新社会人の毎日弁当:5週間目

そうめんと味玉のシンプル弁当/とりまよ弁当/ひと手間で満足レトルトカレー弁当

だいぶ疲れが溜まりだして、ストレッチは愚か料理もあまりできなくなってきている。

どうにかつくった弁当達をば。

(あんまり言葉が出てこず、文章がへんてこで申し訳ないです)

【月曜日】そうめんと味玉のシンプル弁当

*MENU

・そうめん

・味玉

・ピクルス

・トマト

そうめんを茹でて、前日につくったピクルス、味玉をちゃっと入れただけ。休み明けだというのになんだかちょっと疲れていた。そうめんひと束って案外量がありますね…。

【火曜日】とりまよ弁当

*MENU

・とりまよ

・野菜のオイスターソース炒め(ブロッコリー、しめじ、オクラ)

・きゅうりとカニカマのマヨサラダ

・ふりかけごはん

なんとなく鶏マヨが食べたくって、朝つくった。鶏マヨをつくりつつマヨサラダをつくって、一度フライパンを洗って野菜を炒めた。

朝はゆっくり起きたいなぁと思いつつ、夜仕事から戻って料理をするのはなかなかしんどい。そういうわけでなんだかんだ毎朝つくっているけれど、やっぱり疲れが抜けきらなくってあまりこだわれない。

すこしでも好きなものをお昼ごはんに食べられるのは幸せ。

好きなことをできる唯一の時間なので、まったり楽しもう。

【水曜日】ひと手間で満足レトルトカレーライス弁当

*MENU

・カレーライス

・ゆで卵

・きゅうりの浅漬

なんとなく、カレーの気分だった。火曜日の昼間っからそんな気分だった。

だから朝寝坊をしても、カレーを温めれば良いし、と気が楽だった。

けれど私はレトルトカレーを食べたときのしばらく続く独特な甘みのある匂いが苦手だった。そこで「ひと手間」と言って、玉ねぎとトマトをガーリックオイルで炒めて加えた。1cm角程度に切った玉ねぎのざくざく感が美味しかった。

休みの前日はほんとうに気楽

休みの前日はほんとうに気楽。いまはもう23:03だと言うのに、私はのんきにブログを書いている。まだ入浴もしていない。

いまの職場(店舗)に配属されてからもう3週間が経とうとしている。さいきん、同年代で仲良くしてくれる人ができた。その人は私よりたしか1つ年下で、最初に声をかけられたときの会話はこうだった。

「韓国好きなんですか?」

どうも私の化粧がオルチャンメイクのように見えたらしかった。

それからなんとなく雑談するようになって、先週か先々週、一緒に帰った。駅で別れるとき、彼女にこう言われた。

「今日は突然一緒に帰りたいって言ってスミマセンでした!お話できて嬉しかったです」

おそらく私が普段、同僚の男性と帰っており(帰り道が暗いので送っていけと上司が同僚に言っている)、職場を出るときに私と同僚が「じゃあ今日は別々で」というやり取りをしていたのを見ての言葉だったのだと思う。

その後はなかなか帰宅のタイミングがかぶらず、一緒に帰ってはいないのだけれど、顔を合わせるたび「暇ですね」「暑いですね」と会話をしていた。

そして今朝、汗だくになって私が出勤すると、ロッカーの前に彼女がいた。

「おはようございま〜す」

挨拶すると、彼女は勢いよく振り返り、

「おはよう〜!今日も暑いね!」

・・・

それまでの品の良い言葉遣いはどこへやら。戸惑いながら、私も返した。

「ほんと、暑すぎるよね。びっしょびしょ」

ーーー

まだまだ距離の詰め方は難しいこともあるなぁ、と思った。という話。

なかなか言葉で伝えるのは難しいですね。

⇓レシピブログと日本ブログ村のランキングに参加しています!宜しければポチッとして頂けると嬉しいです(*^^*)⇓

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です