【かもめ食堂にも出てきた】シナモンロールのつくり方

ふんわりと、懐かしく甘ったるいにおいがオーブンから漂うと、日頃の疲れもコロリと癒える。

先日初めて「かごめ食堂」という映画を観た。簡単なあらすじは「長い前置き」で。

長い前置き(映画「カゴメ食堂」のあらすじ」)


「フィンランドで食堂をひらく女性・サチエ。まいにちカップを磨きながら、客を待つがなかなか来ない。ある日ついに初めての客がやってくる。日本かぶれのフィンランド人の青年だ。

彼は突然歌い出す。

〜ダラダ、ダラダ、ダラダ〜♫

彼は「ガッチャマン」の歌詞が知りたいという。サチエはとっさに思い出すことができず、自分までその歌のメロディーが頭を離れなくなってしまう。

歌詞のことで悶々としながら入ったカフェで、サチエはひとりのアジア人の女性を見つける。彼女の手にはカタカナで「フィンランド」。サチエは思い切ってその女性に声をかける。

「あの、すみません。ガッチャマンの歌詞をご存知ありませんか。」

その一言からふたりの会話ははずみ、なりゆきでサチエはその女性(ミドリ)を家に招き、ミドリはサチエの食堂を手伝うようになる。


始まりはそのような感じなのだけれど、人の来ない食堂に人が集まることになるきっかけがシナモンロールなのだ。

フィンランドの定番であるシナモンロールを焼くと、そのだるくなるようなあまいにおいに誘われるようにしてだんだんと人が集まるように。

そのなかには様々な人がおり、失くしものをしたひとや、どうしても悲しいひともいる。

街ゆく誰もが笑顔を携えているイメージのフィンランド。

私は作中の次のセリフが印象にのこった。

「どこにいても悲しいひとはいるんですね」

軽やかで、日々のささやかな幸せに寄り添うような音楽もまたよかった。

シナモンロールのつくり方

*材料

・強力粉…200g

・卵…30g

・牛乳…110g

・バター…30g

・砂糖…15g

・塩…小さじ1/2

・ドライイースト…3g

〜シナモンフィリング

・シナモンパウダー…大さじ1(4g程度)

・砂糖…20g

・バター15g

〜アイシング

・粉砂糖…60g

・水…10g

〜つやだし

・全卵…生地で使った残りで大丈夫

*つくり方

(下準備:卵とバターは常温に。牛乳は40℃程度にあたためておきましょう。)

生地をつくっていきます。ボウルにドライイースト以外の粉(砂糖、強力粉、塩)を入れてホイッパーなどでかき混ぜましょう。

②牛乳と卵を混ぜます。

牛乳は40℃程度にあたためておき、卵は常温に戻しておいたものを使いましょう。牛乳は600wのレンジで30〜40秒温めるだけでも大丈夫です。

③①の粉のボウルの真ん中にくぼみをつくり、そこにドライイーストを入れます。そうしたらドライイーストめがけて②の卵液を注ぎます。

④捏ねてひとつにまとめていきます。

真ん中からぐるぐると指先で混ぜていき、ボウルのなかで粉類ぜんたいに水分がいきわたるようにひとまとめにしましょう。

ある程度まとまってきたら、これを作業台(まな板)の上に出して捏ねていきます。

手のひらをつかって体重をのせるように捏ねましょう。

⑤生地がなめらかになってきたら常温に戻したバターを加えてさらに捏ねていきます。

バターが加わることで生地がやわらかくなるので、生地を持ち上げて作業台に叩きつけるようにして捏ねていきます。

⑥第一発酵をしていきます。

生地をまるめて、なめらかな面を上にしてボウルに入れます。ふんわりとラップをかけてオーブンの発酵機能をつかって40℃で30分から40分ほど、生地が2倍になるまで発酵します。

⑦生地の発酵がおわったら、ガス抜きをして生地を常温で20分休ませます。

発酵が完了しているのか確かめるには、生地に小麦粉をはたいた中指を刺してフィンガーテストをします。穴がすぐにふさがらなければ完了です。

生地をやさしく手で持ち上げるようにしてガス抜きをしてまるめなおしたら室温で20分ほどおきましょう。

⑧生地を休ませている間にーシナモンフィリングーをつくります。

材料をすべて小さめのボウルに入れたら、しっかりと混ぜましょう。

⑨成形に入ります。 綿棒をつかって生地を22cm×18cmに伸ばします。

休ませた生地を作業台に出したら手のひらで生地をやさしく押して再度ガス抜きをしてから平たく伸ばしていきましょう。

⑩シナモンフィリングを塗っていきます。

縦に長くなるように生地をおいたら、手前を2cmていど残して全体にシナモンフィリングを塗っていきます。

この時、お好みでナッツやレーズンを入れても良いです(*^^*)

⑪奥から手前に生地を巻いていきます。

この時気をつけることは、きつめに巻く、ということ。でないと、後で形が崩れてしまいます。

きつめに巻くためにも、生地は均一に平らにしておきましょう。

巻き終わりは指でつまむようにしてしっかり閉じます。

綴じ目は生地を転がすようにしてなじませましょう。

⑫生地を切っていきます。だいたい2cm幅にカットしていきましょう。生地は柔らかいので、潔くカットしたほうが断面が綺麗になります。

また、切った時に形が崩れてしまいますが、オーブンに並べるときに軽く手で直してください。

⑬巻き終わったらオーブンシートを敷いたトレーに載せていき、第2次発酵に入ります。40℃で30分ほど発酵させましょう。

⑭発酵が済んだら、ようやく焼いていきます。その前に艶出しをしましょう。溶いた卵をハケでさっと塗ります。

⑮200℃に予熱したオーブンで7分から12分、ちょうど良い焼色がつくまで焼いていきます。

⑯焼き終わったらアイシングに入ります。その前に一度冷ましましょう。

アイシングの材料すべてを混ぜて、つーっとかけていきます。

もしアイシングがすこし硬ければ、少量の水を加えてデザインしやすい硬さにしましょう。

こういうのってセンスが出ますよね…。ドキドキしながら。

⑰完成です(*^^*)

あとはアイシングが固まるまで少しだけ待ちましょう。温かいコーヒーやお好みの飲み物と一緒に召し上がれ。

時間はかかったけれど、手間はそんなに感じませんでした。

最後に

まるでエスカルゴのような形をしたシナモンロール。

あまぁい香りがふんわりふわり、閉じたオーブンから香ってくる。その瞬間の幸せなこと。

今度はレーズンを入れてつくってみようかな。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【発酵いらずで簡単!】今日のおやつはホットグ♡

シナモンが香ばしい韓国のお焼き「ホットグ」を食べたのは人生で一度きり。友人の大学祭でのことだった。

パリッとあまぁい食感のあと、もっちりとした生地の中から溶け出す蜂蜜。

食べたのはもう3年も前なのにずっと忘れられないでいた。

「近いうちにまた食べたいなぁ」

と思うまま3年という年月が経ち、世の中には外出自粛の雰囲気が立ち込め、次にプロのつくったホットグを食べられる日はいつになるのか…。もう「近いうちに」とも言えなくなってしまった。

つくろう、と思ったのは、バイトで品出しをしていたときだった。野沢菜を並べながら「そう言えば子どもの頃、野沢菜のお焼きがだいすきだったなぁ。」と思い出して、それから「お焼きかぁ。あぁ甘いハットグが食べたい…」と思った。

返ってからハットグのつくり方を調べると、殆どのレシピは発酵時間も含めて120分ほどだったが、1つだけ「発酵いらずで30分」というのがあった。おなかが空いてたまらなかった私は120分など待てない。そこで30分でできる発酵いらずのハットグをつくってみた(*^^*)

発酵いらずで簡単!ホットグ

❍参考にしたレシピはDELISH KITCHENの以下のレシピです(^^)⇓

https://delishkitchen.tv/recipes/178034315412636704

焼き時間⇢私は両面をカリッとさせた後に弱火で3分ほど蒸しました(^^)

もっちりしていてとても美味しくできた♪

ひとつはチーズを入れてチーズホットグに。

くるみがザクザク美味しい。

本当にちゃっと作れてしまうので、色々とアレンジをしてみたい。肉味噌やアイスを入れても美味しそう…! お弁当にもいいかも!

ころんとしていて見た目も可愛い。ちょっと地味だけど。

チーズのあふれる姿ってどうしてこう見る者をしあわせにするのでしょう。

もっちり簡単!手作りマルゲリータとクアトロチーズ♡

これほどマルゲリータのなかにたんと佇む汚れのないモッツァレラチーズの存在について考えたことはない。

仕上げにパセリやブラックペッパーをふりかけようか、ふりかけないか、しばらく悩んで思ったのは「モッツァレラチーズは純白であるべき・・・!」ということだった。

もしここに下手にパセリやブラックペッパーをかけようものなら、なにが主役なのかはっきりせずにきっとまとまりのない印象になったことだろう。

先日、成人して初めてパンを焼いたのだけれど、パン作りとの違いを感じながら作った(*^^*)

今回は初めてのピザ作りをするに当たって「参考にしたレシピ」とつくりながら感じた「注意点」などを…!

オーブンのなかで焼き上がったマルゲリータ♡

ーーーーーーーーー

参考にしたレシピ⇓

ピザ生地はNadiaのこちらのレシピを参考にしました⇓

,https://oceans-nadia.com/user/100026/recipe/368100

(私はここにモッツァレラチーズをプラスしました!)

つくる時に感じたことはまた下に…

クアトロチーズの具材の部分はcook padのこちらのレシピを参考にしました⇓

,https://cookpad.com/recipe/2363137

ーーーーーーーーー

つくっていた時に感じたこと

①生地を混ぜるときに「水」を使うのだけど、その水の分量が「10ml」でも違うと、生地の質感(硬さ)が全く違う。

②ピザ生地が硬いとなかなか成形(丸く伸ば)しにくい。

③ピザ生地は、具材を乗せて焼くとき3〜5倍に膨らむ。

④焼く前の厚さは、ふんわりさせるなら0.6㍉〜0.8㍉

⑤当然だけれど焼き立てのピザはめちゃくちゃ熱い。オーブンもとても熱いので火傷に要注意!

⑥お皿に移すときにはクッキングシートごとお皿へ移動させて、それからそっとクッキングシートを抜くと良い。

⑦最後に。クアトロチーズは蜂蜜よりもメープルシロップがけっこう合う(個人的な感想)。

ーーーーーーーーーー

調理時間は1枚だけなら1時間30分弱。2枚なら2時間。

もし、電子レンジが150Wも備えていれば、-20分の節約ができる(詳しくはレシピを見てください(^^)/)。

生地が硬いぶん、パンと比べて捏ねるのが大変。だけれど、完成したピザをひと口頬張れば…♡

想像以上に簡単につくれてしまってびっくり。これからは月に1度は焼くことになりそうです(*^^*)

おまけ

焼く前のピザ生地。トルティーヤの生地によくあるクレーターのような「掠れたような部分」がちょこちょこっとあったけれど、破れていなければあまり気にしなくて大丈夫そう(*^^*)/

焼く前のマルゲリータ。トマトソースを塗るのがけっこう楽しかった(^^)♪ そう言えばにんにくは粗目のみじん切りにしました…!

初めてのピザ作り、とってーーも楽しかったです。

ハイジの丸パンとバターパン!発酵機能付き電子レンジを使わず発酵させる方法*

まるっこいパンへの憧れは「アルプスの少女ハイジ」を見たときから。何話だったか忘れたけれど、(確か)目の見えないおばあさんからハイジが丸っこいパンを受け取るシーンがあって、なぜかその丸パンのことを私はずっと覚えていた。

低学年の頃は、あの話の哀しさに気が付かず、ただ野原を駆ける姿に「自由」を見出し、おじいさんが器用な手付きでパンを切るのをワクワクと見つめた。

ただ、明かりの灯っていない屋敷を彷徨うハイジの「孤独」だけは恐ろしく感じていた。夢にも出てきたほど。

パンを作ろうと思い立ったことに特に理由はない。「ハイジの丸パン」を思い出したのも、パンが焼き上がってからだ。

バターの風味がふんわりとしあわせな丸パン♡
不格好でまるでコッペパンなロールパン。パンが詰まっているだけでタッパーがしあわせ。

さて、パン作りは十代の時に一度した記憶があるけれど、成人してからは初めてだった。料理に自信のない私だけれど、思ったよりずっときちんとしたパンが出来た。

せっかくだから、参考にしたレシピと、そのレシピに倣ってつくりながら私が感じた※注意点などを記録しようと思う。

ーーーーーーーー

参考サイト

◎「丸パン」参考レシピ⇓

Nadiaの「基本の丸パン」というレシピです(*^^*)

https://oceans-nadia.com/user/11285/recipe/374698

◎「ロールパン」参考レシピ⇓

DELISH KITCHENの「基本のバターロール」というレシピです♪

https://delishkitchen.tv/recipes/227636368510026115

ーーーーーーーー

発行機能付き電子レンジを使わずに発酵させる方法

さて、私はまさか我が家の電子レンジに発行機能が備わっているとは知らず、こんな方法でパンを発酵させた。その名も

「バスタブでぷかぷか発酵」

発酵させるためには室内を「40℃」程度に保つ必要がある。我が家の浴槽には保温機能がついている。

①まずは風呂の温度を40℃に設定し、風呂を沸かす(または前日のお湯を温める)。

②(発酵前の生地が入った)ボウルが入る大きさの洗面器にボウルを入れて、湯船に浮かべる。

③浴槽に蓋をして、レシピ通りの時間放置する。

だけ! 

⇑これが・・・

こんな感じに膨らみました(^^)⇓

想像以上にふんわぁりおっきくなりました(*^^*)/

つくる際の注意点・感じたこと

エプロンは絶対につけること…!! めっちゃ粉が舞う…。これは私が大着なせいだけではないと思う。

②材料にある40℃程度のぬるま湯は、ポットでお湯を沸かして水と混ぜればできる。大体、お湯と水が6:4程度。(※我が家には温度計がないため測ってはいません…。温度計は早急に買う)

③第一次発酵の前、材料をボウルに入れてヘラで混ぜたあとに手でこねる作業のこと。最初は手にベタベタとくっつくけれど問題なし!捏ねるうちに不思議なくらいきれいにまとまっていく(*^^*) あれは気持ちよかった・・・

④ロールパンの成形は難しい…。発酵したら膨らんでそれっぽい形になるのかな、と思ったけれど、フォルムはそこまで変わらないので、最後の発酵前、成形は丁寧に行うこと(T_T)

私のロールパンの発酵前と後はこちら⇓

前⇑⇓後

かくしてコッペパンのようなバターロールができたというわけです。