後に

酸辣湯。初めて食べたのは近所のジョナサン(ファミレス)。もともととろみのあるものや酸味のあるものがすごく好きで、恐る恐る試してみたのを覚えている。

何年前だったか忘れたけれど、子供の頃は「気に入ったものを繰り返し頼む」私だったから、新しいものに挑戦するのはかなり勇気がいった。

いまはその心細いドキドキを感じることはあまりないから、そんな思い出を懐かしく思ったりした。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

ホットプレートひとつで楽ちん・サムギョプサル

豚バラ肉を、辛味味噌やねぎ、にんにくと一緒にサンチュで巻いて食べる韓国の焼き肉「サムギョプサル」。

あれほど「頬張る」という表現が似つかわしい料理はなかなかない。

さっぱりとした瑞々しいサンチュと一緒に口の中でじゅんわりと溢れかえる肉汁。

私にとってサムギョプサルは元気になりたい時に食べるご飯。 今日はさいきんちょっと落ち込みがちな妹と一緒に韓国風焼き肉「サムギョプサル」を食べました(^^)

ホットプレートひとつで楽ちん・サムギョプサルのつくり方

*材料

・豚バラ肉ブロック(もちろんブロック肉じゃなくてもできますが、今回はブロック肉で)…適量

・サンチュ…適量

・にんにく…適量

・サムジャン(レシピは次項で!)

ー肉用タレ

・ごま油…適量

・塩コショウ…適量

*つくり方

①ホットプレートを加熱します。まずが強め。焼き肉を焼く時と同じ温度に温めます(280℃くらい)。 温まったら、豚バラ肉に焼き目をつけていきます。一面ずつ丁寧に、じっくりと。

②お肉に焼き目をつけている間に、その他の具材の準備をしていきます。まず、にんにくはスライスにします。

サンチュはさっと水で洗って、キッチンペーパーで水気を拭います。 肉用のタレの材料はあわせておきましょう。

この間にサムジャンもつくれそうであれば作ってしまいます。(レシピは次項。材料をすべて混ぜ合わせるだけです)

③豚バラ肉に戻ります。焼き色がすべての面にほどよくついたら、一度キッチンペーパーの上にあげて油分を軽く拭います。

脂を敷いていないのに、ものすごい量の油です。ホットプレートもびしょびしょになっていると思うので、その油もキッチンペーパーで拭ってしまいましょう。

④油をぬぐったら、豚バラ肉をカットしていきます。今回は厚めにカットしてしまいましたが、できたら5mm程度にすると食べやすいかと思います。

薄めにカットするのが難しい場合は、包丁ではなくキッチンバサミでカットしても良いです。

食べごたえの欲しい方はぜひ厚めで!

⑤あとはもう仕上げに焼いていくだけです。カットした豚バラ肉を、火が通るまで加熱します。

この時、お好みでにんにくも焼きましょう。

火が通ったら、あとはもうサンチュで巻いて食べるだけです。豚バラ肉はごま油のタレにくぐらせてから、サンチュにのせて。あとはご自身の裁量で、にんにく、サムジャン、今回は用意しませんでしたが辛味ネギをのせても良いです。

頬張るとじゅんわり口中に広がる肉と野菜の旨み。

もう手が止まらない。  300gなんてふたりでぺろり(*^^*)

お肉の味を引き立てるサムジャンのレシピ

サムギョプサルをするなら、これがなくっちゃ。KALDIなどでも手軽に購入できますが、家にある材料だけで簡単につくれちゃいます。

*材料

・味噌…大さじ2

・コチュジャン…大さじ1

・砂糖…大さじ1/2

・酒…大さじ1/2

・ごま油…大さじ1/2

・すりごま…小さじ1

・にんにく(すりおろし)…1カケ分

・長ネギ…5〜6cm

*つくり方

①材料をすべてボウルに入れます。混ぜます。完成です!!

サムギョプサルが食べたくなる!おすすめモッパン

❍韓国のレストランやカフェ、市場について知りたいなら…、「かおるtv」さん。

魅力的な部分だけを伝えるのではなく、微妙なところはとてもはっきりと教えてくれるので、韓国旅行初心者にもありがたいyoutuberさんです。

❍同じく「かおるtv」さんのサムギョプサル紹介動画なのですが、こちらは餅いり!

かおるtvさんは他にもたくさん(それこそ十数本…ひょっとしたらもっと)サムギョプサルの動画を出しているので、ぜひ一度youtubeで検索してみてください。

❍NADOちゃん/小柄な身体にぱくぱくどんどん食べ物たちが消えていきます。食べっぷりが気持ちいい、韓国のモッパンyoutuberさんです。日本語でもtwitterをやってくれています(*^^*)

最後に

なにかがあったりなかったりして、気持ちがとても落ち込んでしまった日。そこからすこし立ち直ってくると、なにか美味しいものを食べて活力を出そうとする。

そういう時に食べるものについて妹とすこし話をした。わたしは「サムギョプサル」、2年ほど前からそう。自分にとってショックな事があって、人と会うことを避けるようになった。そこから少し元気になって、「よしじゃあ最後の一息、美味しいものでも食べて一気に回復しよう」、そう思った時なぜか頭に浮かんだのが「サムギョプサル」で、それまで一度しか食べたことがなかったサムギョプサルに、その日すごく救われた。

それ以降、わたしは「元気になりたいとき」サムギョプサルを食べる。

妹の元気ご飯はなにかと尋ねると、妹はすこし考えたあとで言った。

「パン」

「どんなパン?」

「あまいパン」

わたしは甘いものがそこまで好きではないので、妹の返答に「あぁほんとうに趣味ってひとそれぞれだなぁ」としみじみ思った。

ちなみにデザートはスタバ。

宜しければ、みなさんの元気ごはんも教えてください(*^^*)

ここまで読んでくださりありがとうございます。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

⇓サムギョプサルと一緒に食べたくなる韓国のラーメン。「プルダックポックンミョン」もご紹介。初めての方はぜひ、一番食べやすいと人気の「カルボプルダック」から。クリーミーなのに、しっかり辛い。これがやみつき。ピンク色のパッケージが目印です。⇓

【台湾の香り】ルーロー混ぜそば

千と千尋の神隠しのモデルになった場所「九份」のある国・台湾。いつか行ってみたい国。

ふんわりと鼻を抜ける独特の香り。

ごま油の香りと合わさって、つるりと身体に入ってくる。

15分程度で簡単につくれてしまうので、忙しい週末の昼ごはんにもおすすめです(*^^*)

ルーロー混ぜそばのつくり方

*材料 (1人前)

・中華麺…1玉

・豚バラ肉…100g

・ゆで卵…1/2〜1個

・ねぎ…1/2本

・五香粉…少々

・サラダ油…小さじ1/2

・ごま油…大さじ1/4

◎調味料

・酒…大さじ1/2

・砂糖…小さじ1弱

・醤油…大さじ1/2

・オイスターソース…小さじ1/2

・水…100ml

*つくり方

(下準備:ネギは小口切りに。豚肉は1.5cm程度に切っておきましょう。また、先にゆで卵はつくっておきます)

①フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を炒めます。

②豚肉の色が変わってきたら、◎調味料を加え、煮立たせる。煮立ったら火を弱め、5分ほど煮詰めましょう。

まだちょっと赤いけれど、この後で10分ちかく煮詰めるのでこのくらいで大丈夫です(^^)/

③その後、五香粉とゆで卵を加えて3分ほど弱火で煮ます。

④鍋に湯を沸かして、麺を規定通りの時間茹でましょう。

⑤麺が茹で上がったら湯をしっかりと切って、ごま油とさっと和えて器に盛り付けます。

そこに③とネギ、ゆで卵を適当に盛り付けたら完成です(*^^*)/

五香粉(ウーシャンフェン)とは(香り・代用)

五香粉とは中国の代表的なミックススパイス。

様々な配合があるそうだけれど、花椒、クローブ、シナモンの三種と、八角(スターアニス)、フェンネル、ちんぴのうちの2種の配合だそう。

代用としては、シナモン+ジンジャーパウダーが良さそうです。

最後に

五香粉の香りがふんわりと幸せなルーロー混ぜそば。しっかり混ぜて召し上がれ(*^^*)/

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【インドの簡単おつまみ!】サモサをもさもさ

スパイシーなカレーの香りと、まろやかなじゃがいも、独特の風味が美味しいラム肉。インドのおつまみ、サモサ。

日本でもインド料理屋のメニューにはたいてい載っていますよね。

しかしひとりで行くと、満腹感のほうが先にきてしまい、おつまみまで手を出せない。そこで家で自分の食べられる分だけ手軽に作れたら良いな、と思い、今回はサモサのレシピを色々と調べてつくってみました(*^^*)/

羊肉が苦手な方は、豚ひき肉を使っても良いです◎! また羊肉が苦手な方でも、ケチャップをかけたら美味しく頂けるのではないかな、と思います。

羊肉があまり得意でない私の母はこれにケチャップをかけたら「食べやすい!」と言っていました(*^^*)

羊肉の独特の癖が美味しいサモサ。ぜひお試しください^^/

サモサとは?

インドで小腹が空いた時におやつ感覚で食べられているそう。

小麦粉・食塩・水でつくった皮に、じゃがいも・玉ねぎ・レンズ豆・ラムのひき肉・クミン・コリアンダー・ターメリックなどのスパイスを混ぜたタネをくるんで揚げたもの。

チャツネというソースや、スープにつけて食べることもあるそう。

簡単サモサのつくり方

*材料 (4人前)

・ラム肉(ひき肉がなければ小間肉や切落し)…100g

・じゃがいも…2個

・ミックスビーンズ…80g

・春巻の皮…4枚

・Aカレー粉…小さじ1と1/2

・A塩…小さじ2/3

・A胡椒…少々

・小麦粉…適量

・揚げ油…適量

*つくり方

①ラム肉は切り落としや小間肉で、サイズが大きければ軽く塩コショウをふります。

②じゃがいもはよく洗って小さくカットします。それを耐熱皿に乗せてラップをかけたら500wの電子レンジに約6分間かけます。

やわらかくなったら、皮を剥きボウルのなかでフォークをつかって潰しましょう。

③ラム肉を軽く炒めます。色が変わったら火を止めましょう。

④2のボウルに3のラム肉とミックスビーンズ、Aの調味料を加え、よく混ぜます。

⑤春巻の皮を縦長く三等分にし、三角形に巻いていきます。

くるっと、絞り袋を作る時のような感じで下の画像の形にしましょう。

上から見るとこんな感じ⇓

⑥5にタネを入れてくるみます。

上にひょこんと出ている皮に水溶き小麦粉を塗り、そこを手前に折って三角形を完成させます。

⑦油を170度に熱し、ほどよく色づくまで揚げていきます。

ちゃん♫ お好みの色味になったら完成です(*^^*)/

より本格的なサモサのつくり方!(生地から作る!)

今回は、時間的に余裕がなかったため春巻きの皮をつかってつくりましたが、生地からも意外と簡単につくれそうです!

材料は基本的に小麦粉と食塩と水。レシピによっては手で捏ねる代わりにフードプロセッサーを使っているものもありびっくり。手で捏ねなくていいのは楽ですね。

❍画像解説つきでわかりやすいサモサのレシピ⇓

https://beergirl.net/bjrecipe_168/

❍こちらでは色々なサモサのレシピが載っています⇓

https://macaro-ni.jp/65795

最後に

インドの空港に降り立つと、人によっては咽るほどつよい匂いがするらしい。様々な人の生活のにおいが充満しており、「ここには生が凝縮している」というようなことを、前に読んだ本で言っていた。

その一文を読んで以降、いつか絶対に行きたい国になった。

特にインド北部を流れるヒンドゥー教の聖地・ガンジス川へはいつか絶対に足を運びたい。河原の火葬場や、そこを小舟を漕いで渡る様子を、遠くからそっと見てみたい。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【スパイス5種で簡単!】ありあわせキーマカレー♡

なんとなく疲れているけれど元気を出したい日には、わたしはカレーを食べたくなる。なぜだろう。あの陽気なインド人を思い出すからだろうか。以前、なにかで「カレーは集中力を高める」と聞いたような気がするからだろうか。

理由はさておき、そういうわけでわたしはこの日突然キーマカレーが食べたくなった。ふつうのカレーでなく、キーマカレーが食べたくなったことにわたしは自分で驚いた。なぜならカレーは好きでもキーマカレーはあまり好きではなかったからだ。口の中がぱさぱさとするイメージがあった。それなのに、この日のわたしはどうしてもキーマカレーが食べたかった。

家には豚ひき肉がなければ玉ねぎもない。

けれどわたしはキーマカレーが食べたい。

だからといって、やることが色々あるから買い物には行きたくない。

そこで、ありあわせのものでキーマカレーをつくってみたのだけれど、これが案外美味しかった。

一期一会の出来栄えキーマカレー。 いろいろな食材で試せることがわかったので、これまでより気楽に自由に楽しめちゃう(*^^*)/

スパイス5種で簡単!キーマカレーのつくり方

*材料

(※今回は4人前、ひき肉300gをつかったレシピで)

・家にある野菜(私は、パプリカ/人参/トマト缶1個分を入れました!)…適量

・ひき肉(私は鶏ひき肉があったのでそれを)…300g

・にんにく、生姜…各1カケ

・ヨーグルト(無糖)…大さじ3

・A水…100ml

・A醤油…小さじ2

〜スパイス

・クミン…大さじ1

・コリアンダー…大さじ1

・ターメリック…小さじ2

・カルダモン…小さじ1と1/2

・レッドペッパー…小さじ1/2

*つくり方

①最初にスパイスは混ぜておき、野菜は適当なサイズにカットしておきましょう!

レッドペッパーがなかったのでガラムマサラで代用。

②鍋、またはフライパンでにんにく生姜を炒めます。香りがたってきたら、残りの野菜(トマト缶以外)も加えてしんなりするまでよぅく炒めましょう。

③②にひき肉を加えてほぐしながら炒めます。

④火が通ってきたらスパイスを加えて、よく混ざるまで炒めます。

⑤そこへトマト缶、ヨーグルト、Aを加えてよく混ぜ10分ほど煮ます。

⑥フタを開けたら…完成っ(*^^*)

ターメリックライスのつくり方

カレー…特にキーマカレーにはターメリックライスが不可欠ですよね!というわけで初めてターメリックライスもつくってみました(*^^*)

*材料(1人前)

・ご飯…0.5合

・ターメリック小さじ…1/2

・バター…適量

*つくり方

①耐熱容器に材料すべてを入れます。

②電子レンジでバターが溶けるまで温めて、しっかり混ぜます。それで完成っ!

最後に

くちのなかがぱさぱさするから、とあまり好んで食べてこなかったキーマカレーだったけれど、今回つくってみたキーマカレーはしっとりずしんと舌のうえにのっかってきた。にんにくの香ばしさ、カレーならではの小鼻をふんわりと刺激するスパイシーな香り。

はぁ、やっぱりカレーって最高。

追伸:マヨネーズ、タバスコも合う…!

⇓レシピブログに参加しています!もし宜しければポチッとしてくださると嬉しいです(*^^*)/⇓

ブルダックソース利用・アレンジ方法♡

プルダックポックンミョン、韓国でポピュラーなインスタント麺。日本でも「癖になる!」と好きな人はとことんはまってしまうラーメン。

私もそんなプルダックの辛味に取り憑かれたファンのひとり。炒め麺だけでは飽きたらず、ソースまで買ってしまった。

買ったは良いけれど、「麺」以外にどういう使い方があるだろう…。色々レシピを考えた中でも良かったレシピをシェア(*^^*)

ブルダックアレンジレシピ①チャーハン

アレンジレシピ1つ目はチャーハン!つくり方はとても簡単。5分で出来ちゃう(^^)

*材料

・ごはん…茶碗1杯ぶん

・プルダックソース…小さじ1

・コチュジャン…小さじ1

・お好みの野菜(私は、長ネギ、しめじ、を入れました!)

*つくり方

①ごま油を敷いて熱したフライパンで野菜を炒める。

②ある程度炒められたら一度野菜を皿に取り出し、それからご飯をお好みの固さ・ぱらつきになるまで炒める。

③ご飯が炒められたら、そこにプルダックソースとコチュジャンを入れて和える。ご飯とソースがよく混ざったら、そこに野菜を戻して最後に強火でさっと炒める。完成っ!

ブルダックアレンジレシピ②キンパプ

いつもはそれぞれをセットとして食べるキンパプとプルダックポックンミョン。今回は1つの料理にしちゃおう!

*材料

・Aご飯…だいたい1合

・Aプルダックソース…大さじ1

・Aコチュジャン…大さじ1

・Aごま油…小さじ1

・ほうれん草…1輪

・さけるチーズ…1本

・その他お好みの具材

*つくり方

【コツ】ご飯は硬めに炊くと崩れにくくなってよい。

(下準備:ほうれん草は茹でて、よく絞ったら3cmほどにカットして分量外のごま油と和えておく)

①Aをボウルで和える。

②巻き簾に海苔を広げ①をその上に載せたら具材を載せて、巻く。(※この時、奥4cmほどにはなにも載せないように。)

③巻き簾を剥がして、食べやすいサイズにカットしたらお皿に並べて、600wの電子レンジで1分ほど加熱し、チーズを溶かして…完成っ!

ブルダックアレンジレシピ③ヤンニョムチキン

甘みがつよいのに、気がつけば口じゅうホット(*^^*) これは病みつきレシピ…!

*材料

・手羽中…8本

・片栗粉…適量

・胡椒

・酒…大さじ1

・おろしショウガ…小さじ1

・Aプルダックソース…大さじ1と1/2

・Aコチュジャン…大さじ1

・A醤油……大さじ1

・A酒…大さじ1

・Aケチャップ…大さじ1

・Aおろしにんにく…小さじ1程度

*つくり方

①手羽中をボウルに入れ、胡椒と酒、おろしショウガで下味をつける。5分ほどつけ置く。

②①に片栗粉をまぶし、170度の油で4〜5分揚げる。

③手羽中が揚がったら、トレーに出して油を切り、予熱で完全に火を通す(3分ほど放置)。

④フライパンか小鍋にタレの材料Aを入れて、ふつふつとしてきたら③を入れてタレと絡める。完成っ!

*おすすめプルダックポックンミョンのアレンジレシピ

ここまでプルダックソースを使ったアレンジレシピを紹介してきましたが、最後にプルダックポックンミョン(ラーメン)のアレンジレシピをひとつご紹介(*^^*)

プルダックポックンミョンの中でも1番人気というカルボプルダックのアレンジレシピです!

牛乳をつかってマイルドに仕上げた、にんにくとニラが香ばしいプルダックポックンミョンです(*^^*) 詳しいレシピはこちらから⇢ https://shioris0diner.com/2021/02/20/【アレンジ!】カルボブルダックポックンミョン/

⇓使用したカルボプルダックポックンミョン⇓

⇓プルダックソースはこちらから(*^^*)⇓

⇓ふつうのプルダックソースでは満足できなくなってきたら2倍の辛さのこちら⇓

音まで美味しい本格タンスユク(韓国式酢豚)♡

山盛りタンスユク

さくさくっもっちり・・・。 モッパンでチキンと並んでよく出てくる料理、韓国式酢豚タンスユク。

さくっさくっという小気味いい音がたまらない。 ヤンニョムチキンやハニーコンボチキン、チャジャンミョンにオデン入りのトッポッキなど韓国に行ったら食べたいものはたくさんあるけれど、その中でも最も食べてみたかったのが「タンスユク」だった。

そういうわけでこれまでにも何度かネットで調べてつくったことがあったのだけれど、いつもどこか違う…。

天ぷらとも唐揚げとも違う、さくさくっもっちぃりなあの音をどうしたら再現できるのか…。

あまりにもそれっぽくできなかったため、しばらくつくるのを諦めていたのだけれど、つい先日、なんとなくまたタンスユクにチャレンジしてみたくなってつくってみたところ、ついに「さくさくっもっち〜り」なあの食感になりました(*^^*)/

嬉しすぎる。

タンスユクとは

そもそもタンスユクとは韓国式酢豚だけれど、その起源はどこなのだろう。中国の酢豚とはどう違うのだろう。

*タンスユクの起源〜

もともとはやはり中華料理の酢豚。華僑にある中華料理屋から広まって、広東語の「タンチュロー」が転じて「タンスユク」になったんだそう。

タンスユクの「タン」は中国語の「糖」、「ス」は「酢」で「ユク」だけが韓国語で「肉」という意味とのこと。

中華の酢豚との違いとしては、中華の酢豚がきちんとすっぱいのに対して、韓国の酢豚(タンスユク)は酸味が抑えめで全体的に甘めというところだそう。

家庭でもよくつくられるレシピのひとつだそうだから、韓国語が出来たら色んな美味しいタンスユクのレシピを知ることが出来るかも(*^^*)

音まで美味しい本格タンスユクのつくり方

これまで2回ほど、ほかのレシピでつくったことがあるのだけれど、衣のさくもち感や音が1番「モッパン」で見ている本場のやつに似ており、揚がった時には大興奮…!!

*参考にしたレシピはこちら⇓*

https://oceans-nadia.com/user/22084/recipe/404867

レシピではとんかつ用などのお肉を細長くカットしているのだけれど、私は生姜焼き用の薄めのロース肉をつかった。それをくるくると巻くことで細長くして。⇓のような感じ。

おすすめタンスユクモッパン

これを見たらタンスユクを食べたくてたまらなくなる…その理由がわかる動画をシェア!

NADOチャンネル。小さなうずらの卵も可愛い。そしてこれは飲み物のASMRも最高です(*^^*)⇓

https://www.youtube.com/watch?v=Rjq4YkDKg2A&t=617s

⇓Hamzyチャンネル。 麻辣火鍋と一緒にタンスユク(*^^*) テイクアウトのプラスチック容器から家のお皿に移すときのASMRがまたたまらん…! この方はお酒をよく飲まれるので、お酒好きな方にもおすすめ!⇓

⇓最後は韓国と日本を行き来して韓国情報を発信してくれている日本のyoutuber「KaoruTV」さん。この回は「にんにくタンスユク」という変わり種とちゃんぽん(*^^*)⇓

以上が好きすぎて何度も見ている動画たち(^^)/

また、韓国にはタンスユクのタレは「かける派」と「つける派」という派閥があるそう…。

私はどちらかというとかける派。でもほんのすこしつけて、しなぁっもちっとさせるのも好き。

⇓タンスユクと一緒に食べたくなる韓国のジャージャー麺⇓

⇓もちろんプルダックも良い…⇓

⇓米粉でつくったらもっともちぃっとして美味しいかなと思ったのだけど、あまりスーパーで見かけない…

家にあるもので簡単キンパ2種類♡

キンパプ2種類

モッパンを見ているとよく出てくるメニューの1つはやはり「キンパ」。前にインスタで韓国料理をUPした時に韓国のフォロワーから「キンパが簡単でおすすめだよ!」と教えてもらった。

それ以来つくってみようとは思っていたものの、「でも巻き簾を用意したりしなきゃいけないもんなぁ」と思うとちょっと面倒で先延ばしにしていたのだけれど、先日ついにつくってみた。

想像していたよりずっと簡単。そして美味しいしアレンジも利く。

見栄えするからパーティ料理にももってこい。もちろんお弁当にも。

そういうわけでキンパのレシピです(*^^*)

キンパ(김빱)とは

キンパの正式名称は「キムパプ」だそう。 キムパプのキムが「海苔」パプが「ご飯」という意味なんだとか。ただし、最近は「キンパ」という言い方が主流になっており、正式な呼び方をしているのはアナウンサーや60代以上の人がほとんどだそう。

キンパはその名にあるように、炙った海苔にごま油を混ぜたご飯を載せて具材を巻く料理。

韓国風海苔巻のこと。

おかずなしで手軽に食べられるためファストフード的存在として、広まっているよう。

基本のキンパのレシピ

*参考にしたレシピ⇓

https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/2c5023c4ac5e860e652e50ff215a87a2.html

この時ちょうど、大葉と人参を切らしていたため、それは使わず、代わりにピーマンとパプリカを入れた。

素朴だけれど、ごま油によって深みもある。永遠食べられちゃいそう…。

ピリ辛チーズキンパのレシピ

*材料

・白米…約①合分

・海苔…1枚

・コチュジャン…大さじ1

・ごま油…少々

・棒状のチーズ…適量

・お好みの具材(私は先ほどの「基本のキンパ」の時につかったのと同じ具材を入れました(^^))

*つくり方

①ご飯をボウルによそい、コチュジャン、ごま油で和える。

②海苔の上に均等に①を広げる。この時、片方の端4cmほどは空ける(海苔巻を閉じる部分)。こんな感じ⇓

③具材を軽く手で抑えて、手前からくっと巻く。海苔巻きを閉じる部分(空けておいた4cmの部分)にごま油を塗り、閉じる。

④ぎゅっぎゅっと軽く押さえてしっかりと巻いたら、巻き簾を外し、まな板の上でお好みの厚さに切る。 完成〜〜ッ♪

コチュジャンの辛味が美味しいキンパ。辛いものが好きな人にはたまらない1品(^^)/

アレンジキンパ*

*材料

・キンパ

・卵

*つくり方

①熱したフライパンに油を敷いて、溶き卵を1/2入れる。

② ①の溶き卵がまだ固まらないうちにキンパを並べる。

③溶き卵にすこし火が通ってきたら、ヘラを使ってキンパを卵ごとひっくり返す。

④残りの溶き卵を③に流しこみ、火が通るまで焼く。

卵のついたキンパもまたとても美味しい(^^)/

もちろんマヨネーズをかけても美味しい!

おすすめキンパモッパン動画

キンパ関連のおすすめモッパン動画をご紹介(^^)/

①NADOちゃん♡

プルダックとキンパのモッパン(*^^*)/ もう何回見ていることやら。。

いつでも癒やされる。。

②Hamzyさんの手作りキンパプモッパン♡

豪快な食べ方が小気味いいyoutuberさんです! この動画のキンパプはHamzyさんご自身がつくっており、その様子も動画で見られるので、キンパプつくりの動画としてもおすすめ…!!

*キンパの反省点とおすすめグッズなど

初めてつくったキンパ。ひとつだけ反省点は、「ご飯は薄く均等に」。ご飯の広げ方にムラがあったために今回のキンパはちょっと見栄えがぱっとしなくなってしまった。

ご飯は丁寧に広げよう…。

最後に、おすすめグッズなどを…!

⇓27cm×27cmの巻き簾(*^^*)⇓

⇓キンパと一緒に食べたいカルボブルダック…!⇓

⇓我が家のコチュジャンは今はこれ⇓

おうちで満足!フライパンで簡単サムギョプサル〜スープは簡単ユッケジャン♡

はじめてサムギョプサルを食べた日のことを覚えている。その前日、自分にとってショックなできごとがあった。人と約束をしていたが、笑って話せる自信がなくて約束をドタキャンした。

そのショックを克服できるのか兆しが見えず、だからといっていつまでも落ち込んでいられなかった私が向かったのが「ずっと気になっていた近所の韓国料理屋」だった。

子どもの頃からずっとある、黄色いのれんの韓国料理屋。気になりつつ、ちょっと寂れた雰囲気に気遅れして、ずっと入れていなかった。

だけれどその日、なぜかその店に行こうと思い立ち、私はひとりでその店に向かった。そしてはじめて食べたサムギョプサルの写真がこれ。

サンチュの葉っぱを2枚に千切って、ごま油をつけた肉やにんにく、キムチをのせて口へ運ぶ。肉の甘い油、香ばしいにんにく、酸味のあるキムチを瑞々しいサンチュ。口の中でそれらすべてが混ざり合って、ちょっと複雑な味わい。

その味の深さに思わず目を閉じ、大きく開かれた鼻の穴から息が漏れた。

「美味しいものって人を救うなぁ」

はじめてそう感じた瞬間だった。

サムギョプサルとは

サムギョプサルとは韓国の焼き肉のようなもの。とは言っても、なにが揃っていてどう調理されていれば「サムギョプサル」なのだろうか。

調べてみたら韓国でサムギョプサルは「삼겹쌀」と書き、サムは数字の「3」ギョプは「層」、サルは「肉」を指すのだそうで、

サムギョプサルとは「豚の三枚肉」つまり日本で言う「豚のバラ肉」を味付けせずに焼く料理のことだそう。

そして日本の焼き肉との違いは日本の焼き肉が様々な肉を使うのに対し、サムギョプサルは「豚の三枚肉」に特化していることとのこと。

味付けせずに焼き、焼いた後で岩塩やごま油をつけたり、青唐辛子のスライスなどと一緒にサンチュやエゴマの葉などで巻いて食べることが多い。

ただ現在は、人気に伴い様々なアレンジの加わったサムギョプサルが展開されているそうで、肉をワインやハーブに漬けてあったり、ハニーソースやバーベキューソースにつけて食べたりすることもあるそう!

韓国に行ったら、色々なサムギョプサルを食べてみたい(^^)/

サムギョプサルのタレと具材

色々なものを豚の三枚肉と一緒に巻いて食べるサムギョプサル。その中身には一体どのようなものを合わせるのか。

❍タレ

・ごま油×岩塩

ごま油と岩塩、塩コショウなどを混ぜたシンプルなタレ。

・サムジャン

コチュジャンや味噌を混ぜ合わせた旨辛いタレ。

・ねぎ塩ダレ

みじん切りのネギの食感が美味しいタレ。

・辛ネギダレ

ネギと唐辛子を和えたシンプルだけど、食感もアクセントになって美味しいタレ。

❍具材

・にんにく

・青唐辛子

・キムチ

・エゴマ

などが一般的だそう。

チーズやおかずラー油などを足しても美味しそう(*^^*)

参考にしたレシピ*

今回はレタスクラブ・外処佳絵さんのレシピを参考にしました(^^)♡

https://www.lettuceclub.net/recipe/dish/19436/

サムジャンは「味噌」と「コチュジャン」をあわせてつくるのだけど、つくろうとしたとき、味噌が見当たらず(本当は目の前にあったのに気が付かず)甜麺醤で代用した。

こっくりと甘みが深く、とても美味しかった。この味噌で焼きおにぎりつくりたいなぁ。

お肉を食べて元気を蓄えていきましょう(*^^*)/

ユッケジャンスープのつくり方

コチュジャンベースでコクのある甘辛い韓国のスープ・ユッケジャン。

今回はサムギョプサルと一緒につくってみた(^^)

*参考にしたレシピは⇓Nadiaのこちら

https://oceans-nadia.com/user/10254/recipe/368309

牛肉の代わりに、余り物のラム肉をつかって。

*サムギョプサル関連グッズ

❍サムギョプサル専用の鉄板

バラ肉の油を落としながら焼けるようにおうとつがついています(^^)

❍サムギョプサルに欠かせない鉄板ダレ!サムジャン

❍手作りダレを作りたければ、コチュジャンも(*^^*)

自家製ダレで美味しい!お家焼き肉♡

お家焼き肉と焼肉屋で食べる焼き肉の違い

は〜〜焼き肉が食べたい!でも今はあまり気楽に外食は出来ない。出来たとしても、外で焼き肉を食べようと思うと、金銭的に気合を入れなきゃいけない。

家で気楽に食べられたら一番良いけれど、お家焼き肉ってなぜかぱっとしない。外で食べるように、一口頬張って「ふぉあ〜〜幸せ〜〜♡」となったことがなかった。

家で美味しい焼肉ってできないのかなぁ。学生の頃、そう思い、「美味しいお家焼き肉」について調べたことがあった。その時「違い」として挙がっていたのは

・焼き肉専用機

・タレ

の2点。 我が家には「焼き肉専用機」はない。けれどタレをこだわってつくってみることはできる。

そういうわけで、今回は4種類の焼き肉のタレをつくってみた。うち1種類は塩ダレ。3種類は醤油ベースのタレ。

甘みがあって子どもが好きそうなもの。コクがあってタレだけでご飯を食べられるもの。さっぱりしていて夏場に食べたくなるもの。

タレの個性は様々ですね(*^^*)

自家製焼き肉ダレ①りんご風味が癖になる!

*参考にしたサイト⇓ 「みんなの料理」コウケンテツさんのレシピです(*^^*)

https://www.kyounoryouri.jp/recipe/8683_手づくり焼き肉のたれ.html

甘いタレが好きな方や子どもは絶対にだいすきなタレ。りんごジュースの風味がくせになってとても美味しい!

焼き肉以外にも炒めた豚肉と合わせて豚丼をつくっても絶対に美味しい!

自家製焼き肉ダレ②コクうま!タレだけでご飯を食べられる!

*参考にしたサイト⇓ 白ごはん.comの「かんたん手作り!焼き肉のたれ」のレシピです(*^^*)

https://www.sirogohan.com/recipe/yakiniku/?amprecipe=1

みりんのコクが深くて美味しい。思わずご飯にさ〜っとかけて口にかき込みたくなる…!!

これはネギ丼にかけても美味しそう(*^^*)

自家製焼き肉ダレ③さっぱりすっきり大人の味!

*参考にしたレシピ⇓ cookpadでつくれぽ「400」超えのこちらのレシピ(*^^*)

https://cookpad.com/recipe/4777745

さっぱりすっきり醤油ベースの焼き肉のタレ! さっぱりしているから、どんなお肉にも合わせやすい◎

自家製焼き肉ダレ④タンに合わせて!ねぎ塩ダレ

私が「お家焼き肉はタレにこだわるべきなんだ!」と知るきっかけになった記事でもある(*^^*)⇓

https://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/nakagawa/2712

読み物としても面白い記事…!読んだらお家焼き肉がしたくなる(^^)/

焼き肉ごはん

焼き肉には「米」がなくっちゃ! いつもはシンプルに白米なのだけど、今回は特別に「焼き肉ごはん」をつくってみた。

*材料

・白米

・韓国のり

・ごま油

*つくり方

①茶碗に白米をよそう。

② ①に韓国のりをちぎってまぶす。

③ ②にごま油を少量垂らして、ふんわりと混ぜる。完成(^^)

*さいごに*

焼き肉はやっぱり家でやってもそれなりにお金がかかる。でも周囲の騒音を気にすることもなくゆったりマイペースに行えるおうち焼き肉はやっぱり良い。

2,3ヶ月に1度、ご褒美でやるのが幸せ(*^^*)

今度は瓶ビール片手にやりたいなぁ…♡