【10分レシピ】ポン酢で簡単照り焼きチキン

調味料はポン酢とはちみつの2つだけ! 家族にも好評だった、しっとり照り焼きです(*^^*)

つんと鼻を刺すようなポン酢の酸味は加熱することでほとんど抜けるものの、ほのかに残ってそれが程よい爽やかさに。

照り焼きなのに後味さっぱりで、ダイエット中でも罪悪感なく食べられちゃいます(^^)/

ポン酢で簡単!照り焼きチキン

*材料

・鶏もも肉…1枚

・すりおろしにんにく…小さじ1/2程度

・塩コショウ…適量

・片栗粉…大さじ2杯

・ポン酢…大さじ4杯

・はちみつ…大さじ2杯

・ごま油…大さじ1杯

*つくり方

①鶏肉を一口大にカットし、下味をつけます。塩コショウを振り、すりおろしにんにくを入れてよく揉んだら10分程度そのまま置きます。

②片栗粉をまぶして、焼いていきます。

③熱したフライパンにごま油を敷いて、そこに②の鶏肉を並べていきます。

皮付きの場合は皮目を下にしてください。

④蓋をして中火で5分、蒸し焼きにします。

⑤蓋を開けて、ポン酢、はちみつを加えもうひと煮立ちさせたら完成です!

ん〜いい香り(*^^*)

お好みで小口ネギや白ごまを散らしてください!

鶏肉おすすめレシピ

【レンジで5分】春キャベツの親子丼

耐熱容器ひとつでつくれちゃうので洗い物も減って一石二鳥♫

【さっぱり病みつき!】鶏塩レモン鍋

〆にはぜひうどんを…! ダイエット中でも喜んで食べられちゃう!

最後に

今日はポン酢とはちみつだけで簡単な照り焼きをつくりました…! 10分(下味つける時間を除く)でできてしまうので、疲れた日でもつくりやすくて良いですね。

鶏肉には疲労回復効果もあるので、特に夏場は積極的に摂っていきたい。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【モッパンに憧れて】ざくざく!メープル・チキン♡

「やっぱり鶏は足が一番!」そんな字幕とともに色白の女性が画面の中で微笑んでいる。

ざくぅさくっ 小気味いい音をたてて、女性は黄金色に揚がったチキンを食べる。

モッパンをみるのが好き。 どうして韓国にはあんなに美味しそうなフライドチキンがあるんだろう。モッパンが好きなひとならきっと一度は思ったはず。「どうして日本にはないの(T_T)??」

数ある食欲をそそるフライドチキンのなかでもとりわけ私の食欲をそそったのが「ハニーコンボチキン」(だったはず)。はちみつ風味の甘いチキンだそうで、ざくぅうさくっという心地よい衣の音を聞いているだけで涎が垂れた。

「いつか韓国に行ったら絶対に食べる・・・!!」

そんなふうに思っていたけれど、世界中が緊迫しているコロナ禍では行けない。そしていつ行けるかもわからない。

そこで自分でつくってみることにした。 ホンモノを食べたことがないので、完成したからって「成功!」かどうかはわからないけれど、あまぁいフライドチキンを食べてみたい一心で。

ただ、いざつくろうと思ったら我が家にははちみつがなかった。そこでちょうどあったメープルシロップを利用してつくってみることにしました(*^^*)

ーーーーーー

ざくざく!メープル・フライドチキン

〜〜・Recipe

*材料

・手羽(お好きな部位)

・メープルシロップ…手羽が8割ほど浸かるまで

・醤油…少々

・塩コショウ

〜以下【衣】

・片栗粉

・コーンフレーク

・溶き卵

*つくり方

①手羽をボウルに入れて、塩コショウをする。

② ①にメープルシロップ、醤油を入れてよく混ぜたら、ラップをして冷蔵庫に。半日ほど休ませる。

メープルシロップをかけるひと時がしあわせの絵面(*^^*)♡

③コーンフレークを適当な大きさになるまで綿棒で叩く。

④半日付けたチキンに【片栗粉→溶き卵→コーンフレーク】の順に衣をつけて揚げる。だけ!約6分ほど。 焦げやすいので菜箸でかき混ぜながら揚げることっ(*^^*)/

じゃん♪ ざくざく衣のメープルフライドチキンの完成です(*^^*)

想像していた以上に、ふんわりとメープルシロップの香り。 「ほんとうにメープル味になるのかな」と疑心暗鬼なまま調理を開始したけれど、ざくぅっとひとくち食べて「はっ」しっかりメープルの味。

これはたまのご褒美に食べたいレシピになりました(^^)♡

韓国のハニーコンボがどんな味かはわからないけれど、私のように韓国のあまぁいチキンにあこがれている方はぜひ一度お試しあれっ!

【塩の旨味】鶏むね肉のマリネ

空気が乾燥しはじめた。冬になると人の免疫力は低下し、ウィルスが活発化する。私は今年もまた病気にかからず過ごせるよう、そのひとつとして「疲労回復レシピ」に力を入れる。

鶏むね肉は疲労回復に良いらしい。

そう知って、早速レシピを調べ始めた。そこで見掛けたのがこれ。

マリネと聞くと酢漬けをイメージしていたから、レシピを見て驚いた。そして出来上がったそれを食べて更に驚いた。

「しょっぱい」

パリ、と香ばしい皮にまぶされた塩がまず舌に触れ、それからあの鶏肉特有の甘く柔らかい肉の旨味が口に広がる。

はまった。

☆材料(1人前)

・鶏むね肉…1/2枚

・A酒…大匙1

・Aにんにくすりおろし…小匙1/2

・片栗粉…大匙1

(⇓ソース⇓)

・Bオリーブオイル…大匙1

・B塩…小匙1/2弱

・Bブラックペッパー…適量

・Bにんにくすりおろし…適量

☆つくり方

①一口大に切った鶏肉をAの入ったボウルに入れてよく揉み込む。ソースの材料Bは先にすべて混ぜておくと楽。

②①の鶏肉に片栗粉をまぶして、油を熱したフライパンでしっかりと焼き色がつくまで焼く。

③火が通ったらキッチンペーパー等に取り、油を軽く落としたあとでBに入れて合わせる。完成っ!

トマトや葉野菜を一緒に入れたらさっぱり食べられるかも(^^)!

お弁当に入れても良いなぁ〜と思った。ごちそうさまでした♡

⇓オリーブオイルのボトルが緑色なのは酸化予防の1つ⇓

【超・大容量!】5.4㌔あるからワンシーズン困らない!保存する時は冷暗所で(^^)自宅まで届けてくれるから楽ちん♪

⇓黒胡椒のアクセントで料理はこんなにグレードアップ⇓

【GABAN】ちょっと食感の残った粗挽き黒胡椒だから風味も鮮明100g×2本入りです(^^)

⇓いつでも新鮮な風味を感じたい方にはホールで♡⇓

【GABAN】ペッパーミルで胡椒を挽くひと時【ジッパー付で安心】大満足の400g入りです(^^)

【ぷりうま】とりまよ定食

消費期限1日切れの鶏むね肉を見つけたのは今朝。

「そうだ!鶏肉のマリネを作ろうと思って忘れていた…!」

1回で食べるには多すぎる量の鶏むね肉を前に、私は考えた。「半分はマリネにするけれど、もう半分は…」、その時なぜかふっと頭に浮かんだのが「エビマヨ」という言葉。ケチャップが隠し味のあの甘酸っぱいエビマヨが食べたい。

そこでエビマヨならぬ「とりまよ」を作ることにした。

◎材料(2人前)

・鶏むね肉…1枚

・Aマヨネーズ…大匙1

・A酒…大匙1/2

・A醤油…大匙1/2

・Aにんにくチューブ…小匙1/2

・A生姜チューブ…小匙1/2

・片栗粉…適量

・Bマヨネーズ…大匙2

・Bケチャップ…大匙1

・B砂糖…小匙2

・B酢…小匙1

・B塩コショウ…少々

◎作り方

(下準備:AとBをそれぞれおボウルに混ぜておく)

①ひと口大にカットした鶏むね肉をAのボウルに入れてよく揉み込み、15分〜20分置く。

②①に適当に片栗粉をまぶして、フライパンで焼く。

③②に焼き色がつき、火が通ったら、油を切ってからBのボウルに入れて和える。完成っ!

(Nadiaさんのレシピを参考にしています(^^))

めちゃめちゃ簡単で、外側はぷりっとして中はふんわり。ケチャップとマヨネーズの酸味ある甘いソースがまた美味しい。これはご飯片手に食べるやつです。

⇓温かみのある木のボウル⇓

割れにくいアカシア製のボウルです♪直径20センチでサラダにもスープにも(^^)

⇓明るい色味で朝から心が軽くなる⇓

明るいナチュラルカラーのボウルも(^^)モリモリとサラダを食べたくなっちゃうボウル

⇓ボウルが木製ならもちろんフォークとスプーンも⇓

天然木材の食器セットです(^^)接着剤不使用で安心♪