おうちで簡単・絶品ワンタンのアレンジレシピ3選

先日はじめて家でワンタンをつくったのだけれど、餃子やシュウマイに比べて、つかう材料が少なくて、つくる工程もすごくシンプル。想像したよりずっと簡単でした。

つくったあとはラップにくるんで冷凍しておくことも可能です。

おかずが一品足りない時にさっと茹でて使えるのでこれから重宝しそうです(^^)

ワンタンのつくり方

⇓こちらの記事に写真付きのレシピをあげています(^^)

とある1日の手抜きごはん。【ベーコンエッグバターご飯、らっきょキムチ冷うどん、ワンタンと温野菜のスープ】

*材料

・ワンタンの皮…30枚

・ひき肉…80g

・長ネギ…1/4本

・おろし生姜…小さじ1/2

・片栗粉…小さじ1

・塩コショウ…少々

*つくり方

①長ネギを微塵切りにして、片栗粉をまぶします。

②1にひき肉、生姜、塩コショウを加えて捏ねるように混ぜます。

③手のひらにワンタンを広げ、ティースプーン1杯弱ていどを載せて包んでいきます。

言葉で説明するのは難しいのですが、三角形になるように折っていきます。ただし、三角形にはせず対角の角同士をすこしずらし、それを更に半分に折って肉だねを包みます。

写真つきの包み方は、こちらのレシピを参考にしました!

https://oceans-nadia.com/user/27637/recipe/242541

④冷凍する場合はこの状態でラップなどに包み、そのまま冷凍庫へ。

スープに入れる場合は、沸騰したところへ入れて2〜3分、ワンタンが浮いてきたら火が通ったサインなので取り上げましょう。

刺し身ワンタン

所要時間:5分

とぅるっとした食感をシンプルに味わうならこれ!

*材料

・ワンタン

・醤油

お好みで⇓

・辛子

・酢

・おかずラー油

*つくり方

①お湯を沸かします。冷凍しておいたワンタンをそのままそこに入れて3分程度加熱します。

ワンタン同士がくっついていても大丈夫。茹でているときに菜箸で軽くかき混ぜればほどけます。 皮が破れないようにだけ注意しましょう!

②器に盛り付け、さっと醤油を回しかけます。 お好みで調味料をのせて召し上がれ(^^)/

わたしは麻辣おかずラー油をのせました(^^)

麻辣湯ワンタン

*材料 (2人前)

・ワンタン

・お好みの野菜…適量

・微塵切りの生姜…ひとかけぶん

・微塵切りのにんにく…ひとかけぶん

・A水…500ml

・A鶏ガラスープの素…小さじ1

・A豆板醤…小さじ1

・A酢…大さじ1/2

・A醤油…大さじ1/2

・A酒…大さじ1/2

・A花椒(ホアジャオ)…小さじ1/4

・ラー油…お好みで

・香草…お好みで

・粗挽き唐辛子…お好みで

今回肉はつかっていませんが、お好みでお肉を入れても美味しいです(*^^*)/

*つくり方

①鍋のなかでにんにく、生姜を炒めます。香りがたってきたら、野菜を炒めます。

ちなみに今日は、家にあったパプリカ、ナス、にんじんを入れました。しめじも入れようと思って表にだしておいたのにしっかり忘れた…(T_T)

②野菜がしんなりしてきたら、Aの調味料を入れて沸かします。

③最後にワンタンを入れて3分程度加熱します。ワンタンに火が通ったら完成です(^^)/

しっかり汗をかいてしまうスパイシーなスープですが、あっさりしているのでしっかり飲み干せます(^^)/

美味しい!野菜もたっぷり摂れるので、これからお世話になりそうです。

ワンタンと温野菜のスープ

*材料

・ワンタン

・コンソメ…1個

・水…300ml

・お好みの野菜

溶き卵を入れても美味しいです(^^)

*つくり方

①お湯を沸かします。その間に野菜をお好みの形にカットします。

②お湯が沸いたらそこへ野菜を入れて火を通します。

③火が通ったらコンソメを入れて、コンソメが溶けるまで煮込んで、そこへワンタンを加えます。2~3分、火が通るまで煮込んだら完成です(^^)

最後に

子どもの頃、ワンタンを初めて食べたのはたしかインスタントの「春雨スープ」。とぅるると舌触りの良いワンタンにすぐさま魅了されてしまった。

あの頃はまさかこんな手軽につくれてしまうものだとは思わなかったな。

ここまで読んでくださり、ありがとうございます(*^^*)

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

【ぷりうま】とりまよ定食

消費期限1日切れの鶏むね肉を見つけたのは今朝。

「そうだ!鶏肉のマリネを作ろうと思って忘れていた…!」

1回で食べるには多すぎる量の鶏むね肉を前に、私は考えた。「半分はマリネにするけれど、もう半分は…」、その時なぜかふっと頭に浮かんだのが「エビマヨ」という言葉。ケチャップが隠し味のあの甘酸っぱいエビマヨが食べたい。

そこでエビマヨならぬ「とりまよ」を作ることにした。

◎材料(2人前)

・鶏むね肉…1枚

・Aマヨネーズ…大匙1

・A酒…大匙1/2

・A醤油…大匙1/2

・Aにんにくチューブ…小匙1/2

・A生姜チューブ…小匙1/2

・片栗粉…適量

・Bマヨネーズ…大匙2

・Bケチャップ…大匙1

・B砂糖…小匙2

・B酢…小匙1

・B塩コショウ…少々

◎作り方

(下準備:AとBをそれぞれおボウルに混ぜておく)

①ひと口大にカットした鶏むね肉をAのボウルに入れてよく揉み込み、15分〜20分置く。

②①に適当に片栗粉をまぶして、フライパンで焼く。

③②に焼き色がつき、火が通ったら、油を切ってからBのボウルに入れて和える。完成っ!

(Nadiaさんのレシピを参考にしています(^^))

めちゃめちゃ簡単で、外側はぷりっとして中はふんわり。ケチャップとマヨネーズの酸味ある甘いソースがまた美味しい。これはご飯片手に食べるやつです。

⇓温かみのある木のボウル⇓

割れにくいアカシア製のボウルです♪直径20センチでサラダにもスープにも(^^)

⇓明るい色味で朝から心が軽くなる⇓

明るいナチュラルカラーのボウルも(^^)モリモリとサラダを食べたくなっちゃうボウル

⇓ボウルが木製ならもちろんフォークとスプーンも⇓

天然木材の食器セットです(^^)接着剤不使用で安心♪

【行楽弁当に】さつまいもと鶏肉の中華炒め

週末、彼氏と紅葉を見に行く。せっかくだから、しっかりと紅葉を楽しみたい。そこでお弁当を作っていくことにした。

秋らしい見栄えのする弁当にしたい。秋と言えば、赤に黄色…、ぱっと思いついたのはパプリカだった。それから鶏肉のカシューナッツ炒め。パプリカの鮮やかな色が綺麗で、絶対に華やかな弁当になる…!

「よ〜し、おかずがひと品決まった!」

とガッツポーズをした次の瞬間はっとした。「あの人(彼氏)、ナッツ食べられないんだった。」

とは言え、もう私の頭の中で広げられた弁当の三分の一にはちゃっかり「パプリカの入った中華炒め」が陣取っている。

ナッツの代わりになるもの…ないだろうか。ナッツが美味しいんだけどなぁ。ナッツの代わりになる秋らしい食材…。

と、そこで思いついたのが「さつまいもと鶏肉の中華炒め」。「鶏肉のカシューナッツ炒め」のレシピを参考に、カシューナッツのところをさつまいもに置き換えただけの簡単レシピです。

○材料(2人前)

・鶏肉…250g

・パプリカ(赤・黃)…1個

・さつまいも…1/2本

・玉ねぎ…1/2玉

・生姜…1カケ

・にんにく…適量

・Aオイスターソース…大匙2

・A中華スープの素…小匙1

・A砂糖…小匙2

・A水…50ml

カラフルで秋らしくって料理しながらわくわく。

○作り方

(下準備)野菜は適当にカット/鶏肉はひと口大に切って(下味)につけておく/Aは先に混ぜて置くと後で楽/

①フライパンに油を敷き、生姜、にんにくを炒めます。いい香りがしてきたら、そこに鶏肉を投入。両面に焼き色がつくまで中火で焼きます。

②鶏肉の両面に焼き色がついたら、そこへ野菜を投入し軽く炒めます。火を弱火にしたら、蓋をして弱めの中火〜弱火で火が通るまで蒸します(大体6〜7分くらい)。

③最後に混ぜ合わせたAのタレを②に入れてしっかり和えて、完成っ!

完成〜〜♪(^^)

さつまいものほくっとした甘みと、塩気のある中華ダレが絶妙(^^)

⇓【訳ありだからお買い得】焼き芋・いもけんぴ・スイートポテトに⇓

種子島♡安納芋インターネットで野菜も買えるのね♪

⇓中華料理には必要不可欠なオイスターソース♡⇓

S&Bの李錦記_特製オイスターソースです(^^)代用の利かない癖のある牡蠣の風味(^^)