【さっぱり病みつき!】鶏塩レモン鍋

うどん入り鶏塩レモン鍋

レモンってどうしてあんなに食欲をそそるんでしょう。生理前〜生理中、食欲がばかになった後はやっぱり身体を休めたくなる。そういう時はお手軽でヘルシーな鍋を食べたくなるけれど、鍋をしすぎてちょっとふつうの鍋には飽きてきちゃった。

そういうわけで今日は鶏塩レモン鍋。

見栄えもするので、ダイエットメニューにも関わらずなんだか贅沢な気分にしてくれる。なんて最高…!!

20分ほどでつくれるので、疲れていても比較的つくりやすいのもよい(*^^*)

レモンの効果など

お鍋のメインの食材・レモン。なんとなぁく「ビタミンCが多い」「美肌に効果的」な印象はあるけれど、ほかにも効果などあるのでは…?

そう思い、調べてみた。 すると…

皮膚や粘膜の健康を維持…ビタミンCの働き

抗酸化作用…ビタミンCと、皮に多く含まれるポリフェノールによる作用

消化を手助け…脂質の多い食事をした時は多くの胆汁を必要とする。レモンに含まれるクエン酸が胆汁の分泌を促してくれる。また食物繊維も含まれており、腸内の働きも活性化させてくれる

リラックス効果…レモンの香り(リモネン)には気分を安らげる効果があるそう。

*参考にしたサイト⇓

・巷で噂されるレモンに関する噂の正誤→ https://madamefigaro.jp/beauty/feature/190516-lemon.html

・ポッカレモンの公式ホームページ→ https://www.pokkasapporo-fb.jp/lemon-museum/know/component/

鶏塩レモン鍋つくり方

*参考にしたレシピ⇓

https://macaro-ni.jp/84149

具材は家にあった野菜を適当に。レシピを見た時、「あれこれはかなり薄味なのかな…」と思ったのだけど、実際につくって食べてみると全然そんなことはない。

調理時間はたった20分程度にも関わらず鶏の旨味がじんわぁり出ているほか、レモンのさっぱぁり加減が食欲を留めることを許さない。

⇓調理途中⇓ 小さな鍋でつくったから、締めのつもりのうどんがメインに見えてしまう…。うどん、すっっっごく美味しかった(*^^*)♡

ダイエットのつもりがうっかり食べ過ぎちゃう鍋。

レモンの消毒のほうほう

輸入レモンでは日本では使用を禁止されている農薬を使用して栽培されていることが多くある。安心してレモンを使用するためには消毒が必要不可欠。そういうわけで、消毒のほうほう3種類!

①粗塩を使用する

手に塩をとって、揉み込むようにしてワックスを落とし、その後で熱湯でさっと茹でる。その後はすぐに冷水でよぅく洗い流す。

②食器用洗剤を使用する

食器用洗剤を揉み込んだスポンジなどでレモンを洗って、水でよく洗い流す。

この時、あまり強くゴシゴシと洗うとレモンの皮が傷ついてしまうので注意!

③果実用・野菜用洗剤を使う

調べていて初めて知ったのだけど、果実用・野菜用の洗剤というのもあるそう。

⇓食器にも使える野菜用洗剤もあった⇓

最後に*

ちょっと気になっている食材・商品などをシェア!

⇓糖質0のうどん・平麺と丸麺のセットだからその日の気分で(^^)⇓

⇓減らせる塩分は減らしたい!減塩の鶏ガラスープの素はすっかりこれ⇓

⇓ポッカサッポロのレモン果汁!今なら普段450ml 540円のところが、130円…!⇓

自家製ダレで美味しい!お家焼き肉♡

お家焼き肉と焼肉屋で食べる焼き肉の違い

は〜〜焼き肉が食べたい!でも今はあまり気楽に外食は出来ない。出来たとしても、外で焼き肉を食べようと思うと、金銭的に気合を入れなきゃいけない。

家で気楽に食べられたら一番良いけれど、お家焼き肉ってなぜかぱっとしない。外で食べるように、一口頬張って「ふぉあ〜〜幸せ〜〜♡」となったことがなかった。

家で美味しい焼肉ってできないのかなぁ。学生の頃、そう思い、「美味しいお家焼き肉」について調べたことがあった。その時「違い」として挙がっていたのは

・焼き肉専用機

・タレ

の2点。 我が家には「焼き肉専用機」はない。けれどタレをこだわってつくってみることはできる。

そういうわけで、今回は4種類の焼き肉のタレをつくってみた。うち1種類は塩ダレ。3種類は醤油ベースのタレ。

甘みがあって子どもが好きそうなもの。コクがあってタレだけでご飯を食べられるもの。さっぱりしていて夏場に食べたくなるもの。

タレの個性は様々ですね(*^^*)

自家製焼き肉ダレ①りんご風味が癖になる!

*参考にしたサイト⇓ 「みんなの料理」コウケンテツさんのレシピです(*^^*)

https://www.kyounoryouri.jp/recipe/8683_手づくり焼き肉のたれ.html

甘いタレが好きな方や子どもは絶対にだいすきなタレ。りんごジュースの風味がくせになってとても美味しい!

焼き肉以外にも炒めた豚肉と合わせて豚丼をつくっても絶対に美味しい!

自家製焼き肉ダレ②コクうま!タレだけでご飯を食べられる!

*参考にしたサイト⇓ 白ごはん.comの「かんたん手作り!焼き肉のたれ」のレシピです(*^^*)

https://www.sirogohan.com/recipe/yakiniku/?amprecipe=1

みりんのコクが深くて美味しい。思わずご飯にさ〜っとかけて口にかき込みたくなる…!!

これはネギ丼にかけても美味しそう(*^^*)

自家製焼き肉ダレ③さっぱりすっきり大人の味!

*参考にしたレシピ⇓ cookpadでつくれぽ「400」超えのこちらのレシピ(*^^*)

https://cookpad.com/recipe/4777745

さっぱりすっきり醤油ベースの焼き肉のタレ! さっぱりしているから、どんなお肉にも合わせやすい◎

自家製焼き肉ダレ④タンに合わせて!ねぎ塩ダレ

私が「お家焼き肉はタレにこだわるべきなんだ!」と知るきっかけになった記事でもある(*^^*)⇓

https://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/nakagawa/2712

読み物としても面白い記事…!読んだらお家焼き肉がしたくなる(^^)/

焼き肉ごはん

焼き肉には「米」がなくっちゃ! いつもはシンプルに白米なのだけど、今回は特別に「焼き肉ごはん」をつくってみた。

*材料

・白米

・韓国のり

・ごま油

*つくり方

①茶碗に白米をよそう。

② ①に韓国のりをちぎってまぶす。

③ ②にごま油を少量垂らして、ふんわりと混ぜる。完成(^^)

*さいごに*

焼き肉はやっぱり家でやってもそれなりにお金がかかる。でも周囲の騒音を気にすることもなくゆったりマイペースに行えるおうち焼き肉はやっぱり良い。

2,3ヶ月に1度、ご褒美でやるのが幸せ(*^^*)

今度は瓶ビール片手にやりたいなぁ…♡

クッキングシートでパリパリ羽根つき・ひと口餃子

パリパリっと香ばしい羽。ニラの濃厚な香りを包んだ、もっちりやわらかな生地。昨日はなぜか餃子が食べたかった。それもひと口でぺろりと食べられてしまう、ひと口餃子が。

餃子そのものをつくったことはあるものの、ひと口餃子はつくったことがなかった。

そういうわけで調べながら、つくってみました(^^)/

参考にしたひと口餃子のレシピと反省点をまとめます*

餃子の日

1年365日、毎日なにかしらの記念日で、誰かがなにかを祈っている。

なんとなく餃子を食べたくなって餃子をつくったら、2021年2月8日は餃子の日だった。

旧暦で祝う中華圏のお正月「春節」。その時、中華圏の人々は餃子を食べる習慣があるのだそう。その理由は、餃子の形が古銭に似ていることから「金運」、餃子という文字が子宝に恵まれるという意味を持つことから「子孫繁栄」の縁起物であるということに由来しているのだそう。

日本では、その中華圏の春節を(株)味の素冷凍食品が「餃子の日」と制定した。

とのこと(^^)/

参考にした・ひと口餃子のレシピ

❍ベースはkurashiruの「カリカリ一口餃子」を!

https://www.kurashiru.com/recipes/c5f3343e-ad26-4115-b1d3-c8050d8fe2f2

❍羽根のつくり方はcook pad の「羽根つき餃子の焼き方」を!

https://cookpad.com/recipe/3333879

❍羽根をよりパリッとさせたい時には…

小麦粉ではなく、米粉を使用すると良いそうです◎!

クッキングシートの利用の仕方

参考にした2つのレシピではクッキングシートを使っていなかった。しかし我が家のフライパンは長くつかっているせいか焦げつきやすい。そのため、そこで羽根つき餃子を綺麗に作れる自信がなかった。

そこでクッキングシートを利用することにした。

①餃子を成形したら、まだ冷たいフライパンにクッキングシートを敷き、そこに餃子を並べる。

②水で溶いた小麦粉を流し込む。

③あとはレシピ通りに時間を待つだけ。餃子に火が通り、水で溶いた小麦粉(羽根のタネ)がパリッとした羽根になってきたら、火を止める。

④フライパンの上に皿をかぶせ、思いっきりひっくり返す。ひっくり返したら、そのままフライパンを皿から剥がす。そうするとクッキングシートがくっついたまま、皿に羽根つき餃子が移動する。

⑤クッキングシートをそっと剥がせば…、完成◎!

はじめてのひとくち餃子の反省点

成形するとき餡を入れすぎないこと。入れすぎるとしっかりと口がしまらなくなる。10円玉くらいの大きさで良い◎

キャベツとニラは塩をふって、しっかりと水気をきること。そうしないと成形しているときに水分がべちゃべちゃと出てきてしまう。

完成〜♡

羽根付き餃子とほうれん草のスープ。そしてサラダにはオリーブオイルとレモン汁、胡椒を和えたドレッシング。最近オリーブオイルとレモン汁のドレッシングの美味しさに気がついた。

はじめての一口餃子。全部で50個ぶん成形したので、1時間以上かかってしまったけれど、ふんわりと漂うニラのいい香り。頬張れば、じゅんわりと甘い肉汁と一緒に、濃厚な薬味の香りが口じゅうに広がった。

半分は酢と胡椒でさっぱりと。もう半分は醤油と酢で懐かしい味。

とてもとても美味しかった。

これで手間がなければ、50個でも100個でもひとりでぺろっと食べてしまいたかった。

手間を知ってはじめて、子どもの頃に食べたいだけ食べていたことが贅沢だったのだと思い知った。

自分が親になったら、子どもにたらふく食べさせてあげたいなぁ。

さっぱり激ウマ!サバレモンカレー♡

この間はじめて「ぶり大根」をつくって以来、「ぶりの別のレシピも食べたい…」と毎日のように思っていた私は先日「ぶりのレシピ」を色々と探していた。その時に見つけたのが「ぶりレモンカレー」。「ぶりをカレーに入れるなんて手があったのか!」と驚いた。更にレモンとカレーという試したことのない者からしたら、とても味の想像できない組み合わせ。

カレーもレモンもだいすきな私は「よしこれだ!」と思った。そして「よぅし今日こそ」とぶりを探しにスーパーへ行ったのは昨日の晩。

しかし夜遅かったからか、鮮魚コーナーにぶりはおらず…。しかし私の頭の中はもうぶりカレーでいっぱい。

どうしよう・・・どうしよう・・・。

かごを片手に鮮魚コーナーの周りを意味もなく周回する。別の魚で試せないだろうか、とケースを見たものの、あるのは「鱈」「アジ」「鮭」。ただでさえ想像のつかないカレーになにが合うのかまったく想像がつかず、別のレシピを考え始めたそのときにふっと思った。

「そう言えば、家にたくさんサバ缶があったな」

家にあるのが、缶詰ではなく生のサバだったら話は違ったろうけれど、サバ缶ならなんとなく使いやすい気がした。

「よし、サバカレーだ!」

私は決めて、レジへ向かった。

レモン香る♪さばカレー

さてかくかくしかじかそういうわけで、私は今日の昼にさばカレーをつくった。あまりに想像できなかったため、ひと口目を味わうまでコワイくらいに不安だった。

しかし

恐るおそる食べてみると、ふんわぁ〜香ばしいにんにくの風味。ルー全体に沁みわたっているる玉ねぎのコク。そして鼻から抜けるレモンの香り。

スプーンがとまらなかった。

ふだん、複数人で食事に行くと必ずと言っていい、食べ終わるのは最後になる(待たせるのが申し訳なくって残すこともある)私だったけれど、ぺろりと完食。

そう言えば、スパイスからカレーをつくったのは初めてだった。

スパイスも3種(ターメリック・クミン・コリアンダー)だけで出来ちゃいます(*^^*)

❍参考にしたレシピはこちら⇓

https://nowkore.net/archives/60119

ヒルナンデスで紹介されたレシピだそうですね!

最初はこんなに白かった玉ねぎが…

・・・・・

炒めるうちにだんだん濃くなって…

じゃーんっ!最後にはこんな色に。 玉ねぎってこんなに濃い色になるんですね。知らなかった・・・!

15分炒めるのは腕が疲れるけれど、それを除けば、カレーをスパイスからつくるのが初めてな私でもできちゃうくらい簡単なレシピ。

ライスにはバターを混ぜて、パセリ、黒胡椒も加えました(*^^*)

さっぱりすっきりとしていてとても美味しかったので、ぜひお試しあれ!

もっちり簡単!手作りマルゲリータとクアトロチーズ♡

これほどマルゲリータのなかにたんと佇む汚れのないモッツァレラチーズの存在について考えたことはない。

仕上げにパセリやブラックペッパーをふりかけようか、ふりかけないか、しばらく悩んで思ったのは「モッツァレラチーズは純白であるべき・・・!」ということだった。

もしここに下手にパセリやブラックペッパーをかけようものなら、なにが主役なのかはっきりせずにきっとまとまりのない印象になったことだろう。

先日、成人して初めてパンを焼いたのだけれど、パン作りとの違いを感じながら作った(*^^*)

今回は初めてのピザ作りをするに当たって「参考にしたレシピ」とつくりながら感じた「注意点」などを…!

オーブンのなかで焼き上がったマルゲリータ♡

ーーーーーーーーー

参考にしたレシピ⇓

ピザ生地はNadiaのこちらのレシピを参考にしました⇓

,https://oceans-nadia.com/user/100026/recipe/368100

(私はここにモッツァレラチーズをプラスしました!)

つくる時に感じたことはまた下に…

クアトロチーズの具材の部分はcook padのこちらのレシピを参考にしました⇓

,https://cookpad.com/recipe/2363137

ーーーーーーーーー

つくっていた時に感じたこと

①生地を混ぜるときに「水」を使うのだけど、その水の分量が「10ml」でも違うと、生地の質感(硬さ)が全く違う。

②ピザ生地が硬いとなかなか成形(丸く伸ば)しにくい。

③ピザ生地は、具材を乗せて焼くとき3〜5倍に膨らむ。

④焼く前の厚さは、ふんわりさせるなら0.6㍉〜0.8㍉

⑤当然だけれど焼き立てのピザはめちゃくちゃ熱い。オーブンもとても熱いので火傷に要注意!

⑥お皿に移すときにはクッキングシートごとお皿へ移動させて、それからそっとクッキングシートを抜くと良い。

⑦最後に。クアトロチーズは蜂蜜よりもメープルシロップがけっこう合う(個人的な感想)。

ーーーーーーーーーー

調理時間は1枚だけなら1時間30分弱。2枚なら2時間。

もし、電子レンジが150Wも備えていれば、-20分の節約ができる(詳しくはレシピを見てください(^^)/)。

生地が硬いぶん、パンと比べて捏ねるのが大変。だけれど、完成したピザをひと口頬張れば…♡

想像以上に簡単につくれてしまってびっくり。これからは月に1度は焼くことになりそうです(*^^*)

おまけ

焼く前のピザ生地。トルティーヤの生地によくあるクレーターのような「掠れたような部分」がちょこちょこっとあったけれど、破れていなければあまり気にしなくて大丈夫そう(*^^*)/

焼く前のマルゲリータ。トマトソースを塗るのがけっこう楽しかった(^^)♪ そう言えばにんにくは粗目のみじん切りにしました…!

初めてのピザ作り、とってーーも楽しかったです。

ハイジの丸パンとバターパン!発酵機能付き電子レンジを使わず発酵させる方法*

まるっこいパンへの憧れは「アルプスの少女ハイジ」を見たときから。何話だったか忘れたけれど、(確か)目の見えないおばあさんからハイジが丸っこいパンを受け取るシーンがあって、なぜかその丸パンのことを私はずっと覚えていた。

低学年の頃は、あの話の哀しさに気が付かず、ただ野原を駆ける姿に「自由」を見出し、おじいさんが器用な手付きでパンを切るのをワクワクと見つめた。

ただ、明かりの灯っていない屋敷を彷徨うハイジの「孤独」だけは恐ろしく感じていた。夢にも出てきたほど。

パンを作ろうと思い立ったことに特に理由はない。「ハイジの丸パン」を思い出したのも、パンが焼き上がってからだ。

バターの風味がふんわりとしあわせな丸パン♡
不格好でまるでコッペパンなロールパン。パンが詰まっているだけでタッパーがしあわせ。

さて、パン作りは十代の時に一度した記憶があるけれど、成人してからは初めてだった。料理に自信のない私だけれど、思ったよりずっときちんとしたパンが出来た。

せっかくだから、参考にしたレシピと、そのレシピに倣ってつくりながら私が感じた※注意点などを記録しようと思う。

ーーーーーーーー

参考サイト

◎「丸パン」参考レシピ⇓

Nadiaの「基本の丸パン」というレシピです(*^^*)

https://oceans-nadia.com/user/11285/recipe/374698

◎「ロールパン」参考レシピ⇓

DELISH KITCHENの「基本のバターロール」というレシピです♪

https://delishkitchen.tv/recipes/227636368510026115

ーーーーーーーー

発行機能付き電子レンジを使わずに発酵させる方法

さて、私はまさか我が家の電子レンジに発行機能が備わっているとは知らず、こんな方法でパンを発酵させた。その名も

「バスタブでぷかぷか発酵」

発酵させるためには室内を「40℃」程度に保つ必要がある。我が家の浴槽には保温機能がついている。

①まずは風呂の温度を40℃に設定し、風呂を沸かす(または前日のお湯を温める)。

②(発酵前の生地が入った)ボウルが入る大きさの洗面器にボウルを入れて、湯船に浮かべる。

③浴槽に蓋をして、レシピ通りの時間放置する。

だけ! 

⇑これが・・・

こんな感じに膨らみました(^^)⇓

想像以上にふんわぁりおっきくなりました(*^^*)/

つくる際の注意点・感じたこと

エプロンは絶対につけること…!! めっちゃ粉が舞う…。これは私が大着なせいだけではないと思う。

②材料にある40℃程度のぬるま湯は、ポットでお湯を沸かして水と混ぜればできる。大体、お湯と水が6:4程度。(※我が家には温度計がないため測ってはいません…。温度計は早急に買う)

③第一次発酵の前、材料をボウルに入れてヘラで混ぜたあとに手でこねる作業のこと。最初は手にベタベタとくっつくけれど問題なし!捏ねるうちに不思議なくらいきれいにまとまっていく(*^^*) あれは気持ちよかった・・・

④ロールパンの成形は難しい…。発酵したら膨らんでそれっぽい形になるのかな、と思ったけれど、フォルムはそこまで変わらないので、最後の発酵前、成形は丁寧に行うこと(T_T)

私のロールパンの発酵前と後はこちら⇓

前⇑⇓後

かくしてコッペパンのようなバターロールができたというわけです。

【モッパンに憧れて】ざくざく!メープル・チキン♡

「やっぱり鶏は足が一番!」そんな字幕とともに色白の女性が画面の中で微笑んでいる。

ざくぅさくっ 小気味いい音をたてて、女性は黄金色に揚がったチキンを食べる。

モッパンをみるのが好き。 どうして韓国にはあんなに美味しそうなフライドチキンがあるんだろう。モッパンが好きなひとならきっと一度は思ったはず。「どうして日本にはないの(T_T)??」

数ある食欲をそそるフライドチキンのなかでもとりわけ私の食欲をそそったのが「ハニーコンボチキン」(だったはず)。はちみつ風味の甘いチキンだそうで、ざくぅうさくっという心地よい衣の音を聞いているだけで涎が垂れた。

「いつか韓国に行ったら絶対に食べる・・・!!」

そんなふうに思っていたけれど、世界中が緊迫しているコロナ禍では行けない。そしていつ行けるかもわからない。

そこで自分でつくってみることにした。 ホンモノを食べたことがないので、完成したからって「成功!」かどうかはわからないけれど、あまぁいフライドチキンを食べてみたい一心で。

ただ、いざつくろうと思ったら我が家にははちみつがなかった。そこでちょうどあったメープルシロップを利用してつくってみることにしました(*^^*)

ーーーーーー

ざくざく!メープル・フライドチキン

〜〜・Recipe

*材料

・手羽(お好きな部位)

・メープルシロップ…手羽が8割ほど浸かるまで

・醤油…少々

・塩コショウ

〜以下【衣】

・片栗粉

・コーンフレーク

・溶き卵

*つくり方

①手羽をボウルに入れて、塩コショウをする。

② ①にメープルシロップ、醤油を入れてよく混ぜたら、ラップをして冷蔵庫に。半日ほど休ませる。

メープルシロップをかけるひと時がしあわせの絵面(*^^*)♡

③コーンフレークを適当な大きさになるまで綿棒で叩く。

④半日付けたチキンに【片栗粉→溶き卵→コーンフレーク】の順に衣をつけて揚げる。だけ!約6分ほど。 焦げやすいので菜箸でかき混ぜながら揚げることっ(*^^*)/

じゃん♪ ざくざく衣のメープルフライドチキンの完成です(*^^*)

想像していた以上に、ふんわりとメープルシロップの香り。 「ほんとうにメープル味になるのかな」と疑心暗鬼なまま調理を開始したけれど、ざくぅっとひとくち食べて「はっ」しっかりメープルの味。

これはたまのご褒美に食べたいレシピになりました(^^)♡

韓国のハニーコンボがどんな味かはわからないけれど、私のように韓国のあまぁいチキンにあこがれている方はぜひ一度お試しあれっ!

【意外と簡単!】はじめてのぶり大根

冬だしなぁぶり大根食べたいなぁ。そんな事を思ったのはたしか2020年12月頭。それから2ヶ月が経ち、年も明けた。

そして今日、ようやく「ぶり大根」をつくった。

「ぶり大根」

ひらがなと漢字ではまったく別料理に思える。「ぶり大根」はなんだかこちらをからかっているようなお茶目な雰囲気があるけれど、「鰤大根」はなんだか漢のためにつくられたかのような勇ましさを感じる。

そんなことを思いながら調理。

いろんなレシピを見比べながら驚いたのは、調味料の少なさ。「醤油・酒・砂糖」それだけ。

「ぶり大根」と言えばシンプルながら奥行きのあるやさしい味わい。それがその3つだけで表現できるのか、と。しょうじき、ちょっと疑いながらつくった。

ーーーーーーー

ぶり大根

〜〜・Recipe

*材料(2人前)

・ぶり…2切れ

・大根…300~350g

・生姜…ひとかけ

・酒…100ml

・水…300ml

・醤油…大さじ2.5

・砂糖…大さじ2弱

*つくり方

①大根は1.5センチほどの厚さにカットしたあと皮を剥き、半月型に切る。 ぶりは食べやすい大きさ(大体3センチ)に切り、生姜は千切りにする。

②鍋に大根を敷き詰め、その上にぶり、生姜を載せる。そこへ酒と水を入れたら蓋をして火にかけ、煮立つまで待つ。

③鍋がぐつぐつ言い出したら蓋を開けて、アクを取り除く。それから残りの調味料(醤油、砂糖)を入れて落し蓋をする。あとは中火で15分ほど待つだけ。

※その間、たまぁに汁をかけてあげること。

④お皿に盛り付けたら完成っ♪

ーーーーーー

ごとごと煮詰めた大根は繊維が溶けて、表面がなめらかぁな飴色に。竹串を挿してお散歩したくなるようなツヤツヤな大根になった。

もう盛り付けている段階で「わぁ綺麗」とドキがむねむね。

おそるおそるひとくち。 ふんわぁり、やわらかな甘味が舌に触れた。ふんわぁり、ふんわぁり。やわらかくってびっくり。

美味しいぶり大根を自分がつくれる幸せを感じながら、ひとくち、ひとくちを味わった。

おばあちゃんがつくってくれるような料理を自分がつくれると、なんだかすごく包み込まれているような気分になるのはどうしてだろう。その湯気のなかで目を閉じているうちは、なにも恐れる必要などないような気になる。

2人前つくってしまったので、残りは明日の朝ごはん。あぁ朝がたのしみ。

ただ「旨いっ!」キム納豆トースト♡

キムチが好き。納豆が好き。朝、キッチンに立って「なにを食べよう」と辺りを見回したら、食べかけのパン1/2枚を見つけた。冷蔵庫のなかを見たら「納豆」が目に付き、それから「キムチ」を手にとった。

「よし、今日はひさしぶりに納豆トースト。キムチ入りのスペシャルなやつ!」

※納豆の効果について調べたので、それは最後に載せます(*^^*)

ーーーーーー

キム納豆トースト

〜〜Recipe

*材料

・パン

・納豆

・キムチ

・溶けるチーズ

・ケチャップ

・マヨネーズ

・海苔

・バター(またはマーガリン)

*つくり方

①具材をのっけるまえにパンは軽くトースト(我が家では約2分)。その間に納豆は混ぜておく。

②すこしカリッとしたパンバターをうすーく塗って、キムチをなるべく平らになるように載せたらそこに納豆をかける。そこにマヨネーズ&ケチャップを適当にかけて溶けるチーズを振りかける。

※ここでネギやシラスを加えても良いっ!

③ ②をトースターで焼く。チーズが溶けるまで。大体5分ほど。

④うまい具合にチーズが溶けたら、トースターから取り出して、そこに海苔をふりかけ・・・完成っ♪

デザートにはフレンチトースト♡ 海苔かけるの忘れている…。

これが旨くないわけがないっ!! とても美味しかった(*^^*)

そしてこのトーストを食べながら考えた。

「納豆って熱を入れると匂いがつよまってコクが増す気がするのだけれど、キムチのように加熱することで旨味成分がアップしているのかな?

気になったので早速調べたみたら、どうもそういうわけではないよう。また、納豆って食べる時間帯によって効果が違うそう。びっくり。(その情報は以下⇓)

ーーーーーーー

納豆の栄養と効果

古来より「健康食品」として日本人に頼られてきた食材・納豆。納豆には私達の身体の形成に必要な栄養素がバランスよく入っているそう。

例えば、細胞の成長や再生を促すビタミンB群、新陳代謝や老化防止の効果が期待できるポリアミン、腸内環境を整える食物繊維、骨の健康に不可欠なカルシウム。その他にも、女性ホルモンのバランスを整えるイソフラボン、肌荒れの改善に役立つ納豆に含まれる大豆レシチンなど女性に嬉しい栄養素も豊富に含まれている。

しかし納豆自体は熱に弱いそうで、加熱すると栄養素が多く失われてしまうのだそう。それなのでもし効率的に納豆の栄養素を摂取したければ常温で摂取するのが1番良いよう。

また納豆は一緒に摂取する食材によって効果が変わるようで、発酵食品と一緒に摂取すると相乗効果によって腸内環境を整えてくれる効果。血行促進効果が期待できるマグロ、ゴマ、シソなど血行促進に効果のある食材を一緒に摂取すれば、血行促進はもちろんのこと、コレステロールを下げることが期待できるそう。また生姜、梅干し、ニンニク、ネギ、玉ねぎなどを合わせれば、納豆のビタミンB1の吸収を高め、疲労回復に効果があるそう。

また食べる時間帯によって効果も変わるそうで、朝食べればタンパク質が熱を体内で作り、代謝アップ、冷え性予防などが期待でき、夜食べるとタンパク質が寝ている時の成長ホルモンの材料となり、美肌を作るサポートをしてくれるそう。

食べる時間によって効果が変わるなんてすごい!そして面白い…!

栄養をしっかり摂取するためには常温で、とのことだったけれど、私は納豆のグラタンやトーストが大好き。これからもたまに「ご褒美」としてしっかり火を入れた納豆料理を食べる(*^^*)

火を入れなくても美味しい納豆料理も作ろう。

1度で2度美味しい牡蠣の水炊き♡

いつものようにスーパーをぷらぷらしていたら、牡蠣が安くなっていた。冬が明ける前に、と思い今日は牡蠣の水炊き

水炊きにしようと思った理由は「なんとなく」。なんとなく、ポン酢で食べたいなぁと思った。そうして私は初めて「牡蠣の水炊き」をつくってみた。

牡蠣の水炊きをするに当たって「水炊きってなんだろう?」と思った。

調べてみたら、水炊きの起源は九州と関西だそうで、また九州と関西では水炊きのレシピは違うよう。九州の水炊きは「水から炊き出した鶏のスープ」をベースにしており、鶏の出汁を味わう料理。いっぽう、関西の水炊きはもっとシンプルで「昆布を敷いた鍋に水を張って具材を煮たもの」を言うそう。

また牛肉や豚肉を煮た場合には「しゃぶしゃぶ」、白身魚の場合には「ちり鍋」。その違いを知らなかった私は、ははぁなるほど、と納得した。

貝類を煮た場合にはなんというのかわからないから、今回は「牡蠣の水炊き」という料理名にしておく。

牡蠣が8個入りだったので、昼につくって昼と夜とで分けて食べることにした。昼はふつうに「牡蠣の水炊き」、夜はそれをちょっとアレンジして。

冬は身体の内側からじんわり温めたい。

ーーーーーー

牡蠣の水炊き

〜〜・Recipe

*材料

・昆布

・水

・牡蠣

・好きな野菜(にんじん・もやし・しめじ・ねぎ)

・しらたき

・ポン酢

*つくり方

(下準備:牡蠣は塩水でゆすいでおく/野菜は適当に切っておく/しらたきは軽く茹でておく。規定時間より1~2分短めで)

①鍋に昆布を敷いて、水を入れる。火をつけて、水が煮立ったら昆布を取り除く。

②固めの具材から順番に火を入れていく。すべての具材にほとんど火が通ったら最後にしらたきを加えてひと煮立ちさせる。

③器にポン酢を入れて、すこぅし鍋から煮汁をとって。お好みで大根おろしを混ぜて召し上がれ(*^^*)

お好みでタバスコをかけても美味しい(*^^*)

今回は入れなかったけれど、最初の具材を入れる時一緒に「生姜」を入れたらもっとぽかぽかしてよかったな、と思った。

さて、次は夕ご飯…!

ーーーーーー

夕ご飯のメニューはもう昼ご飯をつくった時に決めていた。身体の内側からじんわり温めてくれ、なんだか胸がホッとする「味噌スープ」。

牡蠣の味噌スープ

*足す材料

・味噌…1人前大体大さじ1

*つくり方

①昼につくった牡蠣の水炊きを温める。

②温まったら味噌をとく。それだけ!

私は青のりをちょっとふりかけました(^^)/ 七味をかけてももちろん美味しい。 それにしても写真をとるのは難しい…(T_T)

味噌の乳酸菌は50度、酵素は70度で死んでしまうため、きちんと火を止めてから溶くことで栄養素をしっかり摂取することができます(*^^*)

やっぱり夜はほっとできるご飯じゃなくっちゃ。

【1品3・3・10分!】夜のおかずにもう1品・トマトレシピ♡

オンリートマトなゆうごはん。

時期じゃないのに最近なんだかトマトがキテいる。子どもの頃は、トマトの水っぽさとじゅわりと弾ける種の食感が苦手だった。それがここ数年で気にならなくなり、今はそれが好きになっている。

トマトは人参やきのこに比べるといつも割高だけれど、冷蔵庫に切らしたくない野菜のひとつ。

今日はそんなトマトをつかって、1品3分でできちゃう簡単おかず3品を作りました(^^)

〜〜〜

◎トマトのさっぱりナムル(約3分)

砂糖の甘みで酸味が引き立つ(^^)

*材料

・トマト中…1個

〈タレ〉

・白ごま…大さじ1/2

・酢…小さじ1

・塩…小さじ1/3

・砂糖…小さじ1/3

・ごま油…小さじ1/3

*作り方

トマトを乱切りにする

ボウルのなかでごま油以外のタレの材料を混ぜ合わせ、そこにトマトを入れてさっと和える。

②にごま油を入れて軽く和えて、完成♪

〜〜〜

◎トマトのゴマおかかサラダ(約3分)

かつお節の香りがたまらない…。これはひとりでトマト3つは余裕でいけちゃう。

こちらはNadiaに掲載されていたレシピを参考にしました(^^)/⇛ https://oceans-nadia.com/user/22780/recipe/322528

*材料

・トマト中…1個

・かつお節…1袋(3g)

・Aめんつゆ(三倍濃縮)…大さじ1

・Aすり白ごま…大さじ1

・Aごま油…小さじ2

・A酢…小さじ1

・A醤油小さじ1/2

・A砂糖…小さじ1/2

・生姜すりおろし(チューブでも)…1〜2cm

*作り方

①トマトはヘタを取って乱切りに

②ボウルに①のトマトとかつお節、A(タレの材料)を入れてやさしく混ぜ合わせる。

③器に盛って召し上がれ♡

〜〜〜

◎トマトのチーズ焼き(約10分)

文句なしに美味しい…!焼くことでトマトの瑞々しさをより味わえるっ(^^)/

*材料

・トマト中…1個

・塩…少々

・溶けるチーズ…お好みの量で

・黒胡椒…お好みの量で

・パセリ…お好みで♡

*作り方

①トマトを輪切りにする。

②輪切りにしたトマトの両面に軽く塩をふりかけ、5分ほど放置。(トマトの水分を浮かせて、旨味を凝縮させる)5分後、表面に浮いてきた水分をキッチンペーパーで軽く拭う。

③ ②の上に溶けるチーズを載せて、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。

④黒胡椒とパセリを適当にふりかけて完成っ♪

〜〜〜〜〜〜

以上、3分3分10分で作れるレシピでした。

トマトの他にも、最近スーパーでズッキーニを見掛けて「季節じゃないのに!」と驚いた。1年中好きな野菜が食べられるなんて、なんて贅沢な時代に生まれたんだろう。

ただやはり自然な気候で育った野菜のほうが味に深みがある気もするので、また夏になったら、たっくさんトマトを使っておかずを作りたいなぁ(*^^*)と思う今日でした。

こちらはヘタをくり抜いたら「♡」になった賢いトマト(*^^*)