季節感じる・4日分の作りおき【ごぼう、人参、小松菜・ピーマン・万願寺とうがらし】

朝はやくに起きて弁当をつくるようにしていたけれど、やはり前日までに作っておいたほうが朝はゆっくりできて良いと思うようになったここ最近。

そういう理由で今日は4日分の作りおきをしました。

かかった時間としては1時間半くらい。キッチンがちょっとまだ使い勝手が良くなくて、時間がかかってしまった。

レンジも活用することで洗い物を極力減らしてつくった。

レンジで!小松菜と人参のおひたし

そろそろ菜っ葉が食べたいと思っていたところ、スーパーで小松菜が安かったので。

*材料

・小松菜

・にんじん

・酒

・白だし

・醤油

・ごま油

*つくり方

①小松菜はざっくり、5cm幅に。人参は千切りにします。

②それらを併せて耐熱容器に入れます。

③野菜にお酒と白だしをひとまわしして、電子レンジで野菜がしんなりするまで温めます。

④火が通ったら醤油、ごま油を回しかけてさっと和えます。お好みで鰹節をかけてさらに和えたら完成です(^^)/

無限おかず・ピーマンのくたくた

大好きっ・・・!いくらでも無限に食べられちゃう。

*材料

・ピーマン

・砂糖

・醤油

・酒

*つくり方

①ピーマンは千切りにします。

②フライパンにごま油を敷いて、加熱します。油が温まったらピーマンを炒めます。

③ピーマンがくたくたになってきたら、調味料で和えて、その水分が飛ぶまでさらに加熱します。

万願寺とうがらしのおひたし

職場のひとが京都で毎年食べると自慢してきて以来ずっと気になっていた万願寺とうがらしをスーパーで見つけて購入。一気におひたしにしちゃいました。

*材料

・万願寺とうがらし

・白だし

・酒

・醤油

・鰹節

*つくり方

①万願寺とうがらしはヘタをとって半分にきります。

②これを半分に開いて中の種を取り除きます。その後でこれを千切りにしましょう。

③2を耐熱容器に入れて、そこに白だしと酒をまわしかけ加熱します。600wで2分くらい。

③加熱後、シンプルに醤油と鰹節をかけてさっと和えたら完成です(*^^*)

きんぴらごぼう

ごぼうと言えば…!

*材料

・ごぼう

・人参

・砂糖

・醤油

・酒

*つくり方

①ごぼうと人参を千切りにします。

ごぼうの方は、千切りにしたあとで水にさらしましょう。

②ごぼうのアク抜きができたら、水気を切って炒めていきます。

お好みの硬さになるまで、炒めましょう。 火が通ったら調味して完成です。

鶏とごぼうの炊き込みご飯

ごぼうの香りを最大限に生かした炊き込みご飯。これはたまらん…!

*材料

・ごぼう

・鶏むね肉

・お米

・酒

・醤油

*つくり方

①ごぼうはささがきに。鶏むね肉は一口大にカットします。

②研ぎ終えたお米に1をのせて、酒、醤油で味付けをします。

③あとは炊飯器で炊くだけ。完成したら、ごぼうのいい香りがふんわりと漂ってきます(*^^*)

ふんわりと混ぜてくださいね(*^^*)

作り置きのメリット①

作り置きをしてみて感じたことは、作り置きをしておくと弁当が豪華になるということ。毎朝何品もつくるのは大変だけれど、作り置きをしておけば弁当に複数のおかずを入れられる。

今度は和風だけじゃなくて、洋風のおかずも作り置こうかな。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

Shiori's Diner~おなかを満たして_こころを満たす~ - にほんブログ村

まいにち30分弁当:17週間目

9月19日日曜日:サーモンのクリームパスタ

寝起き20分と経たず、着替えだけ済ませて近所のコンビニへ。スパゲッティがなかったから。

きのうとは打って変わってきょうはいい天気。帰るともうお腹はペコペコ。

スパゲッティを茹で、ソースをつくって、弁当に詰めて、あまったぶんを朝ごはんにすこし味見した。

(味付けはコンソメ少々と醤油少々だけ)

サーモンにもともとついていた塩気が豆乳にほどよく溶けて自然なアクセント。ブラックペッパーをかけ忘れたけれど、それがなくても十分にしっかり味がついていて美味しい。

これは、幸せ。

9月20日月曜日:サンマの竜田揚げあさりの炊き込みご飯弁当

冷凍のあさりが安かったので炊き込みご飯に。また、秋といえば「サンマ」。頭としっぽを切り落として骨を削いで…。片栗粉をまぶして焼いただけ。竜田揚げってほんとう美味しい。

炊き込みご飯のあさり、けっこう入れたつもりだったけれど気持ちもっと入れてよかったかなぁと思った。

9月21日火曜日:もずくの豚肉炒め_人参の炊き込みご飯

夏になると食べたくなるおかずのひとつが「もずくと豚肉の炒めもの」。味付けはもずく酢と焼き肉のタレだけ。

にんじんの炊き込みご飯は微塵切りにしたにんじんをたっぷりとみりん、醤油だけ。今度はかつおだしで炊いてみようかな。

9月23日木曜日:たっぷりキノコの炊き込みご飯豚肉のマヨネーズ焼きピーマンのくたくた弁当

きのこがたっぷり余っていたので、そろそろ消費しないとまずいと思ってぜんぶ炊き込みご飯に。

炊きあがるとすんっとキノコたちが釜のなかで寝そべっていてあとはさっくり混ぜて完成。

食物繊維もたっぷり摂れてよい。

豚肉のマヨネーズ炒めは安定の旨さ。マヨネーズ、醤油、みりんでかんたんに味付け。

ピーマンはくたくたにすると2個3個ぺろっと食べられちゃう。

9月24日金曜日:生姜焼きと夏の名残野菜炒め弁当

夏野菜をたっぷり炒めて、生姜焼きと。

先週買った豚こまはまだのこっている。

9月25日土曜日:さつまいもの中華炒め弁当

昨年、恋人と紅葉を見に行くときに「行楽弁当」に入れようと思って考えた「さつまいもの中華炒め」。今年は自分の弁当のために。

「鶏肉カシューナッツ炒め」をアレンジしたこのレシピ。今回は鶏肉がなかったので豚肉で。じゅうぶんに美味しかった。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

30分で満腹弁当:16週間目

引越しも住み、一人暮らしが始まった。週の終わりには冷蔵庫もようやく届き、来週からは本格的に料理ができる。

この1週間は冷蔵庫がなかったのでお腹を壊さないかひやひやだった。

生モノはすぐに使わなくてはいけないから、仕事帰りに毎日スーパーへ立ち寄って買い物。

でもそんな不便な1週間もなかなか工夫のしがいがあって面白かったな。

9月14日火曜日:天津飯弁当

まだ冷蔵庫が届いていないので、あまり生モノは使わずの調理。

餡の味がちょっと薄かったけれど、ふんわりかに玉が美味しかった。

緑があったらもうちょっと良かったなぁ。

9月15日水曜日:トマトと豚肉のスタミナ炒めとミネストローネ

ごはんにサバ缶、大葉、マヨネーズ、醤油、白ごまを混ぜて。

炒めものは、にんにく、とまと、豚肉でちゃっと和えて。

トマトを使おうとしたら4つ残っていたうちの1つにカビが生えていたので全部使ってしまうことに。

そういうわけで写真にはうつっていないけれどミネストローネも。

9月16日木曜日:ゴージャスポテサラ、豚肉と長芋のさっぱりマスタード炒め

見かけるとついつい買ってしまう長芋ののこりがずっとあった。それをどうにか使ってしまおうというわけで、角切りにして豚こま、微塵切りにしたしいたけと炒めた。にんにくの香りのしみたオリーブオイルで。

ちゃっと炒めたあと、砂糖、みりん、醤油、粒マスタードで調味。ものすっごく私好みの美味しい炒めものでした。

また、同じようにずっとのこっていたじゃがいもに生ハム、ゆで卵、マヨネーズで混ぜ合わせてポテトサラダに。

夜にはこのポテサラと豚肉と長芋のマスタード炒めを混ぜ合わせて、片栗粉をつなぎして焼いたものをつくったのだけど、美味しかった。

こんな感じ。かりっとしていて。

9月18日土曜日:にんじんの炊き込みご飯と鮭の味噌焼き弁当

朝5時半に起きて人参を微塵切りにして白米と一緒に釜へ。野菜を炒め、鮭を焼き、味噌とマヨネーズを混ぜたソースを塗った。

さて私の特性として1番周囲に言われるのはなにか。それは「忘れんぼう」。

職場に着いて私は悲鳴を上げた。

「わすれたっ!!!」

靴を履こうとそばに置いたっきり、弁当を忘れて私は家を出ていた。

かくかくしかじかそういうわけで、私の昼ごはんはアーモンドミルクとカップスープのみになった。

立ち仕事の最後2時間は帰ってから弁当を食べるということだけで頭がいっぱい。

お腹ぺこぺこで食べた晩ごはんの美味しいこと。週に1回くらい、こんな日をわざとつくっても良いかもしれない、なんて思ったりした。

メインのつもりじゃなかったけれど、この野菜炒めがとっても美味しかった。にんにくの香りのしみたオリーブオイルでトマト、しいたけ、じゃがいもを炒めて、バター、ブラックペッパー、醤油で味付け。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

30分でまんぷく弁当:15週間目

引越しをしたりとばたばたな1週間のお弁当。

彩りを意識してつくると、気持ちがぱらりぱらりと晴れて良い。

9月7日火曜日:厚揚げと野菜のオイスターソース炒め弁当

見ての通り、手抜き。

こんな日があってもいいよね。

9月8日水曜日:とろぉりハムチーズオムレツ弁当

おしゃれな朝ごはんを食べたい、という軽率な理由で買ったサラミ。それを使いたくってオムレツのなかに仕込んでみた。チーズと一緒に。

そうしたらこれが想像以上の当たり。

とっても美味しかった。

9月10日金曜日:コーン混ぜご飯と人参の肉巻き弁当

なにかの動画で腰を丸めたおばあちゃんがコーンの混ぜごはんをつくっているのをみたのが数週間前。それ以来ずっと自分でもつくりたかったコーン混ぜご飯。ようやくつくってみた。

彩りがきれい。ランチョマットもこだわると気持ちも晴れやかで良いですね。

9月11日土曜日:秋鮭の炊き込みご飯と和風オムレツ弁当

まだそんなに料理をしなかった中学生のころ。どういう経緯だったのか、自分で炊き込みご飯を炊いた。その時の材料が「秋鮭・人参・こんぶ」だった。

秋になるといつも思い出す。そして食べたくなる。

またこの和風オムレツが絶品。大成功なり。

9月12日日曜日:鶏肉としめじの炊き込みごはんと肉じゃがのおばあちゃん弁当

1枚ぶんの鶏もも肉。半分を炊き込みごはん、もう半分を肉じゃがに。

職場の主婦の方にふわっと声をかけられた。「あら美味しそうなお弁当」それから「自分で作ってるの?」

サンドイッチマンのコントをyoutubeで見ていた私は片方のイヤフォンを外して答える。

「あはい」

30分で毎日弁当:第14週間目

夏祭り大作戦ののち、9月。今年の夏にも悔いが残らないようにと食べたズッキーニ。

今年に入ってから様々なことがあって、またこの8月にも様々な変化があった。

行動に制限がある日々のなかでも起こった変化のひとつひとつが私の夏を鮮やかに記憶に刻んでくれた。

8月29日(日)夏祭り弁当2:塩焼きそば

夏祭りらしく、紙のランチボックスをつかって。

「なつやすみおめでとう」

夏の風物詩のひとつはやっぱりこれ、塩焼きそばでしょう!

お花畑をイメージしたおかずも添えて。

8月30日(月)夏祭り弁当最終日:タコ焼き

8月最後の出勤日。夏祭りも最終日。

屋台飯の定番のひとつは「たこ焼き」に違いない。

たこ焼きだけでは寂しいので味玉と、夏野菜のソテーも添えて。

この夏祭り大作戦のことはこの記事にまとめてあります。よろしければ⇓

週末勤務に夏祭り弁当【毎日弁当】

9月3日(金)夏野菜のトマト煮込み弁当

夏も暮れてきたというのにまだズッキーニをあまり食べていない…。そういうわけで今日は夏野菜のトマト煮込み。

にんにくが利いていて、香ばしくってたまらない。

ズッキーニのみずみずしさには旨みがつまっている。

9月4日(土)ハヤシライス弁当

朝からぐつぐつ、ぐつぐつ

子どもの頃に好きだった食べ物ベスト5のひとつがハヤシライス。

大人になっても好きなものは好き。

9月5日(日)親子丼弁当

黄金色の原っぱ。

鶏もも肉があったので親子丼。

野菜がたらないなぁと思ったのできんぴらとトマトを添えて。

週末勤務に夏祭り弁当【毎日弁当】

社会人になって3ヶ月。仕事に慣れようと過ごしているうち、夏も終わりに差し掛かっている。

仕事柄、週末は要出勤。

夏が暮れるころになってようやく、夏をもっと楽しみたいという気持ちになって、今週末はちょっとスペシャル夏祭り弁当にすることに。

コロナのためにお喋りも厳禁な休憩室で、私の手元はひとり夏祭りなり。

夏祭り1日目:広島焼き_唐揚げ_きゅうりの1本漬け

*本日のメニュー

・きゅうりの1/2本漬け

・唐揚げ

・たっぷり紅生姜の広島焼き

①きゅうりの1本漬け

やっぱりこれがなくっちゃね。さすがにまるまる1本はお弁当袋に入らなそうだったので1/2本にして。

②唐揚げ

朝起きて鶏もも肉を塩麹に漬ける。しばらく漬け込んだあと片栗粉をまぶして揚げれば完成。170度くらいで4〜5分揚げて予熱で火を通すと冷めてもふっくらした唐揚げに。

③広島焼き

朝から鉄板を出してダイニングテーブルで焼く。生地をつくってキャベツを刻んで。

揚げ玉もたっぷ〜り!

鰹節が踊る

生地がけっこうすぐに固まる

ひっくり返して…

隣で焼きそばも焼く。お好みでおたふくソースをかけて

そこにさっと本体をのっける

そんでもって卵を割って…

火が消えていることに気が付かず、びよ〜んと白身がのびてクリオネのよう

最後にはどうにか卵の形を整えて、さっとすべて重ねて完成〜〜っ!

ーーー*

偶然駅で見かけた金魚の羊羹。どうも青森のお土産らしい。お祭りの定番「金魚すくい」をモチーフにしたお菓子。安っぽいピンク色の紐が懐かしさを掻き立てる。

よくお菓子をくれるメーカーのおじいちゃんと仲のいい社員さんにひとつずつお裾分け。

夏祭り2日目:塩焼きそばとお花畑弁当

*本日のメニュー

・塩焼きそば

・花畑

焼きそばってほんとうにかんたん。夏の美味しい風物詩。

ほんとうはたこさんウィンナーにしようと思ったのだけど、脚の一本一本が細くなりすぎたので花弁ということにしてお花畑に。

夏祭り3日目:たこ焼き弁当

*本日のメニュー

・たこ焼き

・味玉

・野菜炒め

中に入れるものはこんな感じ。ウィンナー、紅生姜、キャベツ、それからチーズ。

生地をつくって

朝からじわじわくるくる丸めます。

くるくるくるくる、くるっ

仕上げにソース、マヨネーズをかけたら完成っ!

朝に漬けた味玉と、夏野菜ときのこのソテーを添えて。

あったかいうちが1番美味しいけれど、冷めてもお祭りの香りは消えない。

お祭りの大定番たこ焼きで、今年の夏祭りはしめられましたとさ(*^^*)/

8月も終わって。

気がつけば8月も終わった。ちっとも夏らしいことをしていないからと敢行された1日1時間の夏祭り。

慣れない仕事をこなすうちに去りがかっていた夏をほんのすこしだけ口にふくめて、幸せな時間となりました。